M1・M2 Macでゲーム配信は「OBS &マイクラ」が最安!

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ふる
ふる

こんにちは!「ふる(プロフィール詳細)」です。 

 

記事は信頼性ある内容を心がけています。

  • ソフト系研究開発職
  • 宅建士、行政書士
  • 第二種電気工事士
  • 体組成計"プロアスリート"認定

@na65125038

MOMOHUKU(ふる)
 

MOMOHUKU - にほんブログ村

M1・M2 Macでゲーム配信したいと思うのは、ぶっちゃけ僕くらいかも知れません。

ただ、デスクトップはWindowsマシン、ノートPCはMacという方は意外と多いと思います。

  • 家:Windowsマシン
  • 外:Mac(ノートPC)

どうでしょう?意外と多いんじゃないでしょうか。

最近は、M1・M2 Macを使っている人も増えてきていると思います。

家の中でも、M1・M2 Macに繋いでサクッとゲーム配信できるなら「やってみたい」という方は多いと思います。

ちないに、僕が使っているM1のMacBookAirですが、人生が変わるくらい便利ですね。

M1・M2 Mac一台で、ブログ更新、ゆっくり動画編集、DTMまで全部こなしてしまうので。

目次

M1・M2 Macのゲーム配信は「OBS Studio」と「マイクラ」が最安構成!

とりあえず、下に必要な機材を色々書いてますが、M1・M2 Macでのゲーム配信に絶対に必要な機材は「OBS Studio」だけです。

ゲーム配信の最安構成

  • OBS Studio
  • PC版マイクラ

「OBS Studio」「PC版マイクラ」でのゲーム配信なら「キャプチャーボード」すらも必要としません。

取っ掛かりをつかむならそれでも良いかも知れません。

M1・M2 Macでコンシューマー機(Switchなど)を使ってゲーム配信をするなら

上でも書きましたが、予算がないならコンシューマー機のオススメはSwitchです。

Switch自体が低スペックなので、キャプチャーボードも低スペックなもので十分で安く済みます。

ゲーム配信機材・ゆっくり動画作成
パソコンM1・M2 Mac
キャプチャーボード10,000円〜
動画編集ソフトゆっくりムービーメーカーなら無料
配信・録画ソフトOBSなら無料
マイク3,000円〜
ヘッドホン2,000円〜
オーディオI/O5,000円〜
カメラ2,000円〜
CSハードSwitchがオススメ
照明類2,000円〜

なんの違和感もなく動画を作成する前提で「ゆっくりムービーメーカー4」を記載しています。

不可能かもしれませんが、ゲーム配信するなら動画作成も必ずやった方が良いでしょう。

かなり難しいですが。

ゲーム配信あるある

ゲーム配信のコツは動画作成と並行して活動することです。しかし、実際、ゲーム配信と動画作成を並行させるのはかなりキツいです。

ゲーム配信あるある

  • 配信を忘れてゲームに熱中
  • 昼夜逆転の生活
  • ご飯など食べずに配信

ゲーム配信時に普通にゲームを長時間にわたって楽しんでしまい、動画を作成する余力がないケースがほとんどです。

M1・M2 Macでゲーム配信のやり方①(準備するもの)

M1・M2 Macでゲーム配信で準備するもの

  • Twitch、Youtubeなど配信サイトのアカウントを作成する。
  • OBS Studioをダウンロードする。
  • マイクラをダウンロードする。

準備できたらOBS Studioに配信先を設定しましょう。

そして、マイクラを起動してOBS Studioでゲーム画面キャプチャーして配信スタートです!

Twitch、Youtubeなど配信サイトのアカウントを作成する。

OBS Studioをダウンロードする。

③OBS Studioでゲームをキャプチャする!



M1・M2 Macでゲーム配信のやり方②(配信する)

① OBS Studioで配信先を設定する!

②マイクラを起動する!

③OBS Studioでゲームをキャプチャする!

