YMM4「台本読み込み機能」が便利!ゆっくり実況動画の作成を時短する!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 M1・M2 Macでも ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)「ゆっくりしていってね。」
M1・M2 Macでも ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)
「ゆっくりしていってね。」
ふる
ふる

この記事はWindows、Mac(M1・M2 Macも含む)、老若男女すべての方が対象の記事です。

※特に【M1・M2 Mac】でも「ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)」が使えるのでぜひ参考にしてみてください。

この記事では「ゆっくり実況動画」の作成を大幅に時短する方法を紹介します。

具体的には「ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)」に新たに追加された「台本読み込み」機能を紹介します。

この記事では単なる機能紹介・使い方の記事にとどまらず、改めて「ゆっくり実況動画」の作り方についても紹介しています。

5分ほどで読める記事なのでぜひご参考下さい。

目次

M1・M2 Macでも「ゆっくりムービーメーカー4」が使える!

M1 Macでも「ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)」がサクサク動きます!
M1 Macでも「ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)」がサクサク動きます!

「ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)」は、M1・M2 Macでも使えます。

YMM4は、Windowsのみで使えるソフトですが、「Parallels®︎ Desktop 17 for Mac」 を使ってWindows仮想環境を構築すれば、M1・M2 MacでもYMM4が使えるようになります。

仮想環境?何それ?おいしいの?

とさっぱり分からなくても、「Parallels®︎ Desktop 17 for Mac」 ならクリックだけでWindows環境を構築できます。

アカウント登録なく無料で即利用できます。

試しに「Parallels®︎ Desktop 17 for Mac」 からダウンロードして使ってみてください。

詳しい使い方は、下の記事が参考になります。

ぜひ読んでみて下さい。

「ゆっくり実況動画」の作成には、時間と手間がめちゃくちゃかかる!

Macユーザーでも、悪いことは言わないので「ゆっくり実況動画」を作る際は、ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)(あるいは、nicotalk、aviutlなど専用ツール)の利用をオススメします。

「ゆっくり実況動画」を作ってみれば分かりますが、YMM4を使っても時間、手間がめちゃくちゃ掛かるからです。

「ゆっくり実況動画」作成の大まかな流れ

  1. ストーリーを考える。
  2. ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)にセリフを逐一打ち込む。
  3. ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)でセリフを編集する。
  4. 画像、素材等を揃える。
  5. アニメーションなどをつける。
  6. 動画書き出し(完成)。

参考に作成途中の動画を載せてみました(背景が真っ暗な動画)。

ここまでで6時間ほど費やしてステップ3「セリフ配置」を終えたところです。

動画に画像、素材等を付け加えていきますが、かなり時間を要しそうです。

おそらく、完成までさらに10時間くらい掛かりそうですね。

「ゆっくり実況動画」の作成では生産性を上げていく工夫が必要になります。

今回は、セリフ作成まわりを効率化する「台本読み込み機能」を紹介したいと思います。

台本読み込み機能があれば、考えたストーリーの下書きのまま「セリフに書き起こせたり」と動画作成がスピードアップします。

また、僕は「動画の面白さ」を左右するのは「脚本・ストーリー⇒台本への落とし込み」だと思っています。

「台本作成」の大切さも確認しながら、ぜひ使い倒していきたいオススメ機能です。

余談:PremiereProで作った「ゆっくり実況動画」
開始3分頃までPremiereProで作った「ゆっくり実況動画」

上の動画はPremiereProで作った「ゆっくり実況動画」です。

開始3分くらいまで、PremierePro、Adobe Character Animatorなどを駆使して作成しました。

最初、僕はM1 Macで「YMM4」を使えると知らなかったので「Premiere Pro」を使いました。

しかし、あまりの面倒臭さに途中で発狂してしまいました。

Adobe Premiere Proと作業環境を比較した記事もあるので参考にしてみてください。

YMM4「台本読み込み機能」の使い方!

ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)台本読み込み機能
ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)台本読み込み機能

これまでは台本読み込みをエクセルマクロで代用していた機能です。

ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)本体に正式に「台本読み込み機能」が追加されました。

台本読み込み機能を使うと「かなり時短」!

セリフ入力(逐次)

台本読み込み

  1. 立ち絵切り替え(霊夢、魔理沙など)
  2. セリフ入力
  3. セリフ配置
  4. 立ち絵切り替え(霊夢、魔理沙など)
  5. セリフ入力
  6. セリフ配置
  7. 立ち絵切り替え(霊夢、魔理沙など)
  8. ・・・
  1. 立ち絵配置(霊夢、魔理沙など)
  2. 台本読み込み
  3. セリフ配置

台本でセリフを一気に流し込せば「時短」になるのは一目瞭然ですね。

セリフ入力時に立ち絵を一々切り替えずに済みます。

台本読み込み機能の使い方

  1. 事前に台本(CSVファイル)を用意する。
  2. ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)で台本を読み込む。
  3. 後は、セリフを自由に配置していく。

台本読み込み機能は、大まかに3ステップです。

手軽ですね。説明していきます。

1.事前に台本(CSVファイル)を準備する。

【YMM4】事前に準備する台本ファイル(CSVファイル)
【YMM4】事前に準備する台本ファイル(CSVファイル)

事前に台本ファイルを用意しておきます。CSVデータなのでメモ帳でも作成できますが、エクセルで作成する方が楽です。

A列に【立ち絵】、B列に【セリフ】を入力して、CSVデータとして保存するだけです。これで、立ち絵に対応したセリフが作成されるようになります。ex.ゆっくり霊夢(立ち絵)が「ゆっくり霊夢だぜ。」と喋ります。

2.ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)で台本を読み込む。

ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)で台本を読み込む。
ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)で台本を読み込む。

ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)の「台本読み込み」から、先程の台本ファイルを指定すればセリフが読み込まれます。とても簡単ですね。

ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)で台本が読み込まれた。
ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)で台本が読み込まれた。

レイヤー00行にセリフが読み込まれました。色で識別できますが、赤色が「ゆっくり霊夢のセリフ」、黄色が「ゆっくり魔理沙のセリフ」ですね。とても分かりやすいです。

3.後は、セリフを自由に配置していく。

ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)で読み込んだセリフを配置する。
ゆっくりムービーメーカー4(YMM4)で読み込んだセリフを配置する。

読み込んだセリフを配置すれば完成です。どうでしょう?めちゃくちゃ簡単ですね。

そして、「ゆっくり実況動画」の制作がかなり効率化されます。

「ゆっくりゲーム実況」には「GeForce NOW」がオススメ!
M1 MacでもGeForce NOWならApexが起動する!
M1 MacでもGeForce NOWならApexが起動する!

GeForce NOWはめちゃくちゃ凄いです。知らない人は、とりあえず絶対に使った方がいいです。

GeForce NOWを使えば、FPSゲームのためにクソ高いゲーミングPCをわざわざ買わなくても済むからです。

さらに、Mac(M1含む)でもApexなどのWindowsゲームが起動します。

これを無料で利用できます。

GeForce NOWのメリット

  • ゲーミングPC不要!
  • M1 MacでもWindowsゲームが起動する!
  • GPUの電気代すら不要!

マシンスペックに関係なく、あらゆるゲームを快適に遊べるようになります。

自分の環境で快適になるかどうかも、無料プランがあるので確認できます。

Kyou no mentai_01_2048x
Kyou no mentai_02_2048x
Kyou no mentai_03_2048x
Kyou no mentai_04_2048x
Kyou no mentai_05_2048x
previous arrow
next arrow

脚本・ストーリーから台本を作ると良いことだらけ!

「ゆっくり実況動画」台本その1
「ゆっくり実況動画」台本その1
 「ゆっくり実況動画」台本その2
「ゆっくり実況動画」台本その2
テーマは「キャッシュレス決済について」
脚本・台本が無ければこの手の動画を作れないと思います。

脚本・ストーリーを考えて台本に落とし込む作業は「面白い動画作り」の近道です。

僕は、行き当たりばったりにならないように出来る限り脚本、台本を裏で準備するようにしています。

動画作りの初心者の方にもオススメしたいのが【脚本作り】です。

理由は、脚本時点で【面白くない動画】が分かるからです。

裏を返せば、動画の土台となる脚本・ストーリーがきちんとしていれば、よほどブレない限りは「つまらない動画」にはならないと思っています。

毎回作るのが時間的に足らない方は、最初の50本など「頭で構成が練れる」程度に慣れるまでは続けた方が良いと思います。

脚本作りは良いことだらけ

  • 面白い動画が分かる。
  • 脚本があれば、面白い動画を再現できる確率が上がる。
  • 何をすれば良いか分かるので、撮影時間、手間を省ける。
  • 途中で動画を放棄しなくなる。
  • 仕事などにも応用が効くようになる。
  • 「面白さ」を定量化できるようになる。
  • 視聴者の趣向が分かるようになる。
  • 言い回し、語彙力が身につく。

動画作成は時間が掛かるので「ホント心が折れる連続」になります。

そこで、構想を固めた脚本があるだけで、途中で投げ出さなくなります。

後、あれこれ考えなくて「頭もスッキリ」します。

また、動画作成は「熟練度」の尺度も曖昧ですが、せっかく時間を使っているので【何かを上達させたい】と考えたくなります。

脚本を作っておけば【脚本力】が身につきます。言い回し、語彙力も次第に上達していくと思います。

仕事でも脚本、ストーリー構成力を活かせます。

仕事で考えるほどでも無いですが、人生において「脚本・ストーリー構成力」を培っておけば、あらゆるシーンで【活路】を開けます。

単に、文章力としてもそうですし。後は、対話力にも応用が効くようになります。

また、物語が面白ければ、小説を出版する機会に恵まれます。

江戸川乱歩然り、村上春樹など、ふとしたきっかけから急に小説家に転生する方がいるので、無縁とは言い切れません。

ちなみに、僕は【脚本力】を身に着けた方が良いと思ったので、その道にプロが教える【脚本】に関する本を4、5冊くらい読んだと思います。

せっかくなのでオススメの書籍を紹介しておきますね。

著:ブレイク・スナイダー, 翻訳:菊池淳子
¥1,832 (2022/06/29 18:07時点 | Amazon調べ)
著:カール・イグレシアス, 翻訳:島内哲朗
¥1,121 (2022/06/30 21:45時点 | Amazon調べ)
余談:本は電子書籍で【効く読書】がオススメです。
「読み上げコンテンツ」で聴く読書

iPad、iPhoneを使っている方は、電子書籍で本を買ったほうが良いです。理由は【聴く読書】が出来るからです。

読書のストレスから解放されます。

詳しく知りたい方は、聴く読書で時短!iPhoneでKindleを簡単に無料Audible化する方法。で記事にしてますので読んでみるのをオススメします。



僕が作ったすべて無料の素材サイト「PixJam」

MOMOHUKUを見てくれてる人は、何かを作ることが好きな"クリエイター"の人たちが多いです。

そして、僕も何かを生み出すのが好きな"クリエイター"です。

"クリエイター"にとって、便利なのが「素材サイト」です。

「PixJam」は、商用利用も含めてすべて"無料"で使える「素材サイト」です。

「PixJam」はすべて無料で使える素材サイト!

  • ゆっくり実況で使う
  • イラスト制作に使う風景
  • 絵の練習用など

"無料"と断言できるのは「PixJam」を作ったのは「僕」だからです。

「PixJam」にある素材は、個人でも意識しないで気ままに利用できるように「かなり自由度の高い無料素材サイト」として利用規約をアレンジしています。

例えば、事業における販売(2次利用)も可能とするよう規約を工夫しています。規約は"くまもんの利用規約"を参考にしました。

ちなみに、くまもんの利用には熊本県に許諾申請の必要がありますが「PixJam」では不要ですよ(当たり前ですが。)。

眺めてるだけでもアイデアに繋がるようなサイト構成にしています。

ぜひ行きつけの「素材サイト」として活用してみてください。

余談:今は頑張って素材を追加中!

「PixJam」は、僕が撮影した田舎の風景画像を追加していってます。

画像、動画、イラストの素材サイトと言いながら、まだ暫くの間は動画やイラストに手が出そうにありません。

コメント

コメントする

目次
閉じる