iPadに高速充電!「Anker PowerPort III」が便利!

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ふる
ふる

こんにちは!「ふる(プロフィール詳細)」です。 

 

記事は信頼性ある内容を心がけています。

  • IT専門
  • 宅建士、行政書士資格保有
  • 体組成計"プロアスリート"認定

@na65125038

MOMOHUKU(ふる)
 

MOMOHUKU - にほんブログ村

iPad Pro 11インチの充電は第1世代からUSB-Cで充電します。

2021年11月現在、最新のiPad Pro 11インチは2021年 5月21日 発売の第3世代になります。

純正品として付属する電源アダプタは18Wです。

純正品のアダプタでは充電がかなり遅いです。

タブレット端末の盲点

  • iPadはスマホより電池の消耗が速い。
  • その上でスマホより充電時間がかかる

用途にもよりますが、18Wでの充電時間ではiPadの取り回しは悪くなります。

そんなiPadの充電が、「Anker PowerPort III 65W Pod」を使えば恐ろしく速くなります。

本記事では特に「Anker PowerPort III 65W Pod」がオススメな理由を実機レビューの上で紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

目次

「Anker PowerPort III」を展開するAnkerとは?

Anker(アンカー)は、スマートフォンやタブレット端末向けのモバイルバッテリーなど周辺機器を展開する中国深圳に本社があるメーカーです。

最近は高速充電を活かした「Anker PowerPort III 65W Pod」などが売れ行き製品です。

Ankerの製品は主にAmazonマーケットプレイスや各国のECサイトを通じて、アメリカ・日本・イギリス・ドイツをはじめとした欧州各国・アジア各国で販売されています。

ブランド名のAnkerは、ドイツ語の「錨(いかり)」に由来します。

「Anker PowerPort III 65W Pod」PowerIQ 3.0とは?

「Anker PowerPort III 65W Pod」に搭載される「PowerIQ 3.0」はAnkerの独自技術です。

Ankerの充電デバイスは「PowerIQ」により接続されたデバイスを自動検知し、機器毎に適した最大のスピードで急速充電を行います。

「PowerIQ」の特徴は三つです。

  • 高速充電
    わずか30分間充電でiPhoneやSamsungなどの機器を最大50%まで充電します。
  • 100Wの高出力
    最大100W出力で充電が可能です。
  • 広範囲の互換性
    デバイスの合わせて自動で最適充電します。

「Anker PowerPort III 65W Pod」に搭載される「PowerIQ 3.0」USB Type-CのUSB Power Delivery (USB PD)とも互換性があり、最大100Wの急速充電に対応しています。

「PowerIQ 3.0」と「PowerIQ 2.0」の違い

PowerIQ 3.0

PowerIQ 2.0

最大出力

Max100W出力

Max18W出力

接続可能なケーブル端子

USB Type-C to Lightning / USB Type-C

USB Type-A to Micro USB / Lightning / USB Type-C / USB A to USB Type-C

Ankerの「PowerIQ 3.0」なら自動的にそのデバイスに最適なスピードで高速充電します。

「Anker PowerPort III」の充電時間

「Anker PowerPort III 65W Pod」を高速充電はとても便利です。

タブレット端末はスマホよりも充電に時間がかなり掛かります。

付属18W充電と61W充電(高速充電)の比較

経過時間

付属18W充電

61W充電(高速充電)

1時間30分

68%

88%

1時間53分

100%

2時間

88%

2時間27分

100%

Apple純正品と「Anker PowerPort III 65W Pod」の充電では完了(100%)までに40分も違いがあります。

「Anker PowerPort III 65W Pod」の高速充電は体感でとても速いです。

iPadで動画視聴やゲームをすると「充電切れ」「充電待ち」が多々起きるので高速充電が大いに役立ちます。

「Anker PowerPort III 65W Pod」外観

「Anker PowerPort III 65W Pod」とiPadを接続してみました。

Apple製品とのデザイン相性が非常に良いです。

丸みのある充電器本体とケーブルを白で統一しました。

注意:「PowerIQ 3.0」に対応したケーブルを使う!

「PowerIQ 3.0」対応ケーブルでオススメは「Anker PowerLine III USB-C & USB-C 2.0 100W ケーブル(1.8m ホワイト)」です。

タブレット端末と一緒に持ち運びなら「Anker PowerPort III 65W Pod」がオススメです。

カバンの中にスッと入る大きさです。

カバンの中でケーブルとバラバラになるのが嫌なので無印のケースに入れてまとめてます。

ラインナップは豊富です。

Amazon価格

¥1,780

¥2,990

¥4,390

¥6,990

最大出力

20W

65W

60W、2ポート

100W、2ポート

大きさ

約45×27×27mm

約66×29×45 mm

約75×71.5×30mm

約69×69×31mm

重量

約30g

約121g

約200g

約216g

余談:iPad付属の充電器は未使用保管するのがオススメ。

iPadに付属している純正品の充電アダプタについては、そのまま箱から出さずに保管しています。

未使用のままにしておくことで、iPadを手放す際に充電器が新品であれば手放し易くなります。

Amazon 最新ランキング(プライムビデオ)

【記事PR】FPSゲームで「足音」を聴こえ易くする方法

高いゲーミングヘッドホン・イヤホンを買いたくなる理由は「音質を良くしたい」、つまり足音が「音質の良し悪し」に関係があると何となく考えるからです。

上の動画は「VALORANTの頭部伝達関数(HRTF)のデモ」です。

ヘッドセット・イヤホンをつけなくても敵が遠くにいるか、近くにいるか把握できます。

「ゲーミングヘッドホン・イヤホンの値段は足音の把握に重要じゃない」んです。

ただ、FPSゲームのオーディオ環境で「何を良くすればいいのか」は分かりづらいです。

用語はキリがない!

  • HRTF
  • DTS Headphone:X
  • バイノーラルサウンド
  • 立体音響
  • 3D音響
  • 5.1ch
  • 7.1ch
  • バーチャルサラウンド

見ても分かる通り、音響機器は腐るほど溢れていて、ヘッドホン・イヤホンなどの製品でも技術用語が異なります。

下の記事を5分読めば、VALORANTやApexなどFPSゲームで「足音を聴きやすくする」ために、何をすれば良いのかすべて分かるようになります。

Amazon最新ランキング(コミック)

Amazon 最新ランキング(ゲーム)

すべて無料の素材サイト「PixJam」

京都らしいお店
京都の画像を追加中

MOMOHUKUを見てくれてる人は、何かを作ることが好きな"クリエイター"の人たちが多いです。

そして、僕も何かを生み出すのが好きな"クリエイター"です。

"クリエイター"にとって、便利なのが「素材サイト」です。

「PixJam」は、商用利用も含めてすべて"無料"で使える「素材サイト」です。

「PixJam」はすべて無料で使える素材サイト!

  • ゆっくり実況で使う
  • イラスト制作に使う風景
  • 絵の練習用など

"無料"と断言できるのは「PixJam」を作ったのは「僕」だからです。

「PixJam」にある素材は、個人でも意識しないで気ままに利用できるように「かなり自由度の高い無料素材サイト」として利用規約をアレンジしています。

例えば、事業における販売(2次利用)も可能とするよう規約を工夫しています。

眺めてるだけでもアイデアに繋がるようなサイト構成にしています。

ぜひ、活用してみてください。

余談:今は頑張って素材を追加中!

「PixJam」は、僕が撮影した田舎の風景画像を追加していってます。

画像、動画、イラストの素材サイトと言いながら、まだ暫くの間は動画やイラストに手が出そうにありません。

コメント

コメントする

目次