【無料】M1・M2 Mac 仮想化ソフト「UTM」でWindows 11 の使い方!

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ふる
ふる

こんにちは!「ふる(プロフィール詳細)」です。 

 

記事は信頼性ある内容を心がけています。

  • IT専門
  • 宅建士、行政書士資格保有
  • 体組成計"プロアスリート"認定

@na65125038

MOMOHUKU(ふる)
 

MOMOHUKU - にほんブログ村

この記事では「きちんとネット接続するまで(SPICE Guest Tools インストール)」を解説をしています。意外とネット接続まで解説している記事はないので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事はM1・M2 Mac向けの記事です。Intel Macはこちらを参考にしてください。

仮想化ソフト「UTM」なら、Intel Macでも、M1・M2 Macでも無料でWindows 11 が使えます。Macで使える仮想化ソフトには色々ありますが、Windows 11を使うのであれば下記の選択肢に絞られます。

Macで使えるWindows11仮想化ソフト、、、

  • UTM(無料)
  • VMware(有料) or VMware Fusion for Apple Silicon Tech Preview(無料)
  • Parallels®︎ Desktop 18 for Mac(有料)

え、Boot Campは?Boot Campならアップル純正で無料でしょ?って思った方は多いと思います。

これだけは覚えておいた方が良いですが、今後、特にBoot Campは仮想ソフトの選択肢になりません。

Boot CampはWindows11には対応していないからです。また、M1・M2 Macでも使えません。そして、Boot Campはおそらく今後サポート終了です(すでに実質サポート終了しています。)。

本記事では「UTM」の使い方を解説していきます。

仮想化ソフトで使い心地の結論

①Parallels®︎ Desktop 18 for Mac > ②VMware Fusion for Apple Silicon Tech Preview > ③UTM

仮想化ソフトのまとめ記事もあります!ぜひ参考にしてみてください!

目次

無料で使えるMac仮想化ソフト「UTM」

無料で使えるMac仮想化ソフト「UTM」で起動させたWindows 11
無料で使えるMac仮想化ソフト「UTM」で起動させたWindows 11

「UTM」なら、Intel Mac、M1・M2 Macでも無料でWindows 11を使えます。

一応、僕は仮想化ソフトの記事を書くためにUTM、VMware、Parallels®︎ Desktop 18 for Macと全部使いましたが、UTMでも普通にWindows11が起動して驚きました。

UTMを使用した感想

  • 普通にWindows 11 を使える
  • インストールが少しだけ手間(レジストリを弄る)
  • ホストとゲストの連携が弱い
  • 手軽に使いたい人向け

UTM を使用した感想としては、普通にWindows 11 を使えます。※決して使いづらくありません。

後、UTMはインストールでレジストリをいじるのが面倒臭いです(下記で解説しています。)。原因は仮想TPMモジュールがないからですが。

これに対して、無料で使える「VMware Fusion for Apple Silicon Tech Preview」はインストール時にレジストリをいじりません。他にも日本語入力まわりでも「VMware」の方が使いやすかったです。

なので、使い心地を下記順位づけにしました。

①Parallels®︎ Desktop 18 for Mac > ②VMware Fusion for Apple Silicon Tech Preview > ③UTM

確実に言えるのは、インストールのしやすさと言い、使いやすさは「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」には及びません。

インストールの手間で言えば

  • UTM:1時間
  • Parallels®︎ Desktop 18 for Mac:5分

本当にこれだけ変わります。

全力で比較はしていませんが、安定感もやはりParallels®︎ Desktop 18 for Macが抜きん出てるのは確実です。まぁ有料なので、そりゃあそうです。

UTMとParallels®︎ Desktop 18 for Macを比較

記事作成中

Amazon 最新ランキング(プライムビデオ)

UTM をダウンロード

Mac 仮想化ソフト「UTM」を無料ダウンロード
Mac 仮想化ソフト「UTM」を無料ダウンロード

先ずは「UTM」アプリケーションをダウンロードします。Download(無料)、Mac App Store($9.99)のどちらかを選んでダウンロードします。

どういう意図があるのか?

