●大人、社会人でもピアノは遅くない!ピアノ練習のやり方は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ふる
ふる

僕は大人になってからピアノをはじめました。大人になってからピアノを始めるハードルは高いと思われがちです。それは、ピアノを練習するにあたって指使いなど、どうしてもピアノの先生に教わらなければ習得できないことがあるからです。

ピアノの先生に習う方が絶対に良いと思います。

ということは、ピアノ教室に通わないとピアノは始められない?

ピアノアプリがピアノ教室代わりになるので大丈夫です。

僕が実際にピアノを始めてみて感じたことは、ピアノほど練習がしやすくて始めやすい楽器はないということです。なぜなら、インターネットにはピアノの先生に変わるアプリがあるからです。それに、今や暗黙知や職業ノウハウ、演奏の方法論までもオープンにされてます。それが、価値ある情報かどうかに関わらずにです。

この記事では、大人、社会人になってからピアノの始め方を紹介します。皆さんの参考になれば幸いです。

目次

僕がピアノを始めたキッカケ

キッカケは「作曲」です。作曲は、各パートが絡み合います。ピアノ、ボーカル、ギター、ベース、ドラムどれもが各専門領域を持っており、楽譜で共通してはいますがそれぞれ異なる言葉を使います。

ピアノは汎用楽器

ピアノを練習する理由は、ピアノが汎用楽器だからです。つまり、ピアノには区分けがなく、ソプラノ、アルト、テノール、バスすべてを演奏できます。否が応でもでも楽譜上で全体の動きを見渡すことが出来るようになるわけです(オーケストラでは指揮者が全体を見渡しますが。)。

ピアノの始め方

始め方は簡単です。アプリをインストールして、それを練習するだけです。当然キーボードだけは事前に準備して下さい。Amazonで1万円ちょい出せば、Bluetooth(無線)接続できる64鍵盤のキーボードが買えます。

注文してしまえば1日で家に届きます。僕が使っているMIDIキーボードは「KORG(コルグ)microKEY2-61 MIDIキーボード」です。打鍵感がとても軽いですし、フットパネルもありません。でも、これで十分です。

おすすめMIDIキーボード

関連記事

ピアノに詳しい方なら打鍵感で上達具合が変わるから少なくとも電子ピアノにした方が良いと言うかもしれません。ただ、始めてピアノに触る方は紹介している「KORG(コルグ)  microKEY2-61 MIDIキーボード」で十分です。なぜなら、今は始めることが第一優先だからです。数十万円する打鍵感あるピアノはその後でも遅くありません。最悪、買ったキーボードが要らなくなればメルカリで売れば良いのです(僕は使い続けますが。)。

1日あれば家がピアノ教室です。

家族がいる場合は、今日からこれで音楽一家です。子供たちも、自分がピアノを弾く姿に影響されてピアノに興味を持つことでしょう。もしかすると、近い将来、あなたが帰宅したら家からバッハやモーツアルトの美しい曲と共に、子供の成長が見られるかもしれません。そうなれば、仕事の疲れは一気に消えるかもしれません。

アプリ「ピアノマーベル」「Flowkey」でピアノ練習しましょう。

練習アプリには、ピアノマーベルを使いましょう。理由は、初心者の僕が試して一番良かったからです。

月間10万PVメディア「MOMOHUKU」を支えるツール3選

「MOMOHUKU」"月間10万PVメディア"にまで成長しました。

最近は"DX(デジタルトランスフォーメーション)"が流行りのせいか、、、「MOMOHUKUさんのWebサイトの運営ノウハウを知りたい。」とよく聞かれます。

誰もが知る東証一部の企業からも「コンサルしてほしい」と言われます。

表向きは丁重にお断りしていますが、ITコンサルなんか「ナンセンスなので絶対やらんわ」と内心では思っています。

僕がITコンサルに手を出した時は「よほど、この人はお金に困ってるんだな」と蔑んでみてもらって構いません。

後、ブログ運営に関する記事も書きません。

面倒臭いからです。

今の「DXの流れ」に一言いうなら?

興味ない。勝手にやってろ。

代わりに、このスペースでWebサイトで絶対に活用すべきツールを紹介します。

ここで紹介するツールがなければ、MOMOHUKUは「月間10万PV」にはならなかったと断言します。

ブログ運営に関する記事

貴重な情報を入れて「ブログ運営」に関する記事を過去に書きましたが、どれもアクセスが伸びませんでした。

ブログ運営に関する記事は巷に溢れ過ぎていて読み手からは全部同じ内容に見えるんだと思います。

かなり良い記事でしたが「全て非公開」にしました。

二度と公開しません。

とは言え、WPのエラー対策の記事などは上げています。



ツール①:WordPressテーマ「SWELL」なら「コンテンツ作り」に専念できる。

SWELLを使えば「コンテンツ作り」「3倍」は速くなります。

SWELLを最初から導入しましょう。

僕は「Webサイト運営が軌道に乗ったら」と考えて、100記事くらい書いたのちにSWELLを導入しましたが「最初から導入しておけばよかった」と後悔しました。

余談:Webサイトは「コンテンツファースト」

僕はWebサイトを「コンテンツファースト」で運営しています。

ちなみに「ITの専門知識をできるだけ使わない」ように心がけています。

非ITの人でも「学習コストなく運営できる仕組み」になるからです。

ITの専門知識を使うと"コスト"が発生する

  • コーディングすると"保守"が発生する。
  • 非IT系が一切触れなくなる。
  • 学習コストも発生する。

まぁ、こういう配慮をすると「舐め腐ってくる」のが非IT系ですが。

長い目で見れば「コーディング排除」は組織にとって確実に使い易いシステムになります。

まぁ「舐め腐ってくる非IT系」をきちんとシバき倒して下さい。

ツール②:レンタルサーバー「ConoHa WING」なら5分でWebサイトを構築できる。

「MOMOHUKU」は、レンタルサーバーに「ConoHa WING」を利用しています。

これから自分のオウンドメディアを立ち上げる方は「ConoHa WING」の利用をオススメします。

理由は「ConoHa WING」なら5分でサイトが立ち上がるからです。

余談:ITはシンプルさ、手軽さが正義

「コンテンツファースト」を心がけていると書きました。

同様にITは「シンプルさ、手軽さ」が正義です。

技術を軽視するわけでなく「ITにこだわると面倒臭く」なるだけだからです。

例えば

「WordPressを高速化してくれ」とITエンジニアに相談してみてください。

WordPressをGatsby.jsで静的サイト化すれば爆速化します!なんて言うITエンジニアが絶対にいます。

そのITエンジニアは続けてこう言います。

サイトは爆速化されますが「非IT系」はWebサイトに触れなくなります。

うちは「エンジニアしかいない」から良いんです。

こういう会社は「先祖帰り」したいだけです。

「自分たちにしか出来ない仕事」を増やしたいだけですね。

何より前提である「サイトが爆速化」されると言うのも絶対に達成されません。

僕のサイト「MOMOHUKU」と「Gatsby.jsを一生懸命に導入したWebサイト」でPageSpeed Insights(速度評価を比較)してみれば分かります。

ツール③:WordPressのプラグインは、とりあえず「UpdraftPlus」を入れる。

僕が尽く救われてきたプラグインを一つ上げるなら「UpdraftPlus」です。

「UpdraftPlus」だけで確実に幸せになれます。

しかも、無料です。

本当に申し訳ないことに「無料」で必要十分の機能です。

そろそろ、感謝だけの気持ちで「有料」を購入しようかと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる