M1・M2 MacでWindowsゲームをハイリフレッシュでやる方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加



ふる
ふる

この記事では

M1・M2 Macで最大2K(2560×1440)120ヘルツのハイリフレッシュレートに設定する方法を紹介します。

この記事を読んでいる方は「M1・M2 Mac ハイリフレッシュレート」で検索して辿り着いた方だと思います。

しかし、本来はM1・M2 Macでハイリフレッシュレート設定なんか不要です。

通常の用途なら60Hzで十分で、M1・M2 Macは60Hzで駆動するモニターだからです。

M1・M2 Macでもハイリフレッシュレートにすると良い場合は大方「ゲーム」をする場合です。

特に、M1・M2 MacでWindowsのFPSゲームをがっつりする場合です。

M1・M2 MacでWindowsのFPSゲーム!

  • Fortnite
  • Apex
  • VALORANT(ヴァロラント)
  • Dead by Daylight(DBD)

まさかのM1・M2 MacでFPSゲームです。

しかも、どれもM1・M2 Macで絶対に出来ないゲームです。どれもWindowsのみでプレイできるゲームだからです。

ただ、GeForce NOWを開けば、M1・M2 Macでもプレイできます。

しかも、M1・M2 Macのスペックに関係なくサクサク動作します。

この記事では、M1・M2 Macでハイリフレッシュレートにする設定のやり方を解説します。

下で紹介するGeForce NOWでWindowsのFPSゲームする場合に特に活用できます。

目次

GeForce NOWが便利!M1・M2 MacでもWindowsのFPSゲームができる!

M1・M2 MacでもGeForce NOWならWindowsゲームが起動する!
M1・M2 MacでもGeForce NOWならWindowsゲームが起動する!

GeForce NOWはクラウドにあるNVIDIAのRTXなど高性能グラボを使ってゲームするサービスです。フリープランなら無料で利用できます。

M1・M2 MacでもほとんどのWindowsゲームが出来るようになります。

上のようにApexですらワンクリックで起動して、サクサク快適にプレイできてしまいます。NVIDIAのクラウド上のGPUを使うので、母艦となるM1・M2 Macのスペックが貧弱だろうと関係ありません(M1・M2 MacはかなりハイスペックなノートPCですが。)。

M1・M2 Macでここまで簡単にWindowsゲームが起動してしまうのなら、より快適にゲームしたいと思いませんか?

だからこそ、M1・M2 Macをハイリフレッシュレートで使いたくなる訳です。

M1・M2 MacBook Air は外付けモニターに最大2K 120ヘルツで映像出力できる!

本格的にM1・M2 Macでゲームするなら、外付けモニターに繋ぎましょう。最大120ヘルツのハイリフレッシュレートでFPSゲームなどをプレイ出来るからです。

え、M1・M2 Macといっても、AirとProがあるでしょ?と思う人は鋭いです。

M1・M2 MacBookAirの内蔵モニターは60ヘルツが上限だからです。このせいでM1・M2 MacBookAirは60ヘルツが限界だと思われています。

しかし、実はM1・M2 MacBookAirでも外付けモニターなら最大120ヘルツでプレイできます。

この意外な事実はゲーマーの僕らには見過ごせないことです。M1・M2 MacでもAirを買っておけば、コスパ最強でゲームできるからです。

M1・M2 Macにオススメのゲーミングモニター

  • 応答速度1ms以下
  • リフレッシュレートは最低でも144Hz
  • 解像度はFHDで十分

Airを買おうが、Proを買おうが、どちらにしろ絶対に外付けモニターが欲しくなります。価格にして2〜4万くらいのゲーミングモニターで構いませんので外付けモニターを買ってしまいましょう。

M1・M2 Macにオススメのゲーミングモニター

余談:360Hzモニターは絶対に出ないリフレッシュレート

HDMI、DisplayPort接続に詳しくなると「FHD360Hz」は絶対に買うべきじゃないモニターと分かります。というか、こんなモニターがなんで存在しているのか意味がわからない製品です。

HDMI、DisplayPortにしてもケーブルスペックは240Hzが上限で360Hzなんか絶対に出ないからです。

ゲームするなら知っておくべきゲーミングモニターへの繋ぎ方

ゲーミングモニターを買ったら、あとはM1・M2 Mac(あるいはPC)を繋げば良いんでしょ?

実は違います。HDMIとDisplayPortという煩わしい端子が2種類あります。

ほとんどの人がおそらくHDMI端子で繋ぐと思います。HDMIの方がなんか簡単そうで便利だからです。

ゲームをするならDisplayPortを使う方が良いです。例外はあるにしても、低価格帯のゲーミングモニターはDisplayPort接続の方がハイリフレッシュレートが出る場合が多いからです。

端子の違い

HDMIDisplayPort1.4
2.02.1DP1.2DP1.4
FHD240Hz240Hz240Hz240Hz
2K WQHD144Hz240Hz165Hz165Hz
4K60Hz120Hz60Hz120Hz
8K未対応30Hz未対応30Hz

HDMI2.1の方が良いじゃんと思いますが、ゲーミングモニターでHDMI2.1に対応する製品はまだ少ないです。また、HDMI2.1にこだわってモニターを買うのもオススメしません。

たかがHDMI2.1接続できる程度で2〜3万高くなるからです。

ケーブルのリフレッシュレートはこの表の通りですが、ゲーミングモニター側のスペックにもよるので必ずモニターのスペックでDP接続 or HDMI接続のどちらのリフレッシュレートか確認した方が良いでしょう。

ただ、確認すれば分かりますが、DisplayPort 1.4に対応しているモニターが多くあり、DP接続の方がハイリフレッシュレートになるモニターが多いからです。

まぁ、上で紹介した「Pixio PX279 Prime」は、解像度がFHDなのでHDMIで接続しようが、DisplayPortで接続しようが240Hzの性能を発揮するゲーミングモニターです。

USB-C to DP1.4ケーブル

USB-C to HDMI2.0ケーブル

Chairmore_1P_Sofa_MASALA_1100x
Chairmore_HangOut_BF_Directors_Chair_1100x
Chairmore_logo_900x
Chairmore_graf Plankton Table_550x_02
Charmore_GLAM_Working_Dining_Table_4096x
Chairmore_2P_Sofa_VINTO_4096x
previous arrow
next arrow

M1・M2 Mac 内蔵モニターの仕様について

GeForce NOWならM1・M2 MacでApexなどFPSゲームが快適に動作します。その上で、さらにゲームを快適をする上で重要なのは周辺機器です。

FPSゲームは周辺環境・機器も重要!

  • 回線環境
  • モニター
  • ゲーミングキーボードなど

そこで手っ取り早く対応できるのはM1・M2 Macの内蔵モニターです。

M1・M2 Macには、MacBookAirとMacBookProの2種類あります。このどちらのM1・M2 Macでもモニター設定のやり方は同じです。

ただ、AirとProで性能は格段に違います。だからと言って、Proを買うのはオススメしませんが。

Airの内蔵モニターは60ヘルツが限界だが、、、

内蔵モニター外付けモニター
Air
最大60ヘルツ、応答速度不明
 
最大120ヘルツ、応答速度はモニター次第
Pro
最大120ヘルツ、応答速度不明
 
最大120ヘルツ、応答速度はモニター次第

FPSゲームではかなり肝心なことですが、M1 Air、Proともに内蔵モニターの応答速度は不明です。「Appleだから大丈夫でしょ」と信頼するか、「まぁいっか」と流すかはその人次第になります。

実は、M1 Airか、Proかでゲームマシン性能に優劣はありません。あえて優劣をつけるなら、WindowsゲームするならM1・M2 MacBookAirを母艦にした方が良いでしょう。

意外と知られていない事実ですが、M1・M2 MacBookAirは外付けモニターに最大2K(2560×1440)120Hzで映像出力できるからです。

どちらにしろM1・M2 Macを低遅延の外付けゲーミングモニターに繋げてゲームしたくなりますし。

参考:M1・M2 MacBook Proの内蔵モニターで120Hzにするやり方
Apple Pro Display XDR Refresh Rates 120Hz
Apple Pro Display XDR Refresh Rates 120Hz

Appleシリコン搭載モデルの MacBook Pro(14インチや、16インチ)であれば、Apple Pro Display XDRを活かしてリフレッシュレートを最大120Hzまで自動的に調整してくれるProMotionを選択できます。

Chairmore_1P_Sofa_MASALA_1100x
Chairmore_HangOut_BF_Directors_Chair_1100x
Chairmore_logo_900x
Chairmore_graf Plankton Table_550x_02
Charmore_GLAM_Working_Dining_Table_4096x
Chairmore_2P_Sofa_VINTO_4096x
previous arrow
next arrow

その他、M1・M2 MacでWindowsゲームを快適にする方法

僕が作ったすべて無料の素材サイト「PixJam」

MOMOHUKUを見てくれてる人は、何かを作ることが好きな"クリエイター"の人たちが多いです。

そして、僕も何かを生み出すのが好きな"クリエイター"です。

"クリエイター"にとって、便利なのが「素材サイト」です。

「PixJam」は、商用利用も含めてすべて"無料"で使える「素材サイト」です。

「PixJam」はすべて無料で使える素材サイト!

  • ゆっくり実況で使う
  • イラスト制作に使う風景
  • 絵の練習用など

"無料"と断言できるのは「PixJam」を作ったのは「僕」だからです。

「PixJam」にある素材は、個人でも意識しないで気ままに利用できるように「かなり自由度の高い無料素材サイト」として利用規約をアレンジしています。

例えば、事業における販売(2次利用)も可能とするよう規約を工夫しています。規約は"くまもんの利用規約"を参考にしました。

ちなみに、くまもんの利用には熊本県に許諾申請の必要がありますが「PixJam」では不要ですよ(当たり前ですが。)。

眺めてるだけでもアイデアに繋がるようなサイト構成にしています。

ぜひ行きつけの「素材サイト」として活用してみてください。

余談:今は頑張って素材を追加中!

「PixJam」は、僕が撮影した田舎の風景画像を追加していってます。

画像、動画、イラストの素材サイトと言いながら、まだ暫くの間は動画やイラストに手が出そうにありません。



コメント

コメントする

目次
閉じる