Mac App Storeの「UTM」は有料$9.99です。お金を払っても良いという人向けなのでしょうか。僕は「Download」から無料版の「UTM」をダウンロードしました。

Amazon 最新ランキング(フィギュア)

Amazon最新ランキング(コミック)

MacにUTM をインストール

Mac 仮想化ソフト「UTM」をインストール
Mac 仮想化ソフト「UTM」をインストール

Macでお馴染みのインストール画面です。そのままUTMアイコンをドラッグ&ドロップすればインストール完了です。



UUP dump でWindows 11 ディスクイメージ (ISO) を入手する

Windows11 ARM64ビルド版
Windows11 ARM64ビルド版

本家Microsoftでは、どういうわけか?Windows11 ARM64ビルド版のISOイメージが配布されていません(Windows11 x64 ビルド版は配布されているのに。)。なのでUUP dump なんていう糞サイトを紹介しています。UUP dump の使用には注意してください。

M1・M2 Macの場合は、必要なISOイメージは、Windows11 ARM64ビルド版になります。

なので、ほぼ100%UUP dump からの入手になるかと思います。

UUP dump

  • Windows11 ARMビルド版 ISOイメージ

Microsoft

  • Windows11 x64ビルド版 ISOイメージ
  • Windows 11 on Arm Insider Preview(評価版)ISOイメージ

UUP dump を使うケースは“Windows11 ARM64ビルド版のダウンロードだけ”です。

“仕方ない”からUUP dump を使う程度です。

UUP dump でISOイメージを入手するには、自分でスクリプトをわざわざ実行させたりと、セキュリティ的にも怪しいサイトだからです。本家Microsoftには、さっさとこんな糞サイトを駆逐してもらいたいです。

UUP dump からISOイメージを方法

Amazon 最新ランキング(ゲーム)

Amazon 最新ランキング(ゲーム)

UTM でVM(仮想マシン)を作成する

「Create a New Virtual Machine」を押します。

「Virtualize」を押します。

「Import VHDX Image」のチェックを外します。

「Browse」からISOイメージを選びます。

UUP dump から入手したWindows11 ARM64ビルド版のISOイメージを選択します。

念の為、選択したISOイメージを確認します。

そのまま「Continue」を押します。メモリは後からでも変更できます。

そのまま「Continue」を押します。ストレージも後から変更できます。

ホストOSとゲストOSの共有フォルダの指定です。

今回は試しにホストOSとゲストOSの共有フォルダを「ダウンロードフォルダ」にしました。

最後に「Save」を押して仮想マシンの作成は完了します。

Windows 11 の仮想マシンが作成できました。

Amazon最新ランキング(コミック)

サイバーリンク PowerDVD

UTM にWindows 11をインストール

しばらく待ちます。

「Press any key to boot from CD or DVD … 」と表示されたら何らかキーを押してください。意外と表示が短いので注意してください。

エンターなりキーを押すとインストールメディア(ISOイメージ)が読み込まれます。

「次へ」を押します。

「今すぐインストール」を押します。

しばらく待ちます。

「プロダクトキーがありません」を押します。

Windows 11 Professionalをインストールします。ちなみに、Windows 11 Core は、Windows 11 Homeです。

Windows 11 Professionalでインストールする理由は、リモートデスクトップ接続などが使えるからです。Windowsマシンのリモートデスクトップ接続は、外出先から家のマシンを使えてかなり便利なので覚えておきましょう。

「次へ」を押します。

分かりづらいですが、新規インストールの場合は「カスタム:Windows のみをインストールする」を押します

「次へ」を押します。

Windows 11 をインストールしているので待ちます。

再起動のボタンが表示されますが、そのまま待っていてもWindows 11 が起動します。

Windows 11 が起動します。

「Press any key to boot from CD or DVD … 」と表示されますが、Windows 11 が読み込まれるので何も押さなくて大丈夫です。

起動中です。

しばらく待ちます。

Windows 11 のロゴが表示されます。

「はい」を押します。

「はい」を押します。

「スキップ」を押します。

「インターネットに接続していません」を押します。

「制限された設定で続行」を押します。

ユーザーを入力します。僕は「utm」としました。入力したら「次へ」を押します。

パスワードを入力します。僕は分かりやすいのでユーザーと同じ「utm」にしました。入力したら「次へ」を押します。

パスワードを確認します。入力したら「次へ」を押します。

セキュリティの質問1/3です。質問にはリアルで答えています。入力したら「次へ」を押します。

セキュリティの質問2/3です。僕の出身地は大阪府池田市です。質問にはリアルで答えています。入力したら「次へ」を押します。

セキュリティの質問3/3です。僕のニックネームは「ふる」です。質問にはリアルで答えています。入力したら「次へ」を押します。

「同意」を押します。

そのまましばらく待ちます。

無事にWindows 11 が起動します。

ネットワークの接続には「SPICE Guest Tools」をインストールする

UTM で Windows 11 をインストールしてもネットワークに接続されていません。これは、ネットワーク関連のドライバイがインストールされていないのが原因です。

ネットワーク関連のドライバーには、SPICE Guest Toolsのインストールが必要です。なので、先ずはSPICE Guest Toolsをダウンロードしましょう。

1. SPICE Guest Tools ダウンロード

先ず、SPICE Guest Tools をダウンロードします。

SPICE Guest Toolsのダウンロードリンクはかなり分かりづらい場所にあります。僕はここを見つけるのに一時間くらい費やしました。

2. SPICE Guest Tools インストール

SPICE Guest Toolsのインストールはクリックだけで完了します。

SPICE Guest ToolsのISOイメージ(spice-guest-tools-0.164.4.iso)を仮想マシンのドライブに挿入します。ウィンドウ枠のドライブアイコンをクリックすればドライブに挿入できます。

ISOイメージ(spice-guest-tools-0.164.4.iso)を読み込んだら、仮想マシン上に通知がきます。

エクスプローラーで開きます。

spice-guest-tools-0.164をダブルクリックします。

「はい」を押します。

「Next」を押します。

「I Agree」を押します。

しばらく待ちます。

再起動して良いようなら「Reboot now」を選択して、「Finish」を押しましょう。

しばらく待ちます。

ネットワークが接続済みになっています。

念の為、ネットワーク設定を開いても「インターネットに接続されています」と表示されています。

以上で完了です。



UTM トラブルシューティング

①「このPCではWindows 11 を実行できません」で必ずつまずく。

Windows 11 のインストール時には、必ず「このPCではWindows 11 を実行できません」が表示されてインストールにつまずきます。

これの解決策はTPMとセキュアブートを回避するようレジストリエディター(regedit)を書き換えます。

TPMとセキュアブートを回避するためには、先ずは「UTM」で再起動をします。上のウィンドウ枠にある「◁」を押せばできます。。

その後「OK」を押しましょう。

② SPICE Guest Tools をどこからダウンロードすれば良いのか分からない

SPICE Guest Tools をインストールしてくれと散々言われますが、SPICE Guest Toolsをどこからダウンロードするのか分かりません。案内されるリンクを辿ってもダウンロードリンクに辿りつけないからです。

SPICE Guest Toolsのダウンロードリンクはかなり分かりづらい場所にあります。僕はここを見つけるのに一時間くらい費やしました。

③ UTM のWindows 11 でネットに接続できない!

【記事PR】FPSゲームで「足音」を聴こえ易くする方法

高いゲーミングヘッドホン・イヤホンを買いたくなる理由は「音質を良くしたい」、つまり足音が「音質の良し悪し」に関係があると何となく考えるからです。

上の動画は「VALORANTの頭部伝達関数(HRTF)のデモ」です。

ヘッドセット・イヤホンをつけなくても敵が遠くにいるか、近くにいるか把握できます。

「ゲーミングヘッドホン・イヤホンの値段は足音の把握に重要じゃない」んです。

ただ、FPSゲームのオーディオ環境で「何を良くすればいいのか」は分かりづらいです。

用語はキリがない!

  • HRTF
  • DTS Headphone:X
  • バイノーラルサウンド
  • 立体音響
  • 3D音響
  • 5.1ch
  • 7.1ch
  • バーチャルサラウンド

見ても分かる通り、音響機器は腐るほど溢れていて、ヘッドホン・イヤホンなどの製品でも技術用語が異なります。

下の記事を5分読めば、VALORANTやApexなどFPSゲームで「足音を聴きやすくする」ために、何をすれば良いのかすべて分かるようになります。





すべて無料の素材サイト「PixJam」

京都らしいお店
京都の画像を追加中

MOMOHUKUを見てくれてる人は、何かを作ることが好きな"クリエイター"の人たちが多いです。

そして、僕も何かを生み出すのが好きな"クリエイター"です。

"クリエイター"にとって、便利なのが「素材サイト」です。

「PixJam」は、商用利用も含めてすべて"無料"で使える「素材サイト」です。

「PixJam」はすべて無料で使える素材サイト!

  • ゆっくり実況で使う
  • イラスト制作に使う風景
  • 絵の練習用など

"無料"と断言できるのは「PixJam」を作ったのは「僕」だからです。

「PixJam」にある素材は、個人でも意識しないで気ままに利用できるように「かなり自由度の高い無料素材サイト」として利用規約をアレンジしています。

例えば、事業における販売(2次利用)も可能とするよう規約を工夫しています。

眺めてるだけでもアイデアに繋がるようなサイト構成にしています。

ぜひ、活用してみてください。

余談:今は頑張って素材を追加中!

「PixJam」は、僕が撮影した田舎の風景画像を追加していってます。

画像、動画、イラストの素材サイトと言いながら、まだ暫くの間は動画やイラストに手が出そうにありません。



コメント

コメントする

目次