ピアノ独学1ヶ月目!練習アプリ「flowkey」「ピアノマーベル」の感想!

このエントリーをはてなブックマークに追加



急に思い立って、ピアノをはじめました。

毎日鍵盤に触れる生活になってから、早一ヶ月が経過しました。時間量にして、100時間ほど費やしました。

振り返ってみると、ピアノを弾く楽しさよりも辛いことが多いです。

そのせいか、この100時間は日常にも影響が出るくらい疲れました。

しかも、この辛さが改善される見通しは、今の所、立っていません。

とりあえず、経過報告していきます。

目次

まだ何も弾けません。ごめんなさい。

現状の僕のピアノの腕前は見出しの通りです。

厳密に言えば、弾ける曲もあります。例えば、歓喜の歌など。

ただ、これを弾いて見せて、ピアノを弾いてますというのにはカウントできないと自覚しているからです。

実のところ、ピアノが一番楽しかったのは、アプリを使い始めたころです。

理由は、アプリがいい具合に「僕でもピアノが弾ける。」と勘違いさせてくれたからです。

Chairmore_1P_Sofa_MASALA_1100x
Chairmore_HangOut_BF_Directors_Chair_1100x
Chairmore_logo_900x
Chairmore_graf Plankton Table_550x_02
Charmore_GLAM_Working_Dining_Table_4096x
Chairmore_2P_Sofa_VINTO_4096x
previous arrow
next arrow

歓喜の歌で勘違い

最初の課題曲が「歓喜の歌」冒頭一部です。

そして、すぐ弾けるようになります。

ピアノの先生であるアプリが秀悦な点は、この「僕でもピアノが弾ける」という勘違いビギナーズラックを演出してくれる点です。

当の本人は、歓喜の歌が弾けたことにより「全然弾ける!どんどん弾いてみよう!」とやる気になりました。

決して悪いことではないと思います。

I_AM_NOT_5s asymmetry desigh tops BLK 689_2048x
I_AM_NOT_side aki gather one piece yellow_856_2048x
previous arrow
next arrow

夢の世界

それでも、僕は歓喜の歌ばかりを弾く夢の世界に居座ろうとしていました。

夢から覚めたくない。

しばらくは、僕は一流のピアニストになれるんだ。

と歓喜の歌だけを弾きました。

そんな僕が夢から覚めたのは、歓喜の歌を手癖で弾いていると自覚した時です。

僕は、歓喜の歌を弾きすぎたことで、楽譜を見なくても弾けるようになってしまいました。

しかも、楽譜の意味を深く理解しないで、覚えてしまった手だけで弾いている状態でした。

これ以上ここに居座っても「上達は見込めない」とようやく気づきました。

楽しかった夢は過ぎ去って、僕は前に進むことを決意しました。

「両手でピアノを弾くのが難しすぎる」という辛い現実

楽しかった日常が、徐々に、そして、確実に崩れていきます。

いや、今までが幻想だったのです。

ここからが本当の現実です。

はじめての違和感は、両手で弾くことです。

両手でピアノを弾くのは「当たり前のこと」だと思っていました。

そして、僕もその「当たり前」から決して外れることはないと思っていました。

しかし、両手でピアノが全く弾けないわけです。

その上、左手パートの譜面が全く読めない(そもそも、右手パート読めないが、それ以上に。)。

とは言え、ビギナーズラックの魔法がかかっている僕はめげずに、まずは右手と左手を分けて練習します。

そして、両手で併せます。



左手は、骨折した人がリハビリしているみたい

わずかにですが、両手で弾けるという光りがさします。

その光りは一瞬だけ照らされます。その光りのみを目指して進みます。

実際の左手で弾いている音は、一小節に単音のドが一つ、単音のソが一つ、のみの単調なものですが。

しかし、僕の左手は、骨折した人がリハビリするように。

一歩ずつでしか進みませんでした。

ですが、繰返し弾くことで、僕の左手は骨折から回復していきました。

I_AM_NOT_5s asymmetry desigh tops BLK 689_2048x
I_AM_NOT_side aki gather one piece yellow_856_2048x
previous arrow
next arrow

どれくらいこの森の中に

僕は、どれくらいこの森の中を彷徨ったのだろうか。

気づけば「虎になっていたという李徴」さながら、月明かりには虎の僕が浮かび上がるのだろうか。

僕は、どうしてこれ(ピアノ)をはじめたんだっけ。

部屋に一人だけれど「ブラインドタッチと同じ感じやし、いけるやん。」という声が響いた気がした。

「あぁ、そうか。そうだった。」

ブラインドタッチも3ヶ月くらいは毎日大学のPCルームで練習した。

あの頃、僕はPCを持っていなかった。

夏休みにタイピングするためだけに、大学のPCルームに通ったんだ。

忘れていた。

確かに、この自信は折れるわけにはいかない。



音階(スケール)練習。ハ長調(Cメジャー・スケール)

折れかけた僕の心は、蒸し暑い夏の大学のPCルームに通った思い出と共に何とか持ち堪えました。

そんな、かろうじて耐えている心に、次の残酷が訪れます。

音階(スケール)練習。ハ長調(Cメジャー・スケール)

単なる「ドレミファソラシド」を弾くやつです。

いつも通りに右手、左手とやってみる。

片手なら出来そうだ。

ただ、これだけは確実に分かる。両手でこれは絶対に出来る気がしない。

両手で併せてみた。

先ずは、上り片道。

案の定、出来ない。

下りなんかできるわけがない。

そうこうしながら、ひたすらに弾き続けた「ドレミファソラシド」。

涙で周りが霞んで見える。

意識も遠のきそうだ。

そんな中、「これで涙を拭きなさい。」とハンカチを差し出してくれる人?がいました。

顔をあげると、そこに居たのは「イ短調」だった。

よく見ると円陣を組んでいる。

隣には「ト長調」もいる。訳が分からなかった。

イ短調

「頑張っているのに報われない。そんな人の気持ちが、あなたには分かりますか?」とイ短調は丁寧な紳士口調で僕を追い込んだ。

ニヤついているト長調を横目に、僕はイ短調に対して「ハ長調で報われたのなら、イ短調で報われない訳がない。」と強く言い放った。

つづく。

月間10万PVメディア「MOMOHUKU」を支えるツール3選

「MOMOHUKU」"月間10万PVメディア"にまで成長しました。

最近は"DX(デジタルトランスフォーメーション)"が流行りのせいか、、、「MOMOHUKUさんのWebサイトの運営ノウハウを知りたい。」とよく聞かれます。

誰もが知る東証一部の企業からも「コンサルしてほしい」と言われます。

表向きは丁重にお断りしていますが、ITコンサルなんか「ナンセンスなので絶対やらんわ」と内心では思っています。

僕がITコンサルに手を出した時は「よほど、この人はお金に困ってるんだな」と蔑んでみてもらって構いません。

後、ブログ運営に関する記事も書きません。

面倒臭いからです。

今の「DXの流れ」に一言いうなら?

興味ない。勝手にやってろ。

代わりに、このスペースでWebサイトで絶対に活用すべきツールを紹介します。

ここで紹介するツールがなければ、MOMOHUKUは「月間10万PV」にはならなかったと断言します。

ブログ運営に関する記事

貴重な情報を入れて「ブログ運営」に関する記事を過去に書きましたが、どれもアクセスが伸びませんでした。

ブログ運営に関する記事は巷に溢れ過ぎていて読み手からは全部同じ内容に見えるんだと思います。

かなり良い記事でしたが「全て非公開」にしました。

二度と公開しません。

とは言え、WPのエラー対策の記事などは上げています。

ツール①:WordPressテーマ「SWELL」なら「コンテンツ作り」に専念できる。

SWELLを使えば「コンテンツ作り」「3倍」は速くなります。

SWELLを最初から導入しましょう。

僕は「Webサイト運営が軌道に乗ったら」と考えて、100記事くらい書いたのちにSWELLを導入しましたが「最初から導入しておけばよかった」と後悔しました。

余談:Webサイトは「コンテンツファースト」

僕はWebサイトを「コンテンツファースト」で運営しています。

ちなみに「ITの専門知識をできるだけ使わない」ように心がけています。

非ITの人でも「学習コストなく運営できる仕組み」になるからです。

ITの専門知識を使うと"コスト"が発生する

  • コーディングすると"保守"が発生する。
  • 非IT系が一切触れなくなる。
  • 学習コストも発生する。

まぁ、こういう配慮をすると「舐め腐ってくる」のが非IT系ですが。

長い目で見れば「コーディング排除」は組織にとって確実に使い易いシステムになります。

まぁ「舐め腐ってくる非IT系」をきちんとシバき倒して下さい。

ツール②:レンタルサーバー「ConoHa WING」なら5分でWebサイトを構築できる。

「MOMOHUKU」は、レンタルサーバーに「ConoHa WING」を利用しています。

これから自分のオウンドメディアを立ち上げる方は「ConoHa WING」の利用をオススメします。

理由は「ConoHa WING」なら5分でサイトが立ち上がるからです。

余談:ITはシンプルさ、手軽さが正義

「コンテンツファースト」を心がけていると書きました。

同様にITは「シンプルさ、手軽さ」が正義です。

技術を軽視するわけでなく「ITにこだわると面倒臭く」なるだけだからです。

例えば

「WordPressを高速化してくれ」とITエンジニアに相談してみてください。

WordPressをGatsby.jsで静的サイト化すれば爆速化します!なんて言うITエンジニアが絶対にいます。

そのITエンジニアは続けてこう言います。

サイトは爆速化されますが「非IT系」はWebサイトに触れなくなります。

うちは「エンジニアしかいない」から良いんです。

こういう会社は「先祖帰り」したいだけです。

「自分たちにしか出来ない仕事」を増やしたいだけですね。

何より前提である「サイトが爆速化」されると言うのも絶対に達成されません。

僕のサイト「MOMOHUKU」と「Gatsby.jsを一生懸命に導入したWebサイト」でPageSpeed Insights(速度評価を比較)してみれば分かります。

ツール③:WordPressのプラグインは、とりあえず「UpdraftPlus」を入れる。

僕が尽く救われてきたプラグインを一つ上げるなら「UpdraftPlus」です。

「UpdraftPlus」だけで確実に幸せになれます。

しかも、無料です。

本当に申し訳ないことに「無料」で必要十分の機能です。

そろそろ、感謝だけの気持ちで「有料」を購入しようかと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる