●ピアノマーベルを1ヶ月1000分練習して分かることが面白い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアノマーベルには1ヶ月の練習時間を見る機能があります。記録される時間は”青いバーが動いている時間”です。バーが動いている時間=純粋にピアノを練習している時間です。

つまり、手を止めて楽譜を読んでいる時間、バーを動かさないで試し弾き練習している時間は、それが自分の中でピアノ学習だとしても記録時間外になります。かなりシビアですが、シンプルにピアノ上達法=ピアノを弾くことだと考えれば、ピアノ練習にかける時間の本質を把握することに役立つかもしれないです。それでは、2021年5月の僕の練習時間はどうだったでしょうか。

画像の通りで、1000分を達成しました。なにか起きても良い気がしますが、なにも起きませんでした。個人的には、花火など起こってほしいです。「バーが動いていない時間は練習に該当しないのか?」と気になります。

確かに、青いバーを動かしていない時間に何をやっているかと振り返ると、休憩がてらにぼーっとしていたり、楽譜を読んでいたり、スマホで調べていたりします。

目次

実は100時間も机に座っている。

1000分の裏で、僕はおそらく21年5月は100時間以上ピアノに費やしたと思います。この根拠は、iPadのスクリーンタイムでアプリそのものの稼働時間が分かるため、ピアノマーベルの稼働時間=机に向かっていた時間になります。これだと、100時間ほどあります。

100時間は、6000分なので6分の1の効率。効率だけ考えると非効率な気がします。残りの6分の5の時間(5000分)は、ぼーっとしていたりするのですから。疲れによる休憩時間も含まれるので5000分をただ捨てている訳ではないですが、5000分が勿体ない気がします。ただ、小節を短く切ったり自分で弾きたい箇所を限定した練習は青いバーが動いていても記録されません。

I_AM_NOT_5s asymmetry desigh tops BLK 689_2048x
I_AM_NOT_side aki gather one piece yellow_856_2048x
previous arrow
next arrow

ピアノを効率的に学習するには

青いバーが動いている時間を増やせば良いことに気づきます。当然、ピアノを弾くことが大前提です。なので、来月からは根詰めすぎない程度に、ダラダラしないということが大切になります。ダラダラして楽になっていても、そのせいで5000分(約83時間)も無駄にしていることになるなら、ダラダラせずに机に向かう時間を3000分(50時間)として、ピアノマーベルの1000分を達成することを目指す方が良いことにも気づきました。

改善策を考えてみる。

面白いのは、ダラダラすることで本来自由になっていた時間も消費していることに気づいたことです。つまり、理想だけ言えば、ダラダラせずにやってしまってから浮いた時間を休憩に当てる方が効率的と思います。これは、禁煙している人がタバコを吸った時に「頭が冴える」と錯覚するようなもので、ダラダラして目先で疲れが取れたと錯覚しても、結果的により多くの疲れを取りにいっているようにも思います。

疲れが溜まっているときにダラダラする際はスマホに触らない。スマホに触ると休憩が長引くように思います。また、難しい楽譜がきて「弾きたくないな」と考えている時が、一番ダラダラするシーンかもしれません。ただ、実際弾いてみると「意外と簡単に弾けた」となるときがあります。このあたりの食わず嫌い感を直すのも、今後の自分の課題です。

月間10万PVメディア「MOMOHUKU」を支えるツール3選

「MOMOHUKU」"月間10万PVメディア"にまで成長しました。

最近は"DX(デジタルトランスフォーメーション)"が流行りのせいか、、、「MOMOHUKUさんのWebサイトの運営ノウハウを知りたい。」とよく聞かれます。

誰もが知る東証一部の企業からも「コンサルしてほしい」と言われます。

表向きは丁重にお断りしていますが、ITコンサルなんか「ナンセンスなので絶対やらんわ」と内心では思っています。

僕がITコンサルに手を出した時は「よほど、この人はお金に困ってるんだな」と蔑んでみてもらって構いません。

後、ブログ運営に関する記事も書きません。

面倒臭いからです。

今の「DXの流れ」に一言いうなら?

興味ない。勝手にやってろ。

代わりに、このスペースでWebサイトで絶対に活用すべきツールを紹介します。

ここで紹介するツールがなければ、MOMOHUKUは「月間10万PV」にはならなかったと断言します。

ブログ運営に関する記事

貴重な情報を入れて「ブログ運営」に関する記事を過去に書きましたが、どれもアクセスが伸びませんでした。

ブログ運営に関する記事は巷に溢れ過ぎていて読み手からは全部同じ内容に見えるんだと思います。

かなり良い記事でしたが「全て非公開」にしました。

二度と公開しません。

とは言え、WPのエラー対策の記事などは上げています。

ツール①:WordPressテーマ「SWELL」なら「コンテンツ作り」に専念できる。

SWELLを使えば「コンテンツ作り」「3倍」は速くなります。

SWELLを最初から導入しましょう。

僕は「Webサイト運営が軌道に乗ったら」と考えて、100記事くらい書いたのちにSWELLを導入しましたが「最初から導入しておけばよかった」と後悔しました。

余談:Webサイトは「コンテンツファースト」

僕はWebサイトを「コンテンツファースト」で運営しています。

ちなみに「ITの専門知識をできるだけ使わない」ように心がけています。

非ITの人でも「学習コストなく運営できる仕組み」になるからです。

ITの専門知識を使うと"コスト"が発生する

  • コーディングすると"保守"が発生する。
  • 非IT系が一切触れなくなる。
  • 学習コストも発生する。

まぁ、こういう配慮をすると「舐め腐ってくる」のが非IT系ですが。

長い目で見れば「コーディング排除」は組織にとって確実に使い易いシステムになります。

まぁ「舐め腐ってくる非IT系」をきちんとシバき倒して下さい。

ツール②:レンタルサーバー「ConoHa WING」なら5分でWebサイトを構築できる。

「MOMOHUKU」は、レンタルサーバーに「ConoHa WING」を利用しています。

これから自分のオウンドメディアを立ち上げる方は「ConoHa WING」の利用をオススメします。

理由は「ConoHa WING」なら5分でサイトが立ち上がるからです。

余談:ITはシンプルさ、手軽さが正義

「コンテンツファースト」を心がけていると書きました。

同様にITは「シンプルさ、手軽さ」が正義です。

技術を軽視するわけでなく「ITにこだわると面倒臭く」なるだけだからです。

例えば

「WordPressを高速化してくれ」とITエンジニアに相談してみてください。

WordPressをGatsby.jsで静的サイト化すれば爆速化します!なんて言うITエンジニアが絶対にいます。

そのITエンジニアは続けてこう言います。

サイトは爆速化されますが「非IT系」はWebサイトに触れなくなります。

うちは「エンジニアしかいない」から良いんです。

こういう会社は「先祖帰り」したいだけです。

「自分たちにしか出来ない仕事」を増やしたいだけですね。

何より前提である「サイトが爆速化」されると言うのも絶対に達成されません。

僕のサイト「MOMOHUKU」と「Gatsby.jsを一生懸命に導入したWebサイト」でPageSpeed Insights(速度評価を比較)してみれば分かります。

ツール③:WordPressのプラグインは、とりあえず「UpdraftPlus」を入れる。

僕が尽く救われてきたプラグインを一つ上げるなら「UpdraftPlus」です。

「UpdraftPlus」だけで確実に幸せになれます。

しかも、無料です。

本当に申し訳ないことに「無料」で必要十分の機能です。

そろそろ、感謝だけの気持ちで「有料」を購入しようかと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる