【動画】ピアノマーベルで3ヶ月毎日練習してみた。自分の演奏動画をみて思うこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアノマーベルを使って、ピアノを独学しています。独学と言っていますが、実際のところはピアノマーベルがピアノ教室代わりになるので、ゼロから独学でやっているということではありません。

そして、ピアノを練習し始めてから、7月4日でちょうど3ヶ月経過しました。心の中で常に泣きながら練習してきました。それに、最近はアプリ「Yousician」でギター練習を始めてしまって、若干ピアノの練習は抜き気味でした。ピアノのやる気がなくなったわけでなく、はじめたてのせいかギターが面白いほど上達してしまって夢中になってしまいました。

それはさて置き、3ヶ月経過したので演奏動画を撮りました。動画の自分を見て思ったのは「もっと練習しよう。」ということだけです。

目次

お世辞にも「うまい」とは言えない。

自分で言うのもなんですが、正直言って、演奏中の僕はピアノをかなり上手く演奏していると思っています(若干ミスタッチがあったとしても。)。ただ、この動画を見る限りすべて勘違いだったようです。自分の感想としては

  • 指が生き生きしていない。
  • 全然楽しそうに見えない。
  • 全然うまく見えない。
  • 演奏されている音も全然だめ。

など、お世辞にもうまいとは言えないです。明らかに「弾いている時の自分の世界」と動画で見る客観的な世界に違いがありすぎて、驚きました。当の本人は、動画を見るまでは「自分はかなり弾きこなしている。」「指も思いの外、動いている。」と思っていましたが、動画で見る自分の指はその真逆で全然です。この勘違いは一体どこから来るのか、何度も言いますが自分で驚いています。

僕の頭の中ではCPU処理が100%の状態

動画を見る限り指は全然動いてないように見えますが、これでも全開で頭を使っていて言うなら、端的に言うなら「限界」です。頭の中では、次の音符、左手の和音、付点音符のリズムなどが並列処理されています。なのに、実際は何も指が動いていないという。


パソコンSHOPアーク – MSI GN-I5G36R EVANGELION e:PROJECT

これに似た勘違いの経験

これに一番近い経験は、タイピングの練習のときです。練習しだした頃のタイピングの速度は、1分間に80文字でした。それが、一ヶ月くらい練習した結果一分間に120文字ほどに速くなりました。これがブラインドタッチかと思っていたところ、友達は一分間に230文字ほどの速さでした。自分では、恐ろしくタイピングが早くなっているつもりが、客観的に見ると全然速くなかったと勘違いの経験があります。当時、一分間に200文字を越える打鍵は異次元だとおもっていましたが、結果的に一分間に300文字以上打てるようになりました。

似た経験がいくつもあります。

小学校の頃、水泳教室に通っていたので水泳にはこれでも自信がありました。ただ、期間を空けてジムに通い始めたころ、400メートルですらクロールを連続で泳ぐのは限界でした。三ヶ月くらいジムに通い、ようやく30分ずっとクロールで泳げるようになりました。体力的にはそれが限界でした。ただ、ジムに来ている人には一時間以上クロールできる人が多くいました。

その人と僕とは違うのか?

それは継続することでした。

「僕は運動神経良い方だ」と考えていましたが全くの勘違いでした。なんと、その後、控えめに言っても、僕が一時間連続でクロールできるようになるには、さらに半年以上かかりました。クロールは25メートルの都度何度も立ち止まって休憩しました。これは僕の身体能力的に無理なことなんだと思いましたが、クロールを何度も続けているうちに、日々わずかに泳げる量に変化がでました。

それから、数年毎日水泳した今では、調子がいい時は1時間で2キロ泳げるようになりました。

TSUKUMOネットショップ

3ヶ月目で「下手だからと諦めるわけにはいかない」です。

これは僕の場合ですが、僕は一回目で上手くいくなんてことは人生でありませんでした。これも同じです。仕事も忙しく、そして、「これを続けて具体的に何かが確約」されているわけでもなく辛い気持ちしかないですが、唯一貫きたいこととしては「継続したい」ということです。

