M1・M2 MacBook AirをWindowsゲーミングノート化する!

このエントリーをはてなブックマークに追加



ふる
ふる

この記事では、M1・M2 Macを最強ゲーミングノートPC化します。Windowsでしか起動しないApexなどのFPSゲームですら、M1・M2 Macで快適にプレイする方法を紹介しています。

ノートPCでのゲームは「やめとけ」と言われます。

僕の考えも「ゲーミングノート」なんか邪道でしかなく、ゲーミングPCはデスクトップPCで選びます。

自作PCerなら分かりますが、ノートPCはハイスペックになるほどコスパも悪いです。

しかも、ゲーミングなど高負荷な処理は完全に不向きで筐体は高熱になります。

高熱状態のまま使い続けると、パソコンは確実に故障します。

ノートPCの懸念

スペック不足高負荷なFPSゲームが出来ない。
耐久性ノートPCは高熱になりやすく故障しやすい。
価格小型ハイスペックになるほどコスパが悪い。

ノートPCが「ゲームに不向き」は誰もが思うところです。

ただ、これからは違います。ノートPCでゲームするのが主流になると思います。

ゲームにノートPCのスペックすら関係なくなるからです。さらにWindowsか、Mac(M1含む)かすらも関係ありません。関係するのは回線速度だけです。

この記事では、ノートPCの中でも特にゲームに不向きなM1・M2 Macが最強のゲーミングPCに仕立て上げる方法を紹介します。

余談:GPUの寿命は温度が10度下がると2倍伸びる!

パソコンの熱対策はかなり重要です。自作PCerの僕としては、自作時の熱対策が一番工夫できて面白いのですが。

GPUならコンデンサーの温度が10度下げるだけ寿命が2倍伸びます。GPUの寿命はメモリ周辺によるコンデンサーの故障によるからです。

GPUの温度を下げる工夫をやっておいて損はありません。

目次

GeForce NOWを使えばパソコンスペックは関係ない!

GeForce NOWは、グラボメーカーのNVIDIAが提供するクラウドGPUサービスです。パソコンにとって高負荷になるゲーム処理は、GeForce NOWのクラウドGPUがすべて担います。

手元のパソコンスペックは一切関係ありません。

GeForce Nowの場合、マシンスペックよりも回線速度にこだわった方が有意義です。

ゲーミングPC不要!


ゲーム・配信など
自分のパソコン一台ですべてこなす
※Windowsのみ
 
👇

配信など
自分のパソコン
※Mac、スマホ、何でも良い
 

ゲーム
GeForce NOW

 

回線速度さえあれば、ノートPCのスペックに関係なく高負荷なFPSゲームですら快適にできます。

何よりクラウドのGPUが処理してくれるので、母艦となるノートPCにはゲーム処理の負荷がかかりません。

M1・M2 MacのようなノートPCでゲームを長時間プレイしても故障の心配が軽減されるわけです。

GeForce Nowを使えば

  • 母艦のパソコンスペックは関係ない
  • M1・M2 Macでも大半のWindowsゲームが起動する
  • Apexなど高負荷FPSゲームですら快適プレイ
  • ノートPCでゲームをやる際に故障の心配がない

さらに、無料フリープランで出来るわけです。

控えめに言っても、クソ便利です。

M1・M2 Macでも「GeForce NOW」なら、ほとんどのWindowsゲームが起動する!

M1・M2 Macでも<a href=
M1・M2 MacでもGeForce NowならApexが起動する!

ApexなどはWindowsでしか出来ないゲームはかなり多いです。

Mac未対応のWindowsゲームたち!

  • Fortnite
  • Apex
  • VALORANT(ヴァロラント)
  • Dead by Daylight(DBD)

マイクラですらMac(M1含む)だと統合版をプレイできませんから。Java版はプレイできますが。

ただ、もうそんなことは関係ないですね。

GeForce NowならM1・M2 MacでもWindowsのほとんどのゲームを起動できるからです。上にあげたApexなどのゲームもワンクリックで起動するようになります。しかも、無料です。

GeForce Nowを使えば、M1・M2 MacなどPCのスペックも一切関係なくゲームを快適にプレイできます。

サイバーリンク公式オンラインストア

M1・M2 Macは「Air」と「Pro」どっちを使えば良いか?

M1・M2 MacにAirとProの2種類あります。ProはAirよりかなりハイスペックですが、値段はバカ高いです。

そんなAirとProのどちが良いか?

はっきり言って比較するまでもありませんが、違いを比較していきます。

AirとProを比較

M1・M2 MacBookAirMacBookPro
Windowsゲーム※1
動画編集
ゲーム配信
スタバでドヤりたい
価格マジで✕
スペックマジで◎

さて、ここが重要ですが、GeForce Nowを使う前提で考えるならマシンスペックは関係ありません。なぜなら、描画処理を一手に担うGPUをクラウドで借りるからです。

しかも、GeForce Nowのフリープランで、RTX2080Tiグラボ≒RTX3070グラボ相当を使えます。

さぁ、AirとProのどちらを買うべきでしょうか?

どちらが最強のゲーミングPCにふさわしいでしょうか?

サイバーリンク公式オンラインストア

M1・M2 Macは120Hzハイリフレッシュレートの最強ゲーミングノート!

引用:高いフレーム レートが E スポーツに重要な理由
引用:高いフレーム レートが E スポーツに重要な理由 – NVIDIA
https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/news/what-is-fps-and-how-it-helps-you-win-games/

他にもM1・M2 MacBookAirが、最強のゲーミングPCになり得る根拠があります。

FPSゲームで勝ちたいなら「リフレッシュレート」が出るモニターを使った方が良いでしょう。FPSゲームをする上でリフレッシュレートが一番重要だからです。

グラボメーカーNVIDIAの調べでは、180Hzモニターを使うプレイヤーは60Hzモニターを使うプレイヤーに比べてKD(キルデスレート)が約2倍(90%)変わるとのことです。これは恐ろしい差です。

さて、こうなるとM1・M2 MacでFPSゲームするなら、内蔵モニターはどれくらいのリフレッシュレートが出るか気になりませんか?

ソフトバンク光はポンコツ回線なので注意!


パソコンSHOPアーク – MSI GN-I5G36R EVANGELION e:PROJECT

M1・M2 MacはM1・M2 MacBook Airですら120Hzだせる

M1・M2 MacにはAirとProの2種類あります。ProはAirより格段にハイスペックです。

そして、値段も格段に高いです。

内蔵モニターの差は下記の通りです。

Airの内蔵モニターは60ヘルツが限界だが、、、

内蔵モニター外付けモニター
Air
最大60ヘルツ、応答速度不明
 
最大120ヘルツ、応答速度はモニター次第
Pro
最大120ヘルツ、応答速度不明
 
最大120ヘルツ、応答速度はモニター次第

Airの内蔵モニターは60Hzで、Proは120Hzです。

ただ、結局のところ、高いお金でProを買おうが外付けモニターを買います。

サブモニターがある方が生産性が上がるからです。

もう一度聞きますが、GeForce Nowを使う上で、ProとAirのどちらが向いていると思いますか?

外付けモニターに繋げば、MacBookProでもAirでもリフレッシュレートは120Hz出るので同じですから。

M1・M2 Macにオススメのゲーミングモニター

余談:FPSゲームを快適にするスペック

FPSゲームでは勝敗を左右するくらいパソコンスペックが重要です。

言うまでもないですが、ドラクエや、マイクラにハイスペックなゲーミングPCは不要です。

それほどまで勝敗を左右するスペックとはなんでしょうか?

FPSゲームで重要なスペック

見るべきスペック目安
GPUNVIDIA GeForce RTX 3060 以上
回線速度100Mbps
モニターの解像度FPSゲームはFHDが主流
モニターのリフレッシュレート応答速度1ms、120Hz以上
周辺機器キーボード、マウス

そうとなると回線速度、内蔵モニター、周辺機器のスペックが重要になります。

向き不向きを考える上で、FPSゲームを快適にするスペックを抑えておく必要があります。

M1・M2 Mac+ゲーミングモニターで最強ゲーミング環境!

Pixio PX279 Prime FHD 240Hz 1ms IPS
Pixio PX279 Prime FHD 240Hz 1ms IPS

M1・M2 Macを持っていたら、どうせ外付けモニターを買います。

だからこそ、買うならゲーミングモニターです。

M1・M2 Macに合わせるゲーミングモニターは「Pixio PX279 Prime」をオススメします。

M1・M2 MacBookAir+GeForce Now+ゲーミングモニター「Pixio PX279 Prime」で120Hzハイリフレッシュレート最強ゲーミングノートの出来上がりです。

「Pixio PX279 Prime」はプロ御用達の最強モニター

M1・M2 Macにオススメのゲーミングモニター

「Pixio PX279 Prime」はプロゲーマーですら使用するモニターです。

ゲーミングモニターの中でもスペック、コスパともに最強です。

Pixio PX279 Prime

  • FHD
  • 240Hz
  • 1ms
  • IPSパネル

ちなみにこのモニターはHDMI、DisplayPortどちらに接続しても240Hzでます。ただし、使用するケーブルには注意が必要です。バージョンは、HDMI2.0か、DisplayPort1.4のケーブルです。

ちなみに、ケーブルはM1・M2 Macに使えるように末端がUSB-C端子のケーブルを用意すると使い回せて便利です。

USB-C to DP1.4ケーブル

USB-C to HDMI2.0ケーブル

最高級の4Kゲーミングモニターですら4K120Hzか、FHD144Hzが限界!

ASUS ROG Swift PG32UQ 4K 144Hz 1ms IPS
ASUS ROG Swift PG32UQ 4K 144Hz 1ms IPS

解像度はFHDじゃなく4Kにこだわりたい方もいるかも知れません。

しかし、FPSなど競技系のゲームを考えるならFHDで十分です。HDMI、DisplayPortの仕様上、4Kは120Hzが上限だからです。

今現在、最高級の4Kモニターで4K240Hz出るゲーミングモニターは市場にありません。

FHDですら240Hz出るゲーミングモニターはなく、リフレッシュレートは4K120Hz or FHD144Hzが限界です。

そして、クソ高いです。

HDMI2.1対応の4K144Hzゲーミングモニター

RAID:Shadow Legends

結論:安い上に最軽量のM1・M2 MacBookAir は最強のゲーミングPC!

GeForce Nowでクラウド上のGPUを使えば、母艦のマシンスペックは関係なくなります。しかも、フリープランで無料利用できます。

有料プランですら月1,980円程度なのでコスパ良好です。

Airでこんな買い方が出来る


GeForce Nowの有料プラン利用と割り切ってしまう!
 

20万以上のゲーミングPC、ゲーミングノートは不要!
 

M1・M2 MacBookAirならフルカスタムでも18万!
 

Windowsゲームが起動する最強ゲーミング環境!
 

安い上に、最軽量で、しかもデザインもかっこいいM1・M2 MacBookAirです。

フルカスしても18マンで物欲も満たされる上に、Windowsゲームもできる最強のゲーミングノートなのです。

どうでしょう?買ってしまいたくなりませんか?



全員が好き勝手に活動する!
「Bizarre」ゲームストリーミングチーム!

ネスのスマブラ世界戦闘力11,700,000越え
Bizarreメンバー:Kengi


「Bizarre」への参加・脱退は「Twitterのブロック解除なみ」に簡単です。
「Bizarre」よくあるご質問も読んで見て下さい。

コメント

コメントする

目次
閉じる