MENU



M1・M2 Macに便利!Anker PowerExpandハブをレビュー!

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ふる
ふる

こんにちは!「ふる(プロフィール詳細)」です。 

 

記事は信頼性ある内容を心がけています。

  • IT専門
  • 宅建士、行政書士資格保有
  • 体組成計"プロアスリート"認定

@na65125038

MOMOHUKU(ふる)
 

MOMOHUKU - にほんブログ村

先日ようやくM1 MacBookAir2020が届きました。ここ一年間まともに動くマシンに触れていなかったので、開封して動作確認した時の快適さに発狂しました。

M1・M2 MacBookAirは薄っぺらさに反して、画像・動画編集、さらにDTMまで快適になんでも出来ます。

M1・M2 MacBookAirで出来ないのはFPSゲームくらいです。これで毎日ブログ更新は出来そうです。

MacBookAirにはUSB-Cが2つしかないのが難点

MacBookAirに一眼レフで撮影した画像すら取り込めず困りました。MacBookAirには、撮った写真や動画の取込みのためのUSBハブが必須です。

この記事では、M1・M2 MacBookAirにぜひオススメしたいイーサネットハブ「Anker PowerExpand 6-in-1 USB-C」を紹介します。

目次

「Anker PowerExpand 6-in-1 USB-C」ハブ

「Anker PowerExpand 6-in-1 USB-C」はイーサネット(有線LAN)接続できるUSB-Cハブです。

「Anker PowerExpand 6-in-1 USB-C」は、しっかりした作りで高級感ある見た目です。手に持った感じは、ちゃちさを感じない絶妙な重さです。

PCのアクセサリーで大切なのは耐久性では無いでしょうか。Ankerの製品は「互換性や耐久性」に優れています。「Anker PowerExpand 6-in-1 USB-C」は、ケーブルが偏組チューブで覆われており断線故障の心配がありません。

何気なく使っているとケーブルのへたってきて認識が悪くなりますが、「Anker PowerExpand 6-in-1 USB-C」は元よりAnker製のアクセサリーは品質がよく安心して使うことができます。また、USB2.0、USB3.0も問題なく認識するので、互換性に不安はありません。

購入はこちら

Apple製品と相性が良いAnkerのデザイン。

Ankerの良さはAppleと相性が良いことです。Apple製品のデザインが良いばかりに、どうしてもデザインに統一感を持たせたい気持ちは皆さんにも分かると思います。

M1・M2 MacBookAirと「Anker PowerExpand 6-in-1 USB-C」のデザインには、違和感がありません。

MacBookAirのシンプルさを損なうことなく「Anker PowerExpand 6-in-1 USB-C」ハブとの一体感すらあります。

Revopoint

MacBookAirにイーサネット(有線LAN)接続できる。

MacBookAirはwifi環境下ですっきりしたデスクワークが理想ですが、動画ファイルのアップロード、ダウンロードなどは、安定した有線LAN環境下で作業した方が効率的です。

高速・安定のイーサネット接続

例えば、編集した動画をYoutubeにアップロードする際は、有線LANに接続すれば作業効率が上がります。

「Anker PowerExpand 6-in-1 USB-C」があれば必要十分です。充電しながらUSB-Cポートを別用途で利用することができます。「Anker PowerExpand 6-in-1 USB-C」には下記ポートがあります。

  • イーサネットポート
  • 5GbpsのUSB3.0×3
  • 給電用USB-C Power Delivery×1
  • HDMIポート×1

Wondershare



Amazon 最新ランキング(プライムビデオ)

DTM用途ではUSB接続が必須です。

M1 MacBookAir2020の利用は、基本ハブなどは接続せずに利用するのが本分でしょうが、僕のようにDTM用途を想定する場合は、USB-Cハブによる拡張は必須になります。

理由は、DAWをはじめに利用する音楽ソフトの認証には、USB認証を利用するからです。この認証方式は煩わしく、オンライン認証等で済ませてもらいたいのですが、仕方なく我慢しながら利用します。他にも、オーディオI/Oの利用にも旧来のUSBポートを使うため、やはりハブが必要になるわけです。

写真の通り、オーディオI/OをUSB2.0で接続しています。本ハブを経由して問題なくM1 MacBookAir2020上で認識します。



Macに合わせて「Anker PowerExpand 6-in-1 USB-C」一本買うと安心です。

写真の取り込みにはwifi経由での取り込みも可能ですが、やはりUSB接続で取り込めた方が便利なシーンがあります。大容量になる動画ファイルのアップロードには、有線LAN接続がマストです。wifi経由よりも安定に高速にアップロードできるためです。

このようなシーンにおいて「Anker PowerExpand 6-in-1 USB-C」は、いざというときに役立ちます。また、Anker製の頑丈さは信頼できます。Apple製品とのデザインも違和感がありません。USB-Cハブとして「Anker PowerExpand 6-in-1 USB-C」を一本もっておけば、間違いないと言えます。

購入はこちら



5%OFF特別クーポンコード:2GAME5

Amazon最新ランキング(コミック)

【記事PR】FPSゲームで「足音」を聴こえ易くする方法

高いゲーミングヘッドホン・イヤホンを買いたくなる理由は「音質を良くしたい」、つまり足音が「音質の良し悪し」に関係があると何となく考えるからです。

上の動画は「VALORANTの頭部伝達関数(HRTF)のデモ」です。

ヘッドセット・イヤホンをつけなくても敵が遠くにいるか、近くにいるか把握できます。

「ゲーミングヘッドホン・イヤホンの値段は足音の把握に重要じゃない」んです。

ただ、FPSゲームのオーディオ環境で「何を良くすればいいのか」は分かりづらいです。

用語はキリがない!

  • HRTF
  • DTS Headphone:X
  • バイノーラルサウンド
  • 立体音響
  • 3D音響
  • 5.1ch
  • 7.1ch
  • バーチャルサラウンド

見ても分かる通り、音響機器は腐るほど溢れていて、ヘッドホン・イヤホンなどの製品でも技術用語が異なります。

下の記事を5分読めば、VALORANTやApexなどFPSゲームで「足音を聴きやすくする」ために、何をすれば良いのかすべて分かるようになります。

Amazon 最新ランキング(ゲーム)

Amazon最新ランキング(コミック)

すべて無料の素材サイト「PixJam」

京都らしいお店
京都の画像を追加中

MOMOHUKUを見てくれてる人は、何かを作ることが好きな"クリエイター"の人たちが多いです。

そして、僕も何かを生み出すのが好きな"クリエイター"です。

"クリエイター"にとって、便利なのが「素材サイト」です。

「PixJam」は、商用利用も含めてすべて"無料"で使える「素材サイト」です。

「PixJam」はすべて無料で使える素材サイト!

  • ゆっくり実況で使う
  • イラスト制作に使う風景
  • 絵の練習用など

"無料"と断言できるのは「PixJam」を作ったのは「僕」だからです。

「PixJam」にある素材は、個人でも意識しないで気ままに利用できるように「かなり自由度の高い無料素材サイト」として利用規約をアレンジしています。

例えば、事業における販売(2次利用)も可能とするよう規約を工夫しています。

眺めてるだけでもアイデアに繋がるようなサイト構成にしています。

ぜひ、活用してみてください。

余談:今は頑張って素材を追加中!

「PixJam」は、僕が撮影した田舎の風景画像を追加していってます。

画像、動画、イラストの素材サイトと言いながら、まだ暫くの間は動画やイラストに手が出そうにありません。

コメント

コメントする

目次