必要なことは、諦めないで「続ける」こと。

僕の心境としては、大げさですが「絶望」に近いものがあります。

上の経験からして「諦めて」はダメなのだと思ってます。クロールの時は、本当に「どうやれば泳げるのか?」わかりませんでした。自分が一時間もクロールできる人間になっていることすら想像できませんでした。今の気持ちも同じで、どうやれば他の人が弾いているような指が飛び飛びに弾けるようになるのか、自分がそうなれるかは分かりませんが、継続の先にそれがあるのだと思います。

月間10万PVメディア「MOMOHUKU」を支えるツール3選

「MOMOHUKU」"月間10万PVメディア"にまで成長しました。

最近は"DX(デジタルトランスフォーメーション)"が流行りのせいか、、、「MOMOHUKUさんのWebサイトの運営ノウハウを知りたい。」とよく聞かれます。

誰もが知る東証一部の企業からも「コンサルしてほしい」と言われます。

表向きは丁重にお断りしていますが、ITコンサルなんか「ナンセンスなので絶対やらんわ」と内心では思っています。

僕がITコンサルに手を出した時は「よほど、この人はお金に困ってるんだな」と蔑んでみてもらって構いません。

今の「DXの流れ」に一言いうなら?

興味ない。勝手にやってろ。

代わりに、このスペースでWebサイトで絶対に活用すべきツールを紹介します。

ここで紹介するツールがなければ、MOMOHUKUは「月間10万PV」にはならなかったと断言します。

ツール①:WordPressテーマ「SWELL」なら「コンテンツ作り」に専念できる。

SWELLを使えば「コンテンツ作り」「3倍」は速くなります。

SWELLを最初から導入しましょう。

僕は「Webサイト運営が軌道に乗ったら」と考えて、100記事くらい書いたのちにSWELLを導入しましたが「最初から導入しておけばよかった」と後悔しました。

サイバーリンク PowerDVD

余談:Webサイトは「コンテンツファースト」

僕はWebサイトを「コンテンツファースト」で運営しています。

ちなみに「ITの専門知識をできるだけ使わない」ように心がけています。

非ITの人でも「学習コストなく運営できる仕組み」になるからです。

ITの専門知識を使うと"コスト"が発生する

  • コーディングすると"保守"が発生する。
  • 非IT系が一切触れなくなる。
  • 学習コストも発生する。

まぁ、こういう配慮をすると「舐め腐ってくる」のが非IT系ですが。

長い目で見れば「コーディング排除」は組織にとって確実に使い易いシステムになります。

まぁ「舐め腐ってくる非IT系」をきちんとシバき倒して下さい。

ツール②:レンタルサーバー「ConoHa WING」なら5分でWebサイトを構築できる。

「MOMOHUKU」は、レンタルサーバーに「ConoHa WING」を利用しています。

これから自分のオウンドメディアを立ち上げる方は「ConoHa WING」の利用をオススメします。

理由は「ConoHa WING」なら5分でサイトが立ち上がるからです。

余談:ITはシンプルさ、手軽さが正義

「コンテンツファースト」を心がけていると書きました。

同様にITは「シンプルさ、手軽さ」が正義です。

技術を軽視するわけでなく「ITにこだわると面倒臭く」なるだけだからです。

例えば

「WordPressを高速化してくれ」とITエンジニアに相談してみてください。

WordPressをGatsby.jsで静的サイト化すれば爆速化します!なんて言うITエンジニアが絶対にいます。

そのITエンジニアは続けてこう言います。

サイトは爆速化されますが「非IT系」はWebサイトに触れなくなります。

うちは「エンジニアしかいない」から良いんです。

こういう会社は「先祖帰り」したいだけです。

「自分たちにしか出来ない仕事」を増やしたいだけですね。

何より前提である「サイトが爆速化」されると言うのも絶対に達成されません。

僕のサイト「MOMOHUKU」と「Gatsby.jsを一生懸命に導入したWebサイト」でPageSpeed Insights(速度評価を比較)してみれば分かります。

ツール③:WordPressのプラグインは、とりあえず「UpdraftPlus」を入れる。

僕が尽く救われてきたプラグインを一つ上げるなら「UpdraftPlus」です。

「UpdraftPlus」だけで確実に幸せになれます。

しかも、無料です。

本当に申し訳ないことに「無料」で必要十分の機能です。

そろそろ、感謝だけの気持ちで「有料」を購入しようかと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる