【解決】「このpcではwindows 11 を実行できません」はTPMとセキュアブートが原因!

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ふる
ふる

こんにちは!「ふる(プロフィール詳細)」です。 

 

記事は信頼性ある内容を心がけています。

  • IT専門
  • 宅建士、行政書士資格保有
  • 体組成計"プロアスリート"認定

@na65125038

MOMOHUKU(ふる)
 

MOMOHUKU - にほんブログ村

「このPCではWindows 11 を実行できません」は、そのマシンにWindows11をインストール出来ない≒Windows 11を使えないかなり厄介なエラーです。

特に、M1・M2 Macで仮想マシンを構築する際に、「このPCではWindows 11 を実行できません」というエラーに高確率で出くわします。

M1・M2 MacはTPMなどWindows11のハード要件に不足するからです。

Windowsマシンでも古いとTPMモジュールが組み込まれていなかったりするので、Windows11へのアップグレードの際に、このエラーでつまずきます。

この記事では、そんなとても困る「このPCではWindows 11 を実行できません」の解決策をを紹介します。

目次

「このpcではwindows 11 を実行できません」の解決策

「このPCではWindows 11 を実行できません」はTPMとセキュアブートのハードウェア要件でチェックに引っ掛かるのが原因です。

なので、特に仮想マシンのようなハード面で解決できない場合、それをレジストリエディターで書き換えて回避すれば解決できます。

解決手順

  • ① レジストリエディター起動
  • ② DWORD「BypassTPMCheck」作成
  • ③ DWORD「BypassSecureBootCheck」作成
  • ④ 再起動せずにWindows11をインストール

上記④手順で解決できます。

意外と解決は簡単なので、ぜひ参考にしてみください。

①レジストリエディター(regedit)を起動する

shift+fn+f10

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup

②DWORD「BypassTPMCheck」を作成する

BypassTPMCheckを作成します。

空欄箇所で①右クリック⇒新規、②DWORD(32ビット)をクリックします。

名前が「新しい値#1」になっているので、それを「BypassTPMCheck」にします。

「BypassTPMCheck」になっていればオッケーです。

「BypassTPMCheck」をダブルクリックして値を(0)⇒(1)に変更します。

値が【0】なので【1】にします。

【1】にしたら「OK」を押します。

BypassTPMCheckのデータが【1】になったら、同様の手順で次は「BypassSecureBootCheck」を作成します。

③DWORD「BypassSecureBootCheck」を作成する

BypassSecureBootCheckを作成します。

「BypassTPMCheck」の時と同じように、空欄箇所で①右クリック⇒新規、②DWORD(32ビット)をクリックします。

「新しい値#1」を「BypassSecureBootCheck」にします。

「BypassSecureBootCheck」にしました。次はデータを(0)⇒(1)にしていきます。

「BypassSecureBootCheck」のデータを(0)⇒(1)にするため、欄をダブルクリックします。

BypassSecureBootCheckの値を【1】にします。

そのまま「OK」を押します。

最後に、BypassTPMCheck、BypassSecureBootCheckのデータ欄が【1】になっていることを確認しましょう。これでBypassTPMCheckとBypassSecureBootCheckの設定は完了です。

④ 再起動せずにWindows11をインストール

ここで注意するのは「再起動しないこと」です。再起動せずに正常終了させるには「ファイル」⇒「レジストリエディターの終了」を選びます。

コマンドプロンプト(cmd.exe)は「exit」と入力してEnterで抜けれます。

レジストリエディター(regedit)起動前の最初の画面に戻るので、ここからWindows11のインストールをしていきます。そのまま「次へ」を押せば大丈夫です。

その後「このPCではWindows 11 を実行できません」にはならずに、Windows11のインストール画面に遷移するはずです。



【記事PR】M1・M2 MacでWindowsを使うなら「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」14日間無料トライアル!

クリック数回でMac(M1・M2含む)上にWindows環境が構築できる!
クリック数回でMac(M1・M2含む)上にWindows環境が構築できる!
Parallels®︎ Desktop 18 for Mac 14日間無料トライアル!

Apple純正のWindows仮想環境ソフト「Boot Camp」は、M1・M2 Macでは動作しません。※Intel搭載のMacでのみ動作します。

M1・M2 Macで「Windows」を使うなら、対応するソフトは「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」のみです。

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」は、アカウント登録せずに無料トライアル版(14日間無料)をダウンロードできます。

今すぐ試すことが出来るようになっています。

アカウントを作成しないで14日間無料トライアルできるので、ぜひ試してみてください。

Parallels®︎ Desktop 17 for Macの使い方!

Amazon 最新ランキング(フィギュア)

「Bizarre」ゲームストリーミングチーム!

Bizarreメンバー:明楽十愛

「Bizarre」への参加・脱退は「Twitterのブロック解除」なみに簡単です。
「Bizarre」よくあるご質問も読んで見て下さい。



コメント

コメントする

目次