【20万円 春の感謝セール】マウス G-Tune HM-B-3060Ti を徹底レビュー

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
G-Tune HM-B-3060Ti
20万円春の感謝セール!
ふる
ふる

こんにちは!「ふる(プロフィール詳細)」です。 

 

記事は信頼性ある内容を心がけています。

  • IT専門
  • 宅建士、行政書士資格保有
  • 体組成計"プロアスリート"認定

@na65125038

MOMOHUKU(ふる)
 

MOMOHUKU - にほんブログ村

マウスコンピューターで一番の売れ筋は「G-Tune HM-B」です。パーツに精通している自作PCerの僕から見ても「損」がないモデルだと思います。

そんな「G-Tune HM-B-3060Ti」が、春の感謝セールで20万円でセール中です!

G-Tune HM-B には

G-Tune HM-Bには3060グラボと3060Tiグラボが販売されています。「3060Ti」の方が「3060」よりハイスペックなので、この大決算セールでは、必ず「3060Ti」を買うようにしましょう。

さて、この記事では「G-Tune HM-B-3060Ti」の性能をレビューしていきます。ただ、本当に知りたいのは値段とPC性能が適正かどうかでは無いでしょうか?

そんな方向けに「同じスペックで自作PCした場合の価格も比較」してみます。

結論を先に言うと

目次

マウスコンピューター「G-Tune HM-B-3060Ti」は、初心者に一押しのゲーミングPC!

G-Tune HM-B-3060Tiの外観
G-Tune HM-B-3060Tiの外観

マウスコンピューター「G-Tune HM-B-3060Ti」を一言で言えば「初心者にイチオシのゲーミングPC」です。ただ、初心者向けに安全な構成(冷却性や電源容量)になっています。

「G-Tune HM-B-3060Ti」は、自作PCerの僕から見ても無駄がなく価格は安いです。

他に、ドスパラ、パソコン工房などBTOメーカーがありますが、メーカーごとに特徴があります。BTOメーカーを比較しておきましょう。

BTOメーカー比較

ドスパラパソコン工房マウスコンピューター
価格安い高い ※以前は安かった比較的安い
初期構成カスタマイズ前提バランス良い構成バランス良い構成
特徴カスタマイズ前提。特に排熱周りを強化しないと故障しやすいPC構成になり易い。初期構成で完成されている。カスタマイズは好みで。初心者向けに安心して使える構成。ただ「ハイスペック」を売りにするアンバランスさがあったりする。
ターゲット中上級者向け大半がコラボPCのため好みが分かれる。圧倒的に選び易くて初心者向け。

初見価格ではドスパラが一番安いですが、それは高確率で追加料金が掛かる「カスタム前提価格」だからです。ドスパラの場合、初期構成に飛びつくと「故障し易い構成」になっていたりします。特に、冷却と電源容量のカスタム要否はチェックが必要です。

BTOでパソコンを買う場合は、価格よりも構成のバランスを考慮した方が良いです。そのため、この記事では「きちんとパーツ構成を精査している」ので参考にしてみてください。



結局、BTOパソコンと自作PCのどちらが良いのか?

G-Tune HM-B-3060Ti
G-Tune HM-B-3060Ti

スペック精査・比較に入る前に「パソコン自作」も視野に入れてもらいたいので記載します。何度も議論されている「BTOパソコン」と「自作PC」のどっちが良いか議論です。

世間一般では「BTOパソコンが良い」と「BTO」と「自作PC」にコスパ的な差はないという意見が多いですが、僕の意見は違います。

僕は「自作PC」の方が明らかにコスパが良いと断言します。下で自作時のパーツ構成と比較しますが、パソコンを自作すれば少なくても1万円以上安上がりでハイスペックになります。

余談:「3060Tiグラボ」の自作PCで5万以上安上がりになった例

パソコン工房の「3060Tiグラボ」のBTOパソコンとの比較なら、自作する方が5万以上安上がりで「ハイスペック」に仕上がります。その比較記事もあるので、読んでみてください。

当然、BTOパソコンにはBTOなりの良さがあります。BTOパソコンは「初心者に優しく」「何より時短」なのが良い点です。

また、「BTO」と「自作」での違いが一番出るのはパソコン故障時です。故障修理はパソコンに詳しければ自分で出来ますが、詳しくない場合は「BTOメーカー」に頼る方が無難です。

BTOパソコンと自作PCの長所・短所

BTOパソコン自作PC
長所・自分でパーツ選び、組み立てしない(時短)
・自分で修理しなくて良い(時短)
・安く済む
・自分でパーツを選ぶので、PCの耐故障、耐久性が上がる
・自分で修理できる(※)
短所・全部BTOメーカー頼みになるので費用がかさむ。
・CPUとグラボがアンバランスになりやすい。
・PCの耐久性が落ち易い。
・パーツ選び、組み立てに時間がかかる
・自分で修理する(※)
一言BTOパソコンは「初心者向け」「時短」に尽きます。自作PCは安く頑丈なPCが作れます。

ちなみに、自作PCでも「パソコン工房」なら有償修理を受け付けてくれるので、「どうにもならない」という最悪のケースは防げます。ただ、自作することでパソコンに詳しくなるので、仮に自作PCが故障しても自分で修理できて安上がりになったりします。

僕の場合は、故障したパーツの特定・交換は「楽しい」くらいです。また、自作した部品個別には必ず「長期保証」が付いているので、数年以内の故障であれば高確率で無償交換にできます。

Amazon 最新ランキング(ゲーム)

大決算セール中!「G-Tune HM-B-3060Ti」と「予算20万円の自作PC」をスペック比較

G-Tune HM-B-3060Ti 初期構成
G-Tune HM-B-3060Ti 初期構成

「G-Tune HM-B-3060Ti 初期構成」は「かなりコスパ良い仕上がり」です。迷っているなら間違いなく【買いパソコン】です。

「G-Tune HM-B-3060Ti」の外観

「G-Tune HM-B-3060Ti」スペックを比較

さて、「G-Tune HM-B-3060Ti 初期構成」のスペックをレビューしながら、予算19万円(同額目標)で選んだ「自作パーツ構成」を比較してみます。

自作PCは1万円安上がりにしました。スペックも「G-Tune HM-B-3060Ti 初期構成」に対して「ハイスペック」に仕上げてます。

まぁ、僕が選ぶパーツ構成は「自作PCerのプライド」がかかっていますから。必ず安くてハイスペックに仕上げますよ。

予算20万円の自作パーツと比較!

自作パーツ構成

OS

Windows11 Home 64ビット

Windows11 Pro 64ビット

¥3,000

CPU

Intel Core i7-11700F

インテル® Core™ i7-11700F プロセッサー( 8コア / 16スレッド / 2.50GHz / TB時最大4.90GHz / 三次キャッシュ16MB )

CPUクーラー

水冷CPUクーラー (240mm長の大型ラジエーターで強力冷却)

グラボ

GeForce RTX™ 3060 Ti

メモリ

32GB メモリ 16GB×2 ( PC4-25600 / DDR4-3200 )

SSD

M.2 SSD 512GB(NVMe)

HDD

無し

無し

マザボ

インテル(R) B560 チップセット ( Micro ATX / SATA 6Gbps 対応ポート×4 / M.2スロット×2 ※第10世代CPU搭載時は×1になります )

ケース

【G-Tune】ミニタワーケース ( ケースファン 前面×2 / 背面×1 搭載 )

電源

700W 電源 80PLUS BRONZE

金額(税込み)

約20万

約19万

マウスコンピューターは、やはり安心・安定ですね。初期構成のままで故障しなさそうな構成です。

例えば、「インテル® Core™ i7-11700F」は爆熱CPUですが、きちんと「簡易水冷」の構成になっています。ただ、それでも240mmラジエーターでは冷やし切れない懸念はありますが。

メモリも32GBありますし、カスタマイズするとすれば、M.2 SSD 500GBの「ストレージ」くらいでしょうか。

何度も言いますが「G-Tune HM-B-3060Ti」は買って損はありません。「3060Ti」の構成でこの価格は【最安値】と言って良いでしょう。

G-Tune HM-B-3060Tiと自作PCのスペックを比較

G-Tune HM-B-3060Ti自作PC
処理性能「インテル® Core™ i7-11700F」と「3060Ti」ならバランスも良く処理性能に不足ないです。グラボは同じなので、CPUの性能差がそのまま全体性能差です。AMD Ryzen 7 5800Xなので「G-Tune HM-B-3060Ti」の「インテル® Core™ i7-11700F」より性能は上です。
排熱・冷却性能爆熱TB機能を備える「インテル® Core™ i7-11700F」なので、240長ラジエーターの簡易水冷でも熱は抑え切れない可能性があります。AMD Ryzen 7 5800Xなら「240mm長ラジエーター」で十分冷えるでしょう。また、ASUS TUF Gaming LC 240 ARGBは「6年保証付」です。
耐故障・耐久性マザボが「Micro ATX」なのでチップセット周りの耐久性はワンランク落ちるでしょう。また、そのほかのパーツについても部品メーカーが不明なので、自作パーツに比べ劣ると思います。パソコンの耐久性はかなり高いです。
①マザボには高耐久でコスパ最強「ASUS TUF GAMING B550-PLUS」を使用。
②高品質なメーカーのメモリ、SSD。
③CPUは簡易水冷で温度上昇せず稼働する。
拡張性マザボが「Micro ATX」なので拡張性は低いかもしれません。ただ、BTOパソコンの中をわざわざ開いてパーツを拡張する人は少ないので、気にする必要はないかもしれません。ATXマザボなので拡張性にも優れています。

しかし、一万円も安い「よりハイスペック」な自作PCを組めるのも見過ごすことはできません。差が出ているポイントについて解説していきます。

Intel Core i7-11700Fは「40位」、AMD Ryzen7 5800Xは「28位」※UL 3DMark Physics Score

Intel Core i7-11700F
Intel Core i7-11700F
Intel Core i7-11700Fは「40位」
AMD Ryzen 7 5800X BOX
AMD Ryzen7 5800X
AMD Ryzen7 5800Xは「28位」

CPUのスペック比較は、Intel Core i7-11700Fは「40位」、AMD Ryzen7 5800Xは「28位」です。これはULがWeb上で公開している「3DMarkベンチ」の統計データです。個別評価ではなく数万ものPCデータから集計されているデータなので「信頼性」は高いです。

価格は良い勝負に見えますが、自作PCの方が「一万円も安上がり」でCPUのスペックは「はるかに上」なのです。こうなると「自作PC」もバカにならないです。

「NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti」は全GPU中「21位」※UL 3DMark Graphics Score

「3060Tiグラボ」のコスパはかなり良いです。やれないことは4Kゲーミングくらいで、FHDなら平均144fps以上で「Apex」などのFPSゲームをプレイ出来ます。

ゲーミング性能は下で詳しく説明しますが、4K解像度で144fps以上のハイリフレッシュレートで安定するグラボは3090グラボくらいです。また、4Kゲーミングはモニタースペックにこだわらないと性能を発揮できません。

要するに、FHD解像度で平均144fps出るグラボなら十分というわけです。



「G-Tune HM-B-3060Ti」のゲーミング性能

「G-Tune HM-B-3060Ti」のゲーミング性能は「NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti グラボ」なので十分です。4K解像度でかつハイリフレッシュレートなゲーム以外なら「なんでも出来るパソコン」です。

余談ですが「3080(Ti)」「3090」はオーバースペックになるので注意しましょう。

より上位のグラボに「3080(Ti)」「3090」とありますが、4Kゲーミングにこだわら無い限りは「3060Ti」がコスパ最強です。仮に、上位のグラボを選んだとしても確実に「オーバースペック」になります。

下に、各ゲームでの性能を表で載せておきます。目安でみると良いと思います。ちなみに、「3060Tiグラボ」は4Kゲーミングでも「fps値」を求めなければ、普通にそこそこプレイできます。若干、高負荷でパソコンが熱くなるだけです。

Apex LegendsフルHD(中設定):○
フルHD(最高設定):
4K(WQHD)(最高設定):
フォートナイトフルHD(中設定):○
フルHD(最高設定):
4K(WQHD)(最高設定):
Escape from TarkovフルHD(中設定):○
フルHD(最高設定):
4K(WQHD)(最高設定):
VALORANTフルHD(中設定):◎
フルHD(最高設定):
4K(WQHD)(最高設定):
Dead by DaylightフルHD(最高設定):
4K(WQHD)(最高設定):
平均60fps以下:✕ 平均60〜144fps:▲ 平均144〜244fps:○ 平均244fps以上:◎

また、僕の個人的な意見だけ言うと、仮に4Kスペックを出せたとしても「4K解像度でゲームしたい」と思わないです。確かに4Kなので綺麗ですが、ディスプレイ一杯のフルスクリーン表示で「逆に見づらいから」です。使っても2K解像度で十分です。

実際に4K解像度の144Hz出るゲーミングディスプレイを持っていますが「4K」でゲームしたことがありません。迫力はありますが「デカ過ぎ、綺麗過ぎて逆に見づらい」からです。

Amazon 最新ランキング(フィギュア)

【記事PR】M1・M2 MacをゲーミングPC化する!Apexでゲーム配信しよう!

M1・M2 MacでもGeForce NOWならApexが起動する!
M1・M2 MacでもGeForce NOWならApexが起動する!

M1・M2 Macでゲーム配信しないのは「勿体ない」です。

M1・M2 Macは思っている以上に何でもできるハイスペックマシンだからです。

しかし、ほとんどのFPSゲームには、必ず「WindowsゲーミングPC」が必要になります。

ただ、これからはM1・M2 Macでゲームするのが普通です。

なぜなら、今後、ゲーミングPCは「クラウドGPUの時代」だからです。

GeForce NOWには無料のフリープランがあるので、とりあえず、試しにM1・M2 MacをWindowsゲーミングPC化できます。

今後、ますます「ゲーム配信」が活発になります。

GeForce NOWを使えば、母艦(M1・M2 Mac)のスペックなんか関係ないからです。

GeForce NOWなら「高額で巨大グラボ」が無くても、Windowsゲームが出来るわけです。

M1・M2 Macで「ゲーム配信」をするのをオススメします。

Wondershare



Amazon 最新ランキング(プライムビデオ)

「Bizarre」ゲームストリーミングチーム!

Bizarreメンバー:くれいぱいぷ

「Bizarre」への参加・脱退は「Twitterのブロック解除」なみに簡単です。
「Bizarre」よくあるご質問も読んで見て下さい。

Amazon 最新ランキング(ゲーム)

コメント

コメントする

目次