動画編集にも使えるハリウッド式脚本術「三幕構成」!面白い台本の作り方!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ふる
ふる

この記事では、誰でも出来る面白い脚本の作り方を紹介します。特に動画向けの脚本・ストーリー作りに最適です。

Youtubeの動画など作っていると困るのが「ストーリー作り」です。

どうすれば面白くなるか分からないから、適当なストーリーで動画を作ってしまったりします。

ストーリーが甘いとだらだらと録画して時間を無駄にしがちです。そして、録画した動画も長い時間になったせいで編集が大変になったります。

この記事を読めば

  • 脚本の書き方が分かる。
  • 面白いストーリーの作り方が分かる
  • ストーリーが面白くなる「時間配分」が分かる。

例えば、8時間くらいのゲーム実況動画を効率的に10分にまとめて「飽きないストーリーの動画」にすることが出来るようになります。

この記事で紹介する「三幕構成」は、ハリウッド映画の脚本作りに必ず用いられる脚本術です。「三幕構成」を使えば誰でも簡単に面白いストーリー作りが出来るようになります。

三幕構成を使ってステップバイステップで脚本作りを紹介していきますので、ぜひじっくり読んでみてください。

スポンサードリンク

目次

「三幕構成」はハリウッド式の脚本術!

三幕構成は映画の脚本向きです。ハリウッド映画では必ず取り入れられる脚本術です。三幕構成で脚本を構成すればストーリーの時間管理が簡単になるからです。

三幕構成(さんまくこうせい、Three-act structure)は、脚本の構成である。三幕構成では、ストーリーは3つの幕 (部分) に分かれる。それぞれの幕は設定 (Set-up)、対立 (Confrontation)、解決 (Resolution) の役割を持つ。3つの幕の比は1:2:1である。

引用:三幕構成 – Wikipedia

動画・映像向きの脚本作りとは言え、小説、コミックなど他の分野にも応用できます。三幕構成が「人を飽きさせない脚本」の考え方になっているからです

一般に、映画の脚本は三幕構成になっている。国際的には、映画は三幕構成のモデルに基づいて制作されている。三幕構成のモデルは、小説、コミック、ゲーム、テレビドラマ、およびドキュメンタリーなど他の分野にも応用される。

引用:三幕構成 – Wikipedia

すぐ使える「三幕構成」の脚本作りのポイント!

この記事では「三幕構成」の大切なポイントを押さえて脚本作りをしてみます。

三幕構成での脚本作りのポイント

  • ストーリーは「主シナリオ・副シナリオ」で2本立て以上にする。
  • イベントを出すタイミングを確実に狙う。
  • 山場に山場を重ねる。窮地に窮地を重ねるなど。

これを意識するだけでも「かなり面白い脚本」になります。

さて、実際にこのポイントを押さえながら、マイクラ動画で脚本作りを実践してみます。

スポンサードリンク

ダメな脚本の例:アーカイヴ(映画)

「アーカイヴ」2020年のイギリスのSF映画

ストーリー・脚本は自由に考えて構いません。

ただ、そんなストーリー・脚本にもアンチパターンがあります。ダメな脚本の例を紹介します。

それは「夢オチストーリー」です。

脚本を腐るほど見てきているプロたちは「夢オチストーリー」ほどクソ脚本はないと考えています。業界内の「暗黙の了解」と言っても過言ではありません。

最近たまたま見た映画の中に盛大な「夢オチ映画」がありました。

Amazon Primeなら無料で観れる!

この夢オチ映画は意外にも評価が高いです。映像が綺麗だったり、物語の破綻が最後までないためかもしれません。しかし、伏線の落とし所は最も楽な「夢オチ」で終わります。

結局、視聴者が楽しめれば良いので、その点で視聴者の気持ちを掴んだ映画なのかもしれません。映画と言えど「娯楽」なので観てる側は作り込みなんか気にしないのかもしれません。

スポンサードリンク

「夢オチ」ほど「すべてをぶち壊し」にするストーリーはない。

脚本の観点で言えば「夢オチ」ほどしょうもないストーリーはありません。

ストーリーも、視聴者の気持ちもすべて「ぶち壊し」になるからです。

  • ディープインパクトなら世界の崩壊を救って、すべて「夢」でしたー。
  • 進撃の巨人なら巨人に人が殺されまくって、すべて「夢」でしたー。
  • バック・トゥ・ザ・フューチャー3までやって、すべて主人公の「夢」でしたー。

どうでしょうか?

「夢オチ」はストーリーとして完璧に成立するんです。

ただ、「バリくそしょうもない」と思いませんか?

僕だったら「金と時間を返せ」と言いますね。そして2度とその監督の映画を見ません。

どんなストーリーでも「夢」で成立する一方で、ストーリー・脚本が意味をなさなくなるからです。なんでも「夢オチ」で済ませれば、世の中も平和でしょうね。

では、三幕構成を使って脚本作りを実践していきましょう。

スポンサードリンク

実践:「三幕構成」を使ってマイクラ動画の脚本作り!

手探りで面白い脚本を作るのは難しいです。

三幕構成は完全に狙って面白いストーリーを作れます。

マイクラのエンドラ討伐を例にストーリー構成を実践していきみます。

実践:マイクラのエンドラ討伐を脚本で考える

マインクラフトは、オープンワールド、フリーシナリオの世界で一番売れたゲームです。フリーシナリオですが、マイクラにはエンダードラゴンというラスボス的な敵がいます。倒すかどうかは自由です。

そんなエンドラ系を倒すRTA系の動画は数多くあり人気です。このエンドラ討伐で10分動画の脚本を考えてみます。

ちなみに、三幕構成に尺の長さはあまり関係なく「5分なら5分用」に尺を取り直して考えることができます。

三幕構成を実践!

  • 基本シナリオを考える。
  • 主シナリオ・副シナリオを考える。
  • シナリオに時間配分を加味する。
  • +α 窮地、どんでん返しを重ねる。

シナリオについては時間をどれだ費やすか次第です。時間をかければかけるほど面白さの精度は上がると思います。つまり、完成度は「時間との戦い」です。

三幕構成のバイブル本

著:ブレイク・スナイダー, 翻訳:菊池淳子
¥1,832 (2022/06/29 18:07時点 | Amazon調べ)

ステップ①:基本シナリオを書き出す

基本シナリオ改善すること
最初の木こり&クラフト
鉱石掘り(ブランチマイニング)
ネザーポータル
ネザー要塞
打倒エンダードラゴン
①シナリオが単調
②時間配分
③+αでどんでん返しを追加する

上の基本シナリオは、かなりラフです。いわゆる「起承転結」です。「起承転結」は、手軽にストーリーを作れるのが利点です。

ただ、そのシナリオは「単調」でかなり「不完全」です。

動画では長編になると分割したりしますが、まずは「通し」で最初から最後まで(スタートからゴールまで)の基本シナリオを書き出しましょう。

基本シナリオを考えるのは意外と楽しいはずです。

特にルールがある訳でもなく、自由な発想で考えれるからです。ちなみに、基本シナリオは気楽に考えましょう。奇抜なシナリオにしようと筆が止まると本末転倒だからです。

また、下の副シナリオを考える過程で、シナリオ同士で有機的な反応が起きたりするので焦らなくても大丈夫です。

ステップ②:基本シナリオから「主シナリオ」と「副シナリオ」に分ける。

主シナリオ
エンダードラゴンを倒す。
副シナリオ
最初の木こり&クラフト

鉱石掘り(ブラマイ)ダイヤ掘り
溶岩ダイブ
黒曜石を作る
ネザーポータル作成
ネザーエンダーアイ
ネザー要塞発見
ネザー要塞ブレイズ討伐
エンダーアイ×12
エンドポータル開通
エンダードラゴン戦闘準備
エンドラ戦い
エンドラ討伐

基本シナリオを「主シナリオ」と「副シナリオ」に分けてみました。

自分で言うのも何ですがあまり面白くない副シナリオです。というのも、副シナリオと書いておきながら「単なる作業」の列挙になっているからです。

ただ、動画なので録画過程で「面白いシーン」が撮れるのを期待して作っていたりします。

副シナリオの狙い

ありきたり基本シナリオの差別化です。副シナリオに分けておくと、ありきたりなシナリオの動画でも何かしら差別化できるシーンが生まれます。

また、副シナリオをもっと面白くするなら、伏線的なシナリオにすると良いでしょう。最初の段階から最後のイベントまで継続して長引く副シナリオは面白くなりやすいです。

例えば、マイクラなら最初の段階で「牢獄」を作っておきます。途中で何度もチート的な問題が発生します。実は友達が「荒らしだった」と最後に明らかにして牢獄にぶち込めば、見ている側もスッキリします。

ステップ③:時間配分する。

主シナリオ
エンダードラゴンを倒す。
副シナリオ時間配分(10分想定)
最初の木こり&クラフト

鉱石掘り(ブラマイ)ダイヤ掘り1分15秒
溶岩ダイブ
黒曜石を作る
ネザーポータル作成
ネザーエンダーアイ3分45秒
ネザー要塞発見
ネザー要塞ブレイズ討伐5分
エンダーアイ×12
エンドポータル開通
エンダードラゴン戦闘準備6分15秒
エンドラ戦い7分30秒
エンドラ討伐9分25秒

三幕に沿った時間配分を記載しました。時間配分はかなり重要です。この「時間配分」の考え方を分かっているかどうかだけで動画の面白さが数倍変わります。

面白くするポイントはこの時間配分を三幕構成を使って完璧コントロールすることです。

例えば、3分45秒から「ネザー」にシーンが映りますが、このタイミングはちょうど10分尺の8分の3地点です。視聴者が飽きてきそうなタイミングなので狙って次の展開を入れています。

この時間配分で各々のシーンを見せれば、見ていても退屈しない飽きない動画になるわけです。

赤塗りしている「エンドラの戦いシーン」に窮地を重ねる工夫を下でしていきます。

ステップ④:+αでどんでん返しを追加する。

7分30秒から始まるエンドラとの戦いシーンには、窮地&どんでん返しシーンを重ねて入れることを考えます。この時、窮地&どんでん返しを2回以上繰り返します。

窮地&どんでん返しのタイミング

窮地①
全滅シーンなどエンドラの絶望的な強さを見せる。
 
8分30秒

窮地②

拠点の武器が全ロスして戦えないなど、さらに窮地を見せる。
 
8分45秒

どうにかして巻き返してエンドラ討伐完了
 
9分35秒

後日談
 
9分35秒以降

こうすることで「8分45秒」に見てる側は「マジか!」となります。この後、後ろの尺の短さでどうやって取り戻すんだと。

どうでしょうか?ワクワクしませんか?

三幕構成のバイブル本

著:ブレイク・スナイダー, 翻訳:菊池淳子
¥1,832 (2022/06/29 18:07時点 | Amazon調べ)

最終版:マイクラのエンドラ討伐動画

主シナリオ
エンダードラゴンを倒す。
副シナリオ時間配分(10分想定)
最初の木こり&クラフト

鉱石掘り(ブラマイ)ダイヤ掘り1分15秒
溶岩ダイブ
黒曜石を作る
ネザーポータル作成
ネザーエンダーアイ3分45秒
ネザー要塞発見
ネザー要塞ブレイズ討伐5分
エンダーアイ×12
エンドポータル開通
エンダードラゴン戦闘準備6分15秒
エンドラ戦い7分30秒
窮地①:全滅8分30秒
窮地②:武器全ロス8分45秒
解決:エンドラ討伐9分35秒
後日談まとめなど9分35秒以降

マイクラのエンドラ討伐動画の最終版の脚本が上です。どうでしょうか?機会があれば実際に動画にしてみますが、飽きない動画ストーリになっていると思います。

10分なのでストーリーにスピード感もあります。特に、ネザーからエンドラまでは「2分15秒」なのでめちゃくちゃ良い感じに退屈せず駆け足に見れます。

このようなタイミングは三幕構成で決められる「幕」に従って設定しています。「幕」の設定については下のバイブル本を読むのがオススメです。

僕がこれまでに読んだ脚本術の本でも、内容が最も分かりやすくすぐ活用できる実践的な本です。

三幕構成のバイブル本

著:ブレイク・スナイダー, 翻訳:菊池淳子
¥1,832 (2022/06/29 18:07時点 | Amazon調べ)

スポンサードリンク



月間10万PVメディア「MOMOHUKU」を支えるツール3選

「MOMOHUKU」"月間10万PVメディア"にまで成長しました。

最近は"DX(デジタルトランスフォーメーション)"が流行りのせいか、、、「MOMOHUKUさんのWebサイトの運営ノウハウを知りたい。」とよく聞かれます。

誰もが知る東証一部の企業からも「コンサルしてほしい」と言われます。

表向きは丁重にお断りしていますが、ITコンサルなんか「ナンセンスなので絶対やらんわ」と内心では思っています。

僕がITコンサルに手を出した時は「よほど、この人はお金に困ってるんだな」と蔑んでみてもらって構いません。

後、ブログ運営に関する記事も書きません。

面倒臭いからです。

今の「DXの流れ」に一言いうなら?

興味ない。勝手にやってろ。

代わりに、このスペースでWebサイトで絶対に活用すべきツールを紹介します。

ここで紹介するツールがなければ、MOMOHUKUは「月間10万PV」にはならなかったと断言します。

ブログ運営に関する記事

貴重な情報を入れて「ブログ運営」に関する記事を過去に書きましたが、どれもアクセスが伸びませんでした。

ブログ運営に関する記事は巷に溢れ過ぎていて読み手からは全部同じ内容に見えるんだと思います。

かなり良い記事でしたが「全て非公開」にしました。

二度と公開しません。

とは言え、WPのエラー対策の記事などは上げています。

ツール①:WordPressテーマ「SWELL」なら「コンテンツ作り」に専念できる。

SWELLを使えば「コンテンツ作り」「3倍」は速くなります。

SWELLを最初から導入しましょう。

僕は「Webサイト運営が軌道に乗ったら」と考えて、100記事くらい書いたのちにSWELLを導入しましたが「最初から導入しておけばよかった」と後悔しました。

余談:Webサイトは「コンテンツファースト」

僕はWebサイトを「コンテンツファースト」で運営しています。

ちなみに「ITの専門知識をできるだけ使わない」ように心がけています。

非ITの人でも「学習コストなく運営できる仕組み」になるからです。

ITの専門知識を使うと"コスト"が発生する

  • コーディングすると"保守"が発生する。
  • 非IT系が一切触れなくなる。
  • 学習コストも発生する。

まぁ、こういう配慮をすると「舐め腐ってくる」のが非IT系ですが。

長い目で見れば「コーディング排除」は組織にとって確実に使い易いシステムになります。

まぁ「舐め腐ってくる非IT系」をきちんとシバき倒して下さい。

ツール②:レンタルサーバー「ConoHa WING」なら5分でWebサイトを構築できる。

「MOMOHUKU」は、レンタルサーバーに「ConoHa WING」を利用しています。

これから自分のオウンドメディアを立ち上げる方は「ConoHa WING」の利用をオススメします。

理由は「ConoHa WING」なら5分でサイトが立ち上がるからです。

余談:ITはシンプルさ、手軽さが正義

「コンテンツファースト」を心がけていると書きました。

同様にITは「シンプルさ、手軽さ」が正義です。

技術を軽視するわけでなく「ITにこだわると面倒臭く」なるだけだからです。

例えば

「WordPressを高速化してくれ」とITエンジニアに相談してみてください。

WordPressをGatsby.jsで静的サイト化すれば爆速化します!なんて言うITエンジニアが絶対にいます。

そのITエンジニアは続けてこう言います。

サイトは爆速化されますが「非IT系」はWebサイトに触れなくなります。

うちは「エンジニアしかいない」から良いんです。

こういう会社は「先祖帰り」したいだけです。

「自分たちにしか出来ない仕事」を増やしたいだけですね。

何より前提である「サイトが爆速化」されると言うのも絶対に達成されません。

僕のサイト「MOMOHUKU」と「Gatsby.jsを一生懸命に導入したWebサイト」でPageSpeed Insights(速度評価を比較)してみれば分かります。

ツール③:WordPressのプラグインは、とりあえず「UpdraftPlus」を入れる。

僕が尽く救われてきたプラグインを一つ上げるなら「UpdraftPlus」です。

「UpdraftPlus」だけで確実に幸せになれます。

しかも、無料です。

本当に申し訳ないことに「無料」で必要十分の機能です。

そろそろ、感謝だけの気持ちで「有料」を購入しようかと思っています。



コメント

コメントする

目次
閉じる