予算10万台!Apex FHD240fps 自作ゲーミングPC構成!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲーミングPCは自作がおすすめ
ゲーミングPCは自作がおすすめ
ふる
ふる

この記事では「予算10万円はキツい!?Apexで240fps張り付き自作ゲーミングPCづくり」を目指します。

さっそく言いたいことがあります。

この記事を書く際にとても困ったことです。

困ったこと

どうやって”240fps張り付き”を保証するか?でした。

あわせて言えば、僕はグラボの個体ベンチを一切信用していません。

ベンチは統計的に評価されるべきだと思ってるからです。

たとえば、1台のPCの性能と、数万台のPCの性能(統計データ)あったら、どちらを信用しますか?

100%後者を信用すべきでしょう。

余談:僕が大企業で研究開発(製品開発)していた頃

一生懸命にパソコンを性能評価している記事を見ますね。

どうしてそんなことをしているのか意味がわかりません。

なぜなら、より信頼ある統計データがあるからです。しかも、最新データで常に更新され続けています。

CPU、GPUはULページがオススメ!

  • UL 3DMark Physics Score
    • https://benchmarks.ul.com/compare/best-cpus
  • UL 3DMark Graphics Score
    • https://benchmarks.ul.com/compare/best-gpus

僕は大企業で製品開発をしていましたが、開発の現場で必ず言われることがあります。

チャンピオンデータを信じるな。

その意味は個体データほど「信用できない数字」はないということです。

ちなみに、社会不適合者だったので「大企業」なんか余裕で辞めてしまいましたが。

fpsが影響を受ける要素


CPUとグラボの組み合わせ
 
画質設定プレイシーン
👇👇👇

構成が無限にある。
 
高画質か、中画質か、それとも低画質か?戦闘シーンでfpsは落ちる。

自らハードルを上げておいて、正直に言えば「240fps張り付きを保証するのは限りなく難しい」ですね。

ただ、それでも「240fpsでのFPSゲームをプレイする」にこだわりたい理由があります。

リフレッシュレートを気にしないなら予算5万円でもApexはできる!

スポンサードリンク

Chairmore_1P_Sofa_MASALA_1100x
Chairmore_HangOut_BF_Directors_Chair_1100x
Chairmore_logo_900x
Chairmore_graf Plankton Table_550x_02
Charmore_GLAM_Working_Dining_Table_4096x
Chairmore_2P_Sofa_VINTO_4096x
previous arrow
next arrow
目次

「240fps」は「144fps」に対してKDレートが一割以上も上回る。

引用:高いフレーム レートが E スポーツに重要な理由
引用:高いフレーム レートが E スポーツに重要な理由 – NVIDIA
https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/news/what-is-fps-and-how-it-helps-you-win-games/

誰もがFPSゲームを「ハイリフレッシュレート」でやった方が良いということを知っています。

ただ「ハイリフレッシュ」≒「144fps」というのは大きな間違いです。

FPSゲームは絶対に「240fps」でやった方が良いと断言します。

240fpsは、ハイリフレッシュと言われる「140fps」に比べて、KDレートが確実に1割以上で上回るからです。

どれくらい差がつくか?


60fpsに対して180fpsはKDが90%向上
 

140fpsに対して180fpsはKDが12%向上(60fps相対評価で)
 
140fpsと240fpsは?
👇👇👇

つまり約2倍差
 
つまり約1割差確実に1割以上で上回る

一瞬で決まるゲームで、1割以上の差は”かなりデカい”です。

野球で言えば、打率3割2分の選手が、打率4割2分になるのと同じですから。

野球では4割打率になるだけで殿堂入りする「異次元のバケモン」になります。

この野球の例えが正しいか分かりませんが、240fpsにするだけで「異次元のバケモン」になれる可能が生まれるということです。

悪いことは言いません。

絶対に「240fps」でFPSゲームをやりましょう。

“FHD240fps”がゲームの最前線です。

こちらの記事もオススメ!

紹介する「240fps張り付き自作ゲーミングPC」の前提条件

FPSゲームで「FHD240fpsにこだわらなければならない理由」が分かったと思います。

ちなみに、この記事で紹介する自作ゲーミングPCの性能記載の前提条件は下の通りです。

前提条件


CPUとグラボの組み合わせ
 
画質設定プレイシーンでのfpsの変動
👇👇👇

グラボのみ
 
高画質考慮しない。

この前提条件にした理由は、フレームレートの性能が曖昧になるからです。

また、前提条件を書かないと、フレームレートなんかいくらでも詐欺れます。

例えば、fpsを上げるには画質設定を下げれば良いだけですから。

『10万円で240fpsの自作PC』と言われて『実は超低画質でのプレイ前提です』なんかいわ誰も求めていないと思います。

この記事で記載するfps値は「高画質」が前提のフレームレートと考えてください。

次に最大の問題である「240fps張り付き」をどう担保するか?ですが。

「FHD240fps」をどう担保するか?

