●【動画】「ハノン」を猛練習してピアノ練習を効率化させる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアノの教則本と言えば「ハノン」です。ピアノを始めてから、教則本には手を出しておりませんでしたが、課題曲から一旦離れて最近はひたすら「ハノン」ばかりやっています。

理由は、新譜を触った際に、弾けない箇所を弾けるように練習している時間が勿体ないからです。曲個別に指の運びを学ぶより、より体系化された指強化の教則本で一気に指使いを円滑化させようと意図した次第です。

目次

「ハノン」とは

「ハノン」はピアノの教則本「60の練習曲によるヴィルトゥオーゾ・ピアニスト」のことです。「ハノン」はピアノ教材のスタンダードとしてその地位を確立しています。ハノンはもともと人物「アノン」のことで、正確にはシャルル=ルイ・アノン(1819年7月2日 – 1900年3月19日)のことです。ハノンは、フランス共和国ダンケルク近郊のルネスキュールで生まれた作曲家、ピアノ教師、オルガニストでした。

「ハノン」に収録された曲はフィンガートレーニングを行なうためのものであり、楽曲として成り立っている他の練習曲とはその性質が異なります。要するに、「ハノン」をいくら弾いても音楽的素養は培われづらいということです。

「ハノン」の教則本はAmazonで安くに手に入ります。僕は評価が良かった青の本を買いました。

シャルル=ルイ・アノン が推奨している「ハノン」の練習法

シャルル=ルイ・アノン が言うには、この60の課題曲をテンポ60~100程度で一時間で毎日弾くというものです。が、やってみると分かりますが「かなり難しい」です。プロのピアノニストでさえ、一時間で弾ける方はわずからしいです。僕の場合は、テンポ30ですら弾くことが難しいです。まだ、「ハノン」開始一日目ということもあり、No1、No2を弾く段階ですでに限界を感じています。

「ハノン」のメリットは「 通常練習の効率化」

僕が思う「ハノン」を練習するメリットは、指を動かしている時間が圧倒的に増えることです。また、あるフレーズで指が躓いても、弾きこなせるまでの時間が短縮されることです。要は、新譜を学ぶ際の指の学習速度が速くなります。

「ハノン」の練習の積み上げが、つまづきを和らげる。

課題曲でどうしても弾きこなせない中指、薬指を独立して動かさなければならないフレーズがあったとしても、予め「ハノン」で練習していれば弾けるようになるまでが速くなります。おそらく、課題曲の練習でつまづいても、おそらくは立ち止まっている時間も少なく済みます。

一日30分「ハノン」を弾く。

一般的に言われていることは「一日30分は練習した方が良い。」ということです。なので、そのまま自分に一日30分「ハノン」を弾くことにしました。この練習プランは、かなり理にかなっていると思います。

「ハノン」の練習は、PCのタイピング練習に似ているからです。

「ハノン」の練習は、完全にメカニカルな運指トレーニングです。僕は、PCのタイピングは一分間に360文字の速さで打てますが、これに至るまでにタイピングソフトで何度も練習しました。裏を返せば、タイピングソフトで練習しない限り、この速さに到達しないと思います。これと同じ理屈で、「ハノン」でのメカニカルなトレーニングが、運指の速さや精度を高めてくれると思います。

Kyou no mentai_01_2048x
Kyou no mentai_02_2048x
Kyou no mentai_03_2048x
Kyou no mentai_04_2048x
Kyou no mentai_05_2048x
previous arrow
next arrow

僕の「ハノン」練習風景

メカニカルトレーニングと言われる「ハノン」だけでは、音楽的な素養は身につかないかもしれませんが、新譜を弾いて指が思い通りに運ばないときの時間の短縮になるので、ここでの頑張りは将来的なお釣りで帰ってくると思ってます。

上記では、1日30分と書いてますが、今は四六時中ずっと弾いています。一ヶ月くらいは、このまま「ハノン」のみやり続けようと考えています。

月間10万PVメディア「MOMOHUKU」を支えるツール3選

「MOMOHUKU」"月間10万PVメディア"にまで成長しました。

最近は"DX(デジタルトランスフォーメーション)"が流行りのせいか、、、「MOMOHUKUさんのWebサイトの運営ノウハウを知りたい。」とよく聞かれます。

誰もが知る東証一部の企業からも「コンサルしてほしい」と言われます。

表向きは丁重にお断りしていますが、ITコンサルなんか「ナンセンスなので絶対やらんわ」と内心では思っています。

僕がITコンサルに手を出した時は「よほど、この人はお金に困ってるんだな」と蔑んでみてもらって構いません。

後、ブログ運営に関する記事も書きません。

面倒臭いからです。

今の「DXの流れ」に一言いうなら?

興味ない。勝手にやってろ。

代わりに、このスペースでWebサイトで絶対に活用すべきツールを紹介します。

ここで紹介するツールがなければ、MOMOHUKUは「月間10万PV」にはならなかったと断言します。

ブログ運営に関する記事

貴重な情報を入れて「ブログ運営」に関する記事を過去に書きましたが、どれもアクセスが伸びませんでした。

ブログ運営に関する記事は巷に溢れ過ぎていて読み手からは全部同じ内容に見えるんだと思います。

かなり良い記事でしたが「全て非公開」にしました。

二度と公開しません。

とは言え、WPのエラー対策の記事などは上げています。

ツール①:WordPressテーマ「SWELL」なら「コンテンツ作り」に専念できる。

SWELLを使えば「コンテンツ作り」「3倍」は速くなります。

SWELLを最初から導入しましょう。

僕は「Webサイト運営が軌道に乗ったら」と考えて、100記事くらい書いたのちにSWELLを導入しましたが「最初から導入しておけばよかった」と後悔しました。

余談:Webサイトは「コンテンツファースト」

僕はWebサイトを「コンテンツファースト」で運営しています。

ちなみに「ITの専門知識をできるだけ使わない」ように心がけています。

非ITの人でも「学習コストなく運営できる仕組み」になるからです。

ITの専門知識を使うと"コスト"が発生する

  • コーディングすると"保守"が発生する。
  • 非IT系が一切触れなくなる。
  • 学習コストも発生する。

まぁ、こういう配慮をすると「舐め腐ってくる」のが非IT系ですが。

長い目で見れば「コーディング排除」は組織にとって確実に使い易いシステムになります。

まぁ「舐め腐ってくる非IT系」をきちんとシバき倒して下さい。

ツール②:レンタルサーバー「ConoHa WING」なら5分でWebサイトを構築できる。

「MOMOHUKU」は、レンタルサーバーに「ConoHa WING」を利用しています。

これから自分のオウンドメディアを立ち上げる方は「ConoHa WING」の利用をオススメします。

理由は「ConoHa WING」なら5分でサイトが立ち上がるからです。

余談:ITはシンプルさ、手軽さが正義

「コンテンツファースト」を心がけていると書きました。

同様にITは「シンプルさ、手軽さ」が正義です。

技術を軽視するわけでなく「ITにこだわると面倒臭く」なるだけだからです。

例えば

「WordPressを高速化してくれ」とITエンジニアに相談してみてください。

WordPressをGatsby.jsで静的サイト化すれば爆速化します!なんて言うITエンジニアが絶対にいます。

そのITエンジニアは続けてこう言います。

サイトは爆速化されますが「非IT系」はWebサイトに触れなくなります。

うちは「エンジニアしかいない」から良いんです。

こういう会社は「先祖帰り」したいだけです。

「自分たちにしか出来ない仕事」を増やしたいだけですね。

何より前提である「サイトが爆速化」されると言うのも絶対に達成されません。

僕のサイト「MOMOHUKU」と「Gatsby.jsを一生懸命に導入したWebサイト」でPageSpeed Insights(速度評価を比較)してみれば分かります。

ツール③:WordPressのプラグインは、とりあえず「UpdraftPlus」を入れる。

僕が尽く救われてきたプラグインを一つ上げるなら「UpdraftPlus」です。

「UpdraftPlus」だけで確実に幸せになれます。

しかも、無料です。

本当に申し訳ないことに「無料」で必要十分の機能です。

そろそろ、感謝だけの気持ちで「有料」を購入しようかと思っています。



コメント

コメントする

目次
閉じる