M1・M2 MacBook Airのサブモニターは「Pixio PX279P」一択!

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ふる
ふる

こんにちは!「ふる(プロフィール詳細)」です。 

 

記事は信頼性ある内容を心がけています。

  • IT専門
  • 宅建士、行政書士資格保有
  • 体組成計"プロアスリート"認定

@na65125038

MOMOHUKU(ふる)
 

MOMOHUKU - にほんブログ村

意外ですが、M1・M2 Macは最強のゲーミングノートとして使えます。
この記事では、そんなM1・M2 MacでWindowsゲームを快適にする「FPSゲーミングディスプレイ」を紹介します。
外部ディスプレイへの接続のやり方も書いてますので、ぜひご覧ください。

ほとんど人は「なんでゲーム?」あるいは「マジでWindowsのゲームが出来るの?」と思ったかもしれません。

M1・M2 MacでApexなどWindowsのFPSゲームができるならやりたくないですか?

GeForce NOWでWindowsゲームが起動する!

  • Fortnite
  • Apex
  • VALORANT(ヴァロラント)
  • Dead by Daylight(DBD)

M1・M2 Macでも、GeForce NOWを使えばほとんど全てのWindowsのゲームをプレイできます。

しかも、無料で使えます。

半信半疑ならフリープランがあるので事前に動作を確認できます。

M1・M2 Macで純粋にWindowsゲームをプレイしても良いですが、せっかくなのでゲーミングモニターの購入をオススメします。

結局、ほとんどの人はM1・M2 Macの内蔵モニターとは別に外付けモニターを買うからです。M1・M2 Mac内蔵モニター+外部モニターのデュアルディスプレイの方が作業効率は格段に上がります。

ということで、M1・M2 Macに適したサブモニターには、特にゲーミングモニターを念頭に入れて買うのがオススメなわけです。

この記事では、M1・M2 Macに最適なゲーミングモニターを紹介します。

目次

M1・M2 Macの2台目外部ディスプレイには「Pixio PX279 Prime」がオススメ!

4万円の最強ゲーミングモニター!

結論から言うと「Pixio PX279 Prime」が、M1・M2 Macにおすすめの最強のゲーミングモニターです。

まぁ、M1・M2 Macに限らず、普通にFPSゲームをする上でも最強のゲーミングモニターです。

プロゲーマーですら使っているゲーミングモニターですから。

その上、27インチあるので作業用のサブモニターとしても十分です。

Pixio PX279 Primeの特徴

  • 応答速度1msの低遅延
  • 240Hzのハイリフレッシュレート
  • 27インチFHD

FPSゲームに特化させるならFHD240Hzで十分です。

4Kモニターでのゲームはオススメしません。

僕は144Hzの4Kゲーミングモニターを持ってますが、買ってみて気づきましたが4Kでゲームしたいと思いません。

4Kとなると32インチフルスクリーンでプレイするこになり画面がデカすぎて見づらいからです。

27インチFHD240ヘルツモニターを買い直そうと思っているくらいです。

ゲームの場合は、4Kよりも低遅延・ハイリフレッシュレートでプレイする方が快適です。

Amazon 最新ランキング(ゲーム)

リフレッシュレートが重要なのは、60fpsと120fpsだとKDレートに1.6倍以上の差がつくから!

引用:高いフレーム レートが E スポーツに重要な理由
引用:高いフレーム レートが E スポーツに重要な理由 – NVIDIA
https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/news/what-is-fps-and-how-it-helps-you-win-games/

誰も数字で言いませんが、リフレッシュレートの差とKDレートの差は、きちんと数字で評価されています。

上の表はNVIDIAが調べたFPSゲームでのリフレッシュレートとKDレートの関係です。

60fpsと120fpsだと?


60fpsに対して120fpsはKDが約60%向上
 
👇

つまり約1.6倍差
 

一瞬で決まるゲームで約1.6倍の差は“かなりデカい”です。

NVIDIAが調査したプレイヤーの統計データなので、かなり信用できるデータです。

TSUKUMOネットショップ

Amazon 最新ランキング(プライムビデオ)

Amazon 最新ランキング(ゲーム)

そもそも、M1・M2 Macの内蔵モニターじゃダメなのか?

外付けモニターを使わずにM1・M2 Mac内蔵モニターで良いんじゃ無いか?

そういう疑問もあるかと思います。

結論を言えば、最低でも60Hzで駆動するので内蔵モニターでもゲームに耐えうる十分な性能です。

M1・M2 Macには「Air」と「Pro」の2種類あります。AirとPro両方のモニターの内蔵スペックを比較してみます。

Airの内蔵モニターは60ヘルツが限界だが、、、

内蔵モニター外付けモニター
Air
最大60ヘルツ、応答速度不明
 
最大120ヘルツ、応答速度はモニター次第
Pro
最大120ヘルツ、応答速度不明
 
最大120ヘルツ、応答速度はモニター次第

Airに比べてProの内蔵モニターは120Hzで駆動できます。ただ、注目してもらいたいのは、ProよりもAirの方です。

Airは内蔵モニターだと60Hzが上限ですが、外付けモニターにつなげば最大120Hzの映像を出力できます。実はAirは外付けモニターと組み合わせて使うことで、コスパ最強のゲーミングノートに様変わりするのです。

外付けのモニターは、やはり結局は買いますから、それなら「Air」をゲーミングモニターに繋ぐのがベストです。

4万円の最強ゲーミングモニター!

M1・M2 Macでハイリフレッシュレートにする方法(モニター接続のやり方)

M1・M2 Macでハイリフレッシュレートに設定する方法はとても簡単です。

モニターにつなげば良いだけです。

ただ、HDMIか、DisplayPortか、どちらで接続すれば良いか迷うかもしれません。どちらの接続が良いかはモニタースペックによります。

とは言え、意外とDisplayPortよりもHDMIの方を使っている人は多いんじゃないでしょうか。しかし、DisplayPortを使った方がハイリフレッシュレートになる場合が多いです。

M1・M2 Macで120Hzハイリフレッシュレートにする方法

Apple Pro Display XDR Refresh Rates 120Hz
外付けモニターを接続すると120Hzにできる。

M1・M2 Macと言ってもAirとProがあります。ハイリフレッシュレートの設定のやり方は両方とも同じです。

「システム環境設定」⇒「ディスプレイ」からリフレッシュレートの設定を変更できます。

Airの場合は、上でも書きましたが、外付けモニターだけ120Hzで駆動させることができます。

HDMI、DisplayPortか、どちらで接続すれば良いか調べる

HDMI、DisplayPortのどちらで接続すれば良いか調べる方法は簡単です。

調べる方法

  • ① PCの出力スペックの確認(M1・M2 Macの場合はモニタースペックを見る。)
  • ② モニター側のスペック
  • ③ HDMI、DPケーブル端子の確認

プレイするゲームで確実にハイリフレッシュレートを出せるようになるので、知っておいて損はありません。

Pixio PX279 Primeを例に確認してみましょう。

モニター側のスペック!

Pixio PX279 Prime のHDMIとDisplayPortを確認する(モニター側の確認)
引用:https://www.pixiogaming.jp/px279p

上は、Pixio PX279 Primeのモニタースペックです。これを見る確認する理由は、DisplayPortとHDMIで出せるリフレッシュレートが変わっていたりするからです。

Pixio PX279 Primeのスペックにおいては、DisplayPort、HDMIともに上限240Hzまで出ますね。

接続端子の違い

HDMIDisplayPort1.4
2.02.1DP1.2DP1.4
FHD240Hz240Hz240Hz240Hz
2K WQHD144Hz240Hz165Hz165Hz
4K60Hz120Hz60Hz120Hz
8K未対応30Hz未対応30Hz

Pixio PX279 Primeの場合は、HDMI2.0で接続しようが、DisplayPortで接続しようが確実に240Hzでるモニターです。

Pixio PX279 Primeは使いやすくて、やはり優秀なディスプレイですね。

4万円の最強ゲーミングモニター!

Revopoint

余談:M1・M2 Macは「Air」で十分!

断言しますが、M1・M2 Macは「Air」で十分です。

大袈裟かもしれませんが、M1・M2 Macを「MacBookAir」に絞るだけで、人生がはるかに健全で豊かになります。悩む時間だけでなくお金が恐ろしいくらい浮くからです。

M1・M2 MacでProか、Airかどちらを買うかで悩んだことを思い出してみてください。

M1・M2 MacBookProはびっくりするほど高い!

AppleストアのM1・M2 MacBookProの価格
AppleストアのM1・M2 MacBookProの価格

Appleシリコンプロセッサーの性能はずば抜けていますよ。ただ、さすがにこの価格は異常です。たかがノートPCですよ?

さすがにアップルの傲慢さが出過ぎている価格です。ただ、Macのユーザー層は確実に高年収帯です。金に糸目をつけず買う可能性があります。

まぁ、14インチのM1・M2 MacBookProを買うくらいなら、絶対にAirを買った方が良い理由は腐るほどあります。

GeForce NOWで起動するWindowsゲームにマシンスペックは関係ない!

わざわざ高いMacBookProを買ったところで、そのスペックは使いません。

そもそも、GeForce NOWはクラウド上でGPUを提供するサービスで、クライアント側である自分のPCにゲームの負荷は掛かりません。

さらに言えば、GPUで処理するための電気代すら不要です。

GeForce NOWに関係するスペックは?

  • 回線速度
  • モニターの応答速度、リフレッシュレート
  • その他、キーボード&マウスなどの周辺機器

GeForce NOWでゲームするに限って言えば、M1 Airに外付けゲーミングモニターを繋げておけば万全です。Airならデザインもの洗練されていますしね。

だから「Air」はコスパ最強なんです。スタバでApexをプレイするのですらアリですよ。Airはおしゃれですから。

Amazon 最新ランキング(ゲーム)

Amazon 最新ランキング(フィギュア)

【記事PR】M1・M2 MacをゲーミングPC化する!Apexでゲーム配信しよう!

M1・M2 MacでもGeForce NOWならApexが起動する!
M1・M2 MacでもGeForce NOWならApexが起動する!

M1・M2 Macでゲーム配信しないのは「勿体ない」です。

M1・M2 Macは思っている以上に何でもできるハイスペックマシンだからです。

しかし、ほとんどのFPSゲームには、必ず「WindowsゲーミングPC」が必要になります。

ただ、これからはM1・M2 Macでゲームするのが普通です。

なぜなら、今後、ゲーミングPCは「クラウドGPUの時代」だからです。

GeForce NOWには無料のフリープランがあるので、とりあえず、試しにM1・M2 MacをWindowsゲーミングPC化できます。

今後、ますます「ゲーム配信」が活発になります。

GeForce NOWを使えば、母艦(M1・M2 Mac)のスペックなんか関係ないからです。

GeForce NOWなら「高額で巨大グラボ」が無くても、Windowsゲームが出来るわけです。

M1・M2 Macで「ゲーム配信」をするのをオススメします。

「Bizarre」ゲームストリーミングチーム!

Bizarreメンバー:明楽十愛

「Bizarre」への参加・脱退は「Twitterのブロック解除」なみに簡単です。
「Bizarre」よくあるご質問も読んで見て下さい。

Amazon 最新ランキング(フィギュア)

コメント

コメントする

目次