M1・M2 Macでも使えるオススメ配信機材

①キャプチャーボード:AVerMedia Live Gamer ULTRA GC553

AVerMedia Live Gamer ULTRA GC553
AVerMedia Live Gamer ULTRA GC553

M1・M2 Macでキャプチャーボードを使うなら「AVerMedia Live Gamer ULTRA GC553」の一択です。

これはAVerMediaの公式でもアナウンスされていますが、M1・M2 Macでその他の機種を使ってもうまく動作しません。

キャプチャーボードは「GC553」で間違いないですが、選び方のポイントなどが知りたければ下の記事がオススメです。

②動画編集ソフト:ゆっくりムービーメーカー4(無料)

動画編集ソフトは無料で使える「ゆっくりムービーメーカー4」がおすすめです。

③配信・録画ソフト:OBS Studio(無料)

④マイク:SHURE DYNAMIC MIC SM58 LCE06

30年以上の実績あるマイク「SHURE SM58」

商品名

価格

¥11,891

種別

ダイナミックマイク

指向性

単一指向性(カーディオイド)

用途

ボーカル

Shure SM58は、プロ仕様の単一指向性ダイナミック・ボーカルマイクです。

ライブ、ボーカル録音のために使用されてきた30年以上実績があるマイクです。

プロ仕様でありながら、価格も約1万円でコスパ最強です。


安く済ませたい!
 

オーディオインターフェースを買っても良い
 
👇👇👇

低音質だがUSB接続で手軽
 
安価で頑丈なマイクが良い高価でも音質を重視
👇👇👇
SONY-ECM-PCV80U
SONY ECM-PCV80U ¥4,280

SHURE ダイナミック マイクロフォン SM58-LCE01 ¥11,891

SHURE コンデンサー マイクロフォン BETA87A ¥35,200

ヘッドホン:Apple EarPods with 3.5 mm

Apple EarPods with 3.5 mm
Apple EarPods with 3.5 mm

ほとんどの人が持っているApple純正イヤホン。

Apexゲーム界隈では、iPhoneに付属するApple純正イヤホンが最高と名高いです。

持ってない方は、とりあえず一本目として購入をオススメします。なんと値段も2,000円で安すぎます。

まずはこれを使えば良いでしょう。

Apple(アップル)
¥2,111 (2022/04/09 20:06時点 | Amazon調べ)

オーディオインターフェース:YAMAHA MG10XUF

ヤマハ YAMAHA ミキシングコンソールMG10XUF

お金に余裕があれば「YAMAHA MG10XUF」を一台買ってしまえば十分です。

パネルには見慣れないノブがいっぱいあって「怖気づきそう」ですが、エフェクト処理はこれ一台で必要十分です。

YAMAHA MG10XUFの特徴

  • マイクプリアンプ「D-PRE」搭載
  • 192kHz/24bit 2in/2out
  • +48V ファンタム電源
  • ループバック機能
  • 1ノブコンプ
  • SPXによるデジタルエフェクト24種類

例えば、配信用オーディオインターフェースでは「YAMAHA AG03 ¥33,670が人気ですが、これを買うくらいなら「YAMAHA MG10XUF ¥32,900」を買った方が良いです。

インターフェース自体は大きくなってスタジオ仕様になりますが。

カメラ

⑧CSゲーム機:Switchがオススメ!

パワフルなM1・M2 Macでも「Apex」などFPSゲームが出来ません。ただ、M1・M2 Mac単体では出来ませんが「‎GeForce NOWを使えば「Apex」が出来てしまいます。

もし、M1・M2 Mac単体でゲーム配信を考えているなら「マイクラ」か、「Switch」がオススメです。

Switchでのゲーム配信をオススメする理由!

  • Switchは他のハードに比べて安い。
  • 任天堂の独自タイトルをプレイできる。
  • 「ゆっくり実況動画」も作成できる。

Switchは低スペ、雑魚ハードと罵られがちですが、今一度Switchの凄さは再評価されるべきです。



【記事PR】FPSゲームで「足音」を聴こえ易くする方法

高いゲーミングヘッドホン・イヤホンを買いたくなる理由は「音質を良くしたい」、つまり足音が「音質の良し悪し」に関係があると何となく考えるからです。

上の動画は「VALORANTの頭部伝達関数(HRTF)のデモ」です。

ヘッドセット・イヤホンをつけなくても敵が遠くにいるか、近くにいるか把握できます。

「ゲーミングヘッドホン・イヤホンの値段は足音の把握に重要じゃない」んです。

ただ、FPSゲームのオーディオ環境で「何を良くすればいいのか」は分かりづらいです。

用語はキリがない!

  • HRTF
  • DTS Headphone:X
  • バイノーラルサウンド
  • 立体音響
  • 3D音響
  • 5.1ch
  • 7.1ch
  • バーチャルサラウンド

見ても分かる通り、音響機器は腐るほど溢れていて、ヘッドホン・イヤホンなどの製品でも技術用語が異なります。

下の記事を5分読めば、VALORANTやApexなどFPSゲームで「足音を聴きやすくする」ために、何をすれば良いのかすべて分かるようになります。

コメント

コメントする

目次