結論から言いますが、、、。

FHDの高画質設定で「240fps」に張り付くグラボは「3090」「3080Ti」くらいです。

「なんだそれ」と呆れさせる結論です。

嘘をつくわけにもいかないので。

ただ、下のグラボと平均fps値を見れば「どのグラボを組み合わせれば良いか?」のイメージは湧くようになります。

グラボと平均fps値

グラボ

価格

Score

1080p

1440p

4K

RTX 3090

¥287,618

19931

95.5%

246.5

98.6%

187.7

75.1%

117.9

47.1%

RTX 3080Ti

¥182,929

19628

94%

241.8

96.7%

182

72.8%

112.6

45.0%

RTX 3080

¥163,163

17666

84.7%

232.4

92.9%

173

69.2%

105

42.0%

RTX 3070Ti

¥109,800

14857

71.2%

187.2

74.9%

139.3

55.7%

89

35.6%

RTX 3070

13651

65.4%

178.8

71.5%

133.1

53.2%

80.8

32.3%

RTX 3060Ti

11700

56.1%

150

60%

113.8

45.5%

69.3

27.7%

RTX 3060

8766

42.0%

124.3

49.7%

92

36.8%

55.4

22.1%

データの引用元は下記サイトです。

引用元
https://benchmarks.ul.com/compare/best-gpus
https://www.gpucheck.com/gpu-benchmark-graphics-card-comparison-chart

分かることは、FPSゲームに240fpsのハイリフレッシュレートを求めるなら「3060以上のグラボ」を使うのが無難ということです。

まぁ、3060ではFHD最高画質で平均124fpsが限界ですが。

ここで甘えたことを言でば、最高画質でゲームはしないと思います。

スペック対コスパのグラボで選ぶなら「3060〜3070Ti」が限界ラインじゃないでしょうか。

予算13.8万円!240fpsは低・中画質で!3060の自作パーツ構成!

予算13.8万円!3060自作PCのパーツ構成!

3060自作PCの自己採点

自作PC
総合(3.0/5.0)
CPU性能
GPU性能
排熱・冷却性能
耐故障・耐久性
拡張性
ストレージ

CPUスペックは「50位」

UL CPU 3D Markスコア AMD Ryzen7 5700G
UL CPU 3D Markスコア
AMD Ryzen7 5700G

AMD Ryzen7 5700G は「50位」です。

3060グラボのスペックは「39位」

UL GPU 3D Markスコア NVIDIA GeForce RTX 3060 12GB
UL GPU 3D Markスコア
NVIDIA GeForce RTX 3060 12GB

NVIDIA GeForce RTX 3060 は「39位」です。

スポンサードリンク

I_AM_NOT_5s asymmetry desigh tops BLK 689_2048x
I_AM_NOT_side aki gather one piece yellow_856_2048x
previous arrow
next arrow

予算16.7万円!240fpsは中画質でプレイ!3060Tiの自作パーツ構成!

予算16.7万円!3060Ti自作PCのパーツ構成!

CPUのスペックは「50位」!

AMD Ryzen™ 7 5700G(8コア16スレッド)
AMD Ryzen™ 7 5700G
AMD Ryzen™ 7 5700G は「50位」 ULがWeb上で公開している「3DMarkベンチ」の統計データ
AMD Ryzen™ 7 5700G は「50位」
ULがWeb上で公開している「3DMarkベンチ」の統計データ

自作PCerからするとRyzenはホント簡単にコストメリットを出せるCPUです。

AMDはコスパは優勝です。

  • AMD Ryzen™ 7 5700G は「50位」

下手にIntelを採用すると「CPUクーラーでクソ冷やさないと」と使命感が出てしまい、どうしても高い構成を選びがちになるんです。

僕だけかもしれませんが。

CPUのスペックは「21位」!

Palit Microsystems NE6306TS19P2-190AD (GeForce RTX 3060 Ti Dual OC V1 8GB) LHR版 [PCIExp 8GB]
NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti
NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti は「21位」 ULがWeb上で公開している「3DMarkベンチ」の統計デー
NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti は「21位」
ULがWeb上で公開している「3DMarkベンチ」の統計データ

NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti は「21位」です。

予算24.5円!FHD240fps 3070Tiの自作ゲーミングPC構成!

予算24.5万円!3070Ti自作PCのパーツ構成!

自作パーツ構成

OS

Windows10 Pro

¥3,000(目安)

CPU

CPUクーラー

グラボ

メモリ

SSD

HDD

無し

マザボ

ケース

電源

その他

光学ドライブ非搭載

金額(税込み)

24.5万

3070Tiの自己採点

自作PC
総合(4.9/5.0)
CPU性能
GPU性能
排熱・冷却性能
耐故障・耐久性
拡張性
ストレージ

CPUのスペックは「11位」!

AMD Ryzen 9 5900X 3.7GHz 12CR 24TH 70MB 105W
AMD Ryzen 9 5900X BOX
AMD Ryzen 9 5900X BOX は「11位」 ULがWeb上で公開している「3DMarkベンチ」の統計データ
AMD Ryzen 9 5900X BOX は「11位」
ULがWeb上で公開している「3DMarkベンチ」の統計データ

AMDの優勝です。

  • AMD Ryzen 9 5900X BOX は「11位」

3070Tiグラボのスペックも「11位」

ASUS ROG-STRIX-RTX3070TI-O8G-GAMING [PCIExp 8GB]
NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti
NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti は「11位」 ULがWeb上で公開している「3DMarkベンチ」の統計データ
NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti は「11位」
ULがWeb上で公開している「3DMarkベンチ」の統計データ

NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti は「11位」です。

スポンサードリンク

Chairmore_1P_Sofa_MASALA_1100x
Chairmore_HangOut_BF_Directors_Chair_1100x
Chairmore_logo_900x
Chairmore_graf Plankton Table_550x_02
Charmore_GLAM_Working_Dining_Table_4096x
Chairmore_2P_Sofa_VINTO_4096x
previous arrow
next arrow

240Hzモニターは必須

文章

スポンサードリンク

Kyou no mentai_01_2048x
Kyou no mentai_02_2048x
Kyou no mentai_03_2048x
Kyou no mentai_04_2048x
Kyou no mentai_05_2048x
previous arrow
next arrow

月間10万PVメディア「MOMOHUKU」は「ConoHa WING」サーバーを利用!

参考までに月間10万PVメディア「MOMOHUKU」は、レンタルサーバーに「ConoHa WING」を利用しています。

これから自分のオウンドメディアを立ち上げる方は「ConoHa WING」を利用するのをオススメします。

理由は、ConoHa WINGなら5分でサイトが立ち上がるからです。

僕が作ったすべて無料の素材サイト「PixJam」

MOMOHUKUを見てくれてる人は、何かを作ることが好きな"クリエイター"の人たちが多いです。

そして、僕も何かを生み出すのが好きな"クリエイター"です。

"クリエイター"にとって、便利なのが「素材サイト」です。

「PixJam」は、商用利用も含めてすべて"無料"で使える「素材サイト」です。

「PixJam」はすべて無料で使える素材サイト!

  • ゆっくり実況で使う
  • イラスト制作に使う風景
  • 絵の練習用など

"無料"と断言できるのは「PixJam」を作ったのは「僕」だからです。

「PixJam」にある素材は、個人でも意識しないで気ままに利用できるように「かなり自由度の高い無料素材サイト」として利用規約をアレンジしています。

例えば、事業における販売(2次利用)も可能とするよう規約を工夫しています。規約は"くまもんの利用規約"を参考にしました。

ちなみに、くまもんの利用には熊本県に許諾申請の必要がありますが「PixJam」では不要ですよ(当たり前ですが。)。

眺めてるだけでもアイデアに繋がるようなサイト構成にしています。

ぜひ行きつけの「素材サイト」として活用してみてください。

余談:今は頑張って素材を追加中!

「PixJam」は、僕が撮影した田舎の風景画像を追加していってます。

画像、動画、イラストの素材サイトと言いながら、まだ暫くの間は動画やイラストに手が出そうにありません。

全員が好き勝手に活動する!
「Bizarre」ゲームストリーミングチーム!

Bizarreメンバー:Ken&i

「Bizarre」は僕が作ったストリーミングチームです。
「Bizarre」への参加・脱退は「Twitterのブロック解除なみ」に簡単です。
「Bizarre」よくあるご質問も読んで見て下さい。

ゲーミングPCは自作がおすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる