怪しいか検証!プロパンガス料金消費者協会!なんとガス取付工事も無料に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ふる
ふる

Googleで「プロパンガス料金消費者協会 怪しい」とキーワード検索する方が多いみたいですが、この記事では実際にプロパンガス料金消費者協会を通してガス会社を切り替えた実体験を紹介します。

結論から言えば「プロパンガス料金消費者協会」は怪しくないどころか、「プロパンガス料金が高い」と思っている方は、一度相談してみるのをオススメします。

実際にプロパンガス料金消費者協会に相談して

  • 月々のプロパンガス料金が安くなった。
  • さらに、ガスメーター設置工事費も無料になりました。
    ※地場のガス会社からは工事費10万円以上の見積もり。

ガスメーター設置工事費が無料になるのは、かなり有難かったです。地場のガス会社からは工事費10万円の見積もりを受けていたからです。

そもそも、プロパンガス料金消費者協会はNPO(非営利組織)を謳う一般社団法人です。ただ、一般社団法人の設立には公益性の要件は必須ではないので、確実に営利目的がない法人と判断はできませんが。

目次

プロパンガス料金消費者協会への依頼のきっかけは「田舎暮らし」

2022年2月から僕は「田舎暮らし」を開始しました。それまでは、東京都内(杉並区)に住んでいました。「田舎暮らし」をしようと思った理由は、都内は「家賃が高かった」からです。

とは言え、東京から「京都府」それも「福知山」で、ほぼ突発的に引っ越してきたわけです。

おそらく、これだけ行動力を発揮できる人間は【僕だけ】と思います。

僕が「福知山」で「田舎暮らし」を始めた理由

  • 実家が大阪だから。
  • ちなみに、本籍地は「京都府」だから。
  • 福知山に使用していない「空き家」を所有していたから。

要するに、わざわざ住居を用意して移住してきたわけでもなく【地元】だからです。ただ、福知山に住んだことはなく、正直「田舎暮らし」は未知の領域で不安しかありませんでした。

ちなみに、僕の本籍地は京都府でも【京都府左京区】です。面白い地域で、お膝元の二条で心臓とされる「左京区」です。歴史的には良い俗柄の人物が住んでいた地域です。正直、福知山には何の縁もありません。

プロパンガス料金消費者協会のHPから5分で依頼は完了

プロパンガス料金消費者協会への依頼はHPから5分で行えます。手軽にもほどがあります。

Web申請後の流れ

  • 1〜2日でプロパンガス料金消費者協会からヒアリングの電話がくる
  • その後、1〜2日で新しいガス会社を紹介してもらう
  • 正式に依頼した後、新しいガス会社から電話がくる
  • 委任状、現地確認日を新しいガス会社と調整する
  • 委任状を出したら1週間ほどで新しいガス会社に切り替え手続き完了

ちなみに、すべて無料でプロパンガス料金消費者協会が間に立って調整してくれます。Web申請後にやることは、新しいガス会社に「委任状」を出すこと、現地のガス確認を立ち会うことです。

プロパンガス料金消費者協会の方は、かなりスピード感もって対応してくれます。新しいガス会社への切り替え手続きは、委任状を出したら1週間ほどで完了します。最短で2〜3週間見積もっておけば良いと思います。

この記事では、実際に僕が田舎暮らしを始めるにあたって、プロパンガス料金消費者協会に依頼してプロパンガス料金などを無料で安くした体験を紹介します。これから「田舎暮らし」をする方に、特にオススメしたい記事内容です。

LPガス料金はどれくらい安くなったか?

プロパンガス料金消費者協会から紹介されたガス会社は、従前のガス会社に比べて明らかにガス料金が安くなり驚きました。下にガス料金の比較を記載しておきます。

LPガス料金比較

従前のガス会社紹介されたガス会社
基本料金2,510円基本料金2,200円
0〜5㎥まで654円0〜15㎥まで446.60円
5〜10㎥まで574円15〜30㎥まで353.10円
10〜15㎥まで554円30〜50㎥まで314.60円
15〜25㎥まで534円50㎥以上281.60円

10㎥で比較計算すると地場のガス会社は【8650円】に対して、紹介されたガス会社は【6,666円】です。※LPガス10㎥は、家庭の一月あたりの平均ガス使用量と言われています。

紹介されたガス会社の方が圧倒的に安いです。

プロパンガス料金が安くなるだけでも、プロパンガス料金消費者協会に依頼する意味はありましたが、今回ガスメーター取り付け工事費も無料になるという良いことがありました。

Kyou no mentai_01_2048x
Kyou no mentai_02_2048x
Kyou no mentai_03_2048x
Kyou no mentai_04_2048x
Kyou no mentai_05_2048x
previous arrow
next arrow

プロパンガス料金消費者協会から紹介されたガス会社に、ガス設置工事を無料でやってもらえた。

プロパンガス料金消費者協会への依頼に関係なく【たまたま運が良かっただけ】かもしれませんが、従前のガス会社から10万円もの工事見積もりを受けていたガスメーター設置工事が、新しいガス会社の方では無料で対応してもらえました。

10万円はぼったくり価格でした、東京ガスでも4万円くらい費用が掛かるガス取り付け工事のはずです。どうして無料でやってもらえたのか不思議ですが、とりあえずは結果オーライでガス料金も安くなり一石二鳥で【お得】にガス切り替えが完了できました。

冒頭で「プロパンガス料金消費者協会 怪しい」とGoogle検索する方が多いと書きましたが、僕にとっては「何もかも無料で完了した」ので【お得】すぎて、逆に怪しくなってしまいます。それくらいお得だと思います。

Kyou no mentai_01_2048x
Kyou no mentai_02_2048x
Kyou no mentai_03_2048x
Kyou no mentai_04_2048x
Kyou no mentai_05_2048x
previous arrow
next arrow

紹介されるガス会社のガス料金は半永久保証される。

プロパンガス料金消費者協会は「新しいガス会社の紹介」とは別に「ガス料金見守り保証」も行ってくれます。これは紹介したら終わりではなく、紹介後もきちんとガス料金が適正料金で維持されているか監視してくれるサービスです。

これは契約時(入口)のガス料金を安くしているだけで、契約後に値上げするガス会社も少なくないらしいからです。ガス料金を「半永久」で保証してくれる「ガス料金見守り保証」があるプロパンガス料金消費者協会の紹介はとても安心できるわけです。

ちなみに、保証されないケースは「LPガスの流通価格」の値上がりが該当します。これはどのガス会社でも月イチくらいで価格改訂が実施されています。

Kyou no mentai_01_2048x
Kyou no mentai_02_2048x
Kyou no mentai_03_2048x
Kyou no mentai_04_2048x
Kyou no mentai_05_2048x
previous arrow
next arrow

「怪しい?」のはプロパンガス料金を相談できる法人が多いから?

プロパンガス料金消費者協会は「怪しくない」どころか、プロパンガスを使っている人にとって相談しないのは【勿体なさ】すぎるくらい優良です。

プロパンガス(LPガス)利用している方には「とりあえずプロパンガス料金消費者協会への相談」をオススメしても良いくらいです。だって【無料】で相談できますからね。ちなみに、回し者ではありませんよ。

ただ、それでも「怪しい?」と考える人はいると思います。その理由を考えてみると、似た法人名で同じようなプロパンガス料金を適正化する組織が複数あるからかもしれません。

プロパンガス料金の相談に乗ってくれる会社

  • プロパンガス料金消費者協会
  • プロパンガス料金適正化協会
  • プロパンガス消費者生活センター

かなり似た名前で、はじめて相談する人にとっては違いがイマイチわかりません。僕は今回プロパンガス料金消費者協会に依頼する際して、他の組織との違いが分からなかったので、相見積もりがてらすべての会社に相談しました。その結果LPガス料金が一番が安い会社を紹介してくれたのが「プロパンガス料金消費者協会」でした。

不安ならすべての会社に依頼するのがオススメです。

プロパンガス料金消費者協会プロパンガス料金適正化協会プロパンガス消費者生活センター
オススメ★★★★★未査定★★★☆☆
コメントLPガス料金が安くなりました。また「ガス料金見守り保証」で適正化したLPガス料金を保証してくれます。関西地域のため対象外と判断しました。新しいガス会社の紹介を受けましたが、肝心のLPガス料金は安くなりませんでした。

プロパンガス料金消費者協会が一番良い提案だったのは「たまたま」かもしれないので、不安ならすべての会社に相談してみると良いと思います。その中から最も良い提案があった先に依頼すると良いでしょう。

月間10万PVメディア「MOMOHUKU」を支えるツール3選

「MOMOHUKU」"月間10万PVメディア"にまで成長しました。

最近は"DX(デジタルトランスフォーメーション)"が流行りのせいか、、、「MOMOHUKUさんのWebサイトの運営ノウハウを知りたい。」とよく聞かれます。

誰もが知る東証一部の企業からも「コンサルしてほしい」と言われます。

表向きは丁重にお断りしていますが、ITコンサルなんか「ナンセンスなので絶対やらんわ」と内心では思っています。

僕がITコンサルに手を出した時は「よほど、この人はお金に困ってるんだな」と蔑んでみてもらって構いません。

後、ブログ運営に関する記事も書きません。

面倒臭いからです。

今の「DXの流れ」に一言いうなら?

興味ない。勝手にやってろ。

代わりに、このスペースでWebサイトで絶対に活用すべきツールを紹介します。

ここで紹介するツールがなければ、MOMOHUKUは「月間10万PV」にはならなかったと断言します。

ブログ運営に関する記事

貴重な情報を入れて「ブログ運営」に関する記事を過去に書きましたが、どれもアクセスが伸びませんでした。

ブログ運営に関する記事は巷に溢れ過ぎていて読み手からは全部同じ内容に見えるんだと思います。

かなり良い記事でしたが「全て非公開」にしました。

二度と公開しません。

とは言え、WPのエラー対策の記事などは上げています。

ツール①:WordPressテーマ「SWELL」なら「コンテンツ作り」に専念できる。

SWELLを使えば「コンテンツ作り」「3倍」は速くなります。

SWELLを最初から導入しましょう。

僕は「Webサイト運営が軌道に乗ったら」と考えて、100記事くらい書いたのちにSWELLを導入しましたが「最初から導入しておけばよかった」と後悔しました。

余談:Webサイトは「コンテンツファースト」

僕はWebサイトを「コンテンツファースト」で運営しています。

ちなみに「ITの専門知識をできるだけ使わない」ように心がけています。

非ITの人でも「学習コストなく運営できる仕組み」になるからです。

ITの専門知識を使うと"コスト"が発生する

  • コーディングすると"保守"が発生する。
  • 非IT系が一切触れなくなる。
  • 学習コストも発生する。

まぁ、こういう配慮をすると「舐め腐ってくる」のが非IT系ですが。

長い目で見れば「コーディング排除」は組織にとって確実に使い易いシステムになります。

まぁ「舐め腐ってくる非IT系」をきちんとシバき倒して下さい。

ツール②:レンタルサーバー「ConoHa WING」なら5分でWebサイトを構築できる。

「MOMOHUKU」は、レンタルサーバーに「ConoHa WING」を利用しています。

これから自分のオウンドメディアを立ち上げる方は「ConoHa WING」の利用をオススメします。

理由は「ConoHa WING」なら5分でサイトが立ち上がるからです。

余談:ITはシンプルさ、手軽さが正義

「コンテンツファースト」を心がけていると書きました。

同様にITは「シンプルさ、手軽さ」が正義です。

技術を軽視するわけでなく「ITにこだわると面倒臭く」なるだけだからです。

例えば

「WordPressを高速化してくれ」とITエンジニアに相談してみてください。

WordPressをGatsby.jsで静的サイト化すれば爆速化します!なんて言うITエンジニアが絶対にいます。

そのITエンジニアは続けてこう言います。

サイトは爆速化されますが「非IT系」はWebサイトに触れなくなります。

うちは「エンジニアしかいない」から良いんです。

こういう会社は「先祖帰り」したいだけです。

「自分たちにしか出来ない仕事」を増やしたいだけですね。

何より前提である「サイトが爆速化」されると言うのも絶対に達成されません。

僕のサイト「MOMOHUKU」と「Gatsby.jsを一生懸命に導入したWebサイト」でPageSpeed Insights(速度評価を比較)してみれば分かります。

ツール③:WordPressのプラグインは、とりあえず「UpdraftPlus」を入れる。

僕が尽く救われてきたプラグインを一つ上げるなら「UpdraftPlus」です。

「UpdraftPlus」だけで確実に幸せになれます。

しかも、無料です。

本当に申し訳ないことに「無料」で必要十分の機能です。

そろそろ、感謝だけの気持ちで「有料」を購入しようかと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる