【予算5万円】Apexも動画編集もサクサクできる最安ゲーミングPC作り

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
M1・M2 MacでGeForce NOW(Apex)+OBS Studio+VTuberを動かしているシーン
M1・M2 MacでGeForce NOW(Apex)+OBS Studio+VTuberを動かしているシーン
ふる
ふる

こんにちは!「ふる(プロフィール詳細)」です。 

 

記事は信頼性ある内容を心がけています。

  • IT専門
  • 宅建士、行政書士資格保有
  • 体組成計"プロアスリート"認定

@na65125038

MOMOHUKU(ふる)
 

MOMOHUKU - にほんブログ村

予算5万円でPCを自作するシリーズ第一弾「ゲームも動画編集もサクサクできる自作PC構成」にチャレンジします。自作PCerのプライドをかけて予算5万円最安ゲーミングPCを提案します。

結論だけ先に言うと「できてしまいました。」

5万でもApexのプレイは楽にいけます。

しかも、確実にサクサク動作すると自信を持ってオススメできます。

「嘘だろう?」と思う方、この記事を読めばサクサク動作がきちんと保証されている理由がわかります。ぜひ読んでみて下さい。

また、試しにこの構成で実際にパソコンを組んでみようと思ってます。

動画にしてYoutubeに後日アップにする予定です。

ちなみに、自分でハードルを上げることを言いますが、内容がチャチだと僕の信頼・信用にも関わるので、PC構成はかなり慎重に選んでいます。

制約をクリアして「誰でも簡単に組める構成」にしています。

  • 不可能な構成じゃないこと
  • 壊れやすい構成じゃないこと
  • 価格が非現実的でないこと

これらの制約をクリアして目指すのは「Apexも動画編集もサクサクできる最安ゲーミングPCづくり」です。

目次

安い自作PCだと「部品選び」の難易度が上がる。

安い自作PCだと明らかに「部品選び」の難易度が上がります。

選べる部品が限られるからです。

いきなり言い訳じみてますが、選べる部品が少ないので「スペック」にも幅が出なくなります。

構成をざっくり見積もると

目標とすること
FPSゲーム「Apex」ができること
動画編集ができること
サクサク動作すること
👇
構成をざっくり見積もる
マザボ:1万円CPU:2万円
CPUクーラー:3千円グラボ:1万円
メモリ8GB:5千円SSD500GB:数千円
PCケース:オープンフレームor数千円合計5.6万円

買っても3千円くらいですが、OS代は予算には含めていないので注意してください。

最適なパーツ構成選びに集中したいからです。

また「Apex」が出来るなら、おそらく「動画編集」も出来るはずなので、先ずは「Apex」の動作スペックを満たすよう構成を組んでいきます。

追記:当初は「Apex」の方が動作スペックは厳しいと思ってましたが、動画編集ソフト「Premiere Pro」の動作環境の方がハードルが上でした。

このため、「Premiere Pro」で動作させることを最低基準にパーツ構成を考えました。

余談:24万円BTOを自作すれば20万円!

BTOパソコンは自作パソコンより「安い」と言われてますが間違いです。

パソコンを自作した方が100%安くなります。

価格が高くなればなるほど、パーツ選びの自由度が上がるのでコスパ良いパソコンを作れます。

逆に安い構成で「ハイスペックな構成」を探る方が自作パソコンは難しいです。

24万円BTOを自作すれば20万円!

TSUKUMOネットショップ



Apex Legends 必要・推奨動作環境

ありがたいことに「Apex Legends」のWebサイトに必要・推奨動作環境が紹介されています。こちらを参考にしてパーツを選べば、確実に動作するパソコンを自作できそうです。

Apex Legends 必要・推奨スペック

必要動作環境推奨動作環境
特徴快適にプレイできます。60fpsで「Apex」ができる。
OSWindows 7 64ビット版Windows 7 64ビット版
CPUIntel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHzIntel i5 3570Tおよび同等品
RAM6GB8GB
GPUNVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7730Nvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
GPU RAM1GB8GB
ストレージ22GB以上の空き容量22GB以上の空き容量

要するに「必要動作環境」でPCを組むと60fpsすら出ずにゲームが「カクツキ」そうです。

やはり60fps動作は必要なので「推奨動作環境」をベースにパーツ構成を組みたいと思います。

ヤフオク相場(中古価格)

  • Intel CPU Core i5-3570で約3〜5千円
  • Nvidia GeForce GTX 970で約1〜2万円

早々に勝利宣言してしまいそうですが、CPUとグラボの価格だけ見れば【予算5万円】でも余裕で「Apex」できそうな気がしてきました。しかも、快適に。

fpsの話も抑えておこう!

動画編集ソフト「Premiere Pro」の必要システム構成

「Apex」のプレイに関しては難なくクリアできそうなので、念押しで動画編集ソフト「Premiere Pro」の必要システム構成も洗っておきます。

おそらく、動画編集ソフトで一番PC性能が必要となるのは「Premiere Pro」だと思うからです。

調べてみて分かりましたが、「Apex」を快適にプレイするハードルよりも、動画編集ソフト「Premiere Pro」のハードルの方が高いということでした。

Premiere Proの必要システム構成

最小構成(HD動画)推奨構成(HD、4K以上)
CPUIntel® 第6世代以降、AMD Ryzen™ 1000シリーズ以降のCPUIntel® 第7世代以降、AMD Ryzen™ 3000シリーズ以降のCPU
OSWindows 10 64bitWindows 10 64bit
メモリ8GBHD:16GB
4K以上:32GB
グラボ GPUメモリ2GB HD:4GB
4K以上:6GB
ストレージ8GB以上SSD推奨
サウンドカードASIO互換ASIO互換

CPUの指定が「世代ごと」で分かりづらいですね。

第6世代は「Skylake世代」で2015年頃のCPUです。

メモリはデュアルチャネル(2本構成)で挿すのが良いようです。何気にグラボの指定が厳しい気がします。

「Premiere Pro」の必要システム構成をクリアしておけば、他の動画編集ソフトを使っても確実にサクサク作業できると思うので「Premiere Pro」の動作環境クリアを目指したいところです。

何はともあれ「部品選び」が、かなり明確になったのでこれなら予算5万円自作パーツ構成を検討できそうです。

余談:「ゆっくりムービーメーカー4」なら無料で動画編集!

Premiere Proの動作スペックを洗い出しましたが、僕が一番オススメする動画編集ソフトは「ゆっくりムービーメーカー4」です。

YMM4をオススメする理由

  • 無料で使える。 ※ただしライセンス厳守!
  • YMM4は動画編集が簡単。
  • 有料ソフトに劣らず高機能。
  • 「ゆっくり実況動画」も作れる!

「ゆっくり実況動画」向けの専用ソフトだと思われがちですが、普通に動画編集用としても当然使えます。しかも、「ゆっくりムービーメーカー4」なら5分程度で動画を通しで作れるようになるので学習コストも少なくて済みます。

サイバーリンク PowerDVD

Amazon 最新ランキング(ゲーム)

Amazon最新ランキング(コミック)

パターン①:予算5.5万円の最安ゲーミングパソコン構成

上で「Apex」などの最低スペックを洗っているので「これが最安ゲーミングパソコン構成だ」と断言できますね。

しかも、確実に動くと自信を持って言えますし。問題はマザボ価格をどれくらい抑えるかです。マザボ価格さえ抑えれば、全てが丸くまとまる気がします。

予算5.5万円の最安ゲーミングパソコン構成

パーツ構成

OS

Windows10 64bit

CPU

CPUクーラー

グラボ

MSI GeForce GT 1030 2GD4 LP OC [PCIExp 2GB]

MSI GeForce GT 1030 2GD4 LP OC [PCIExp 2GB]

¥11,869

ただし+1.5万円で下のグラボにした方が絶対に良いでしょう。

MSI GeForce GTX 1650 D6 AERO ITX J OC [PCIExp 4GB]

¥26,480

メモリ

SSD

HDD

なし

マザボ

ケース

電源

金額(税込み)

約5.5万円

この「予算5.5万円の最安ゲーミングパソコン」で「Apex」と、Premiere Proでの「動画編集」が確実に出来ます。

ただ、正直に言うと、予算5万円にこだわり過ぎてグラボ性能に無理やり感があります。

この構成では

  • Apexだと【60fps】で「カクツク」かもしれません。
  • Adobe Premiere Proの動画編集は、なんか「重い」と感じると思います。

まぁ、動作スペックはクリアしてるので、びっくりするくらい普通に動くでしょうが。

さらにコスパを求めるなら、PCケースを使わずにオープンフレームにするのをオススメします。

オープンフレームにしてPCケース代を削って+1.5マンの1650グラボを買えば【予算6.5万円】でかなり快適なPCに改善できます。

パターン②:予算9.5万円のゆとりゲーミングパソコン構成

予算9.5万円のゆとりゲーミングパソコンも紹介しておきます。

上の予算5.5万円の最安ゲーミングパソコンよりも明らかに世界が変わります。

この構成に関して言えば、自信を持って「Apex」も「Premiere Pro」もサクサク動きます。

今のところ、実用性も十分に「真にコスパ最強の自作PC」と言えます。

予算9.5万円のゆとりゲーミングパソコン構成

パーツ構成

OS

Windows10 64bit

CPU

CPUクーラー

グラボ

メモリ

SSD

HDD

なし

マザボ

ケース

電源

金額(税込み)

約9.5万円

PCケースを削って【オープンフレーム】で運用すれば、スペックを維持したままで【8万円台】を目指せます。

このPC構成なら16万円のBTOパソコンと大差ない快適さです。

20万円のゲーミングノートを買うくらいなら、この9.5万円構成デスクトップPCの方がゲームは絶対に快適です。

ゲーミングノートはデスクトップPCよりも高額なのに耐久性は格段に劣ります。

要するに、価格面でも耐久性でも「予算9.5万円のゆとりゲーミングパソコン」の方が安心して長く「Apex」をプレイできます。

Amazon 最新ランキング(プライムビデオ)

まとめ:「Apex」よりも「Premiere Pro」の方が要求スペックが高い!

この記事で書いた【予算5万円】の自作PCは「多少カクツク」にしても、普通にプレイ出来ると思います。

「Apex」の要求スペックは低いです。

  • Apexをプレイするだけなら5〜7万円のパソコンで十分!
  • Apexを60fpsで安定プレイなら7〜9万円です。

意外だったのは「Apex」より「Premiere Pro」の方が要求スペックが高いことです。問題は動画編集がサクサク出来るかです。

Premiere Proの動作スペックは予想以上にハードルが高いです。FHD60fpsの画質で安定して作業させるなら、予算9万円のゆとりゲーミングパソコンのスペックが欲しいですね。

Revopoint

M1・M2 Mac でITスキル向上「とりあえず、マイクラ鯖を立てよう」!

マインクラフト統合版サーバーに「nyandaisensei」でログイン!
マインクラフト統合版サーバーに「nyandaisensei」でログイン!

M1・M2 Mac でマイクラ鯖を構築すれば簡単にITスキルが向上します。マイクラ鯖を構築するだけでネットワークどころか会社で使える実用技術を芋づる式で獲得できます。

しかも、"Parallels"の仮想環境で作業するので"買いたてホヤホヤ"の新品Macの環境を一切汚しません。

M1・M2 Macを使う人はWindows仮想環境を構築するはずなので、どちらにしろ"Parallels"を必ず使うと思います。

Parallelsでマイクラ鯖

  • Ubuntu 22.04 LTS ARM64のLinux仮想環境
  • Linuxコマンド
  • Git
  • 仮想環境のネットワーク知識
  • 仮想環境はDockerにも応用

仮想環境なので何度でもスクラップできるのがメリットです。

特に、エンジニアの方にオススメです。

M1・M2 Macでの開発はParallels仮想環境でやりましょう!メインPCで開発するのは環境汚染です!

模範回答

TSUKUMOネットショップ

Amazon最新ランキング(コミック)

すべて無料の素材サイト「PixJam」

京都らしいお店
京都の画像を追加中

MOMOHUKUを見てくれてる人は、何かを作ることが好きな"クリエイター"の人たちが多いです。

そして、僕も何かを生み出すのが好きな"クリエイター"です。

"クリエイター"にとって、便利なのが「素材サイト」です。

「PixJam」は、商用利用も含めてすべて"無料"で使える「素材サイト」です。

「PixJam」はすべて無料で使える素材サイト!

  • ゆっくり実況で使う
  • イラスト制作に使う風景
  • 絵の練習用など

"無料"と断言できるのは「PixJam」を作ったのは「僕」だからです。

「PixJam」にある素材は、個人でも意識しないで気ままに利用できるように「かなり自由度の高い無料素材サイト」として利用規約をアレンジしています。

例えば、事業における販売(2次利用)も可能とするよう規約を工夫しています。

眺めてるだけでもアイデアに繋がるようなサイト構成にしています。

ぜひ、活用してみてください。

余談:今は頑張って素材を追加中!

「PixJam」は、僕が撮影した田舎の風景画像を追加していってます。

画像、動画、イラストの素材サイトと言いながら、まだ暫くの間は動画やイラストに手が出そうにありません。

コメント

コメントする

目次