●ミラーレス一眼「SONYα7S III」と一緒に購入した周辺機器類

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ふる
ふる

こんにちは!「ふる(プロフィール詳細)」です。 

 

記事は信頼性ある内容を心がけています。

  • IT専門
  • 宅建士、行政書士資格保有
  • 体組成計"プロアスリート"認定

@na65125038

MOMOHUKU(ふる)
 

MOMOHUKU - にほんブログ村

SONY α7S III ILCE-7SM3を買いました。正直、高くて気が狂いそうになってますが、周辺機器類の選定で更に気が狂います。

今回、フルサイズのミラーレス一眼レフカメラをはじめて買った僕としては、カメラビジネスは衰退の一途と思ってましたが、何を選んでも強気な価格設定に戸惑います。また、調べれば調べるほど、あれも欲しい、これも欲しいとなるので泥沼です。金銭感覚もどんどん麻痺するので恐ろしいです。

自分でも驚いたのが、30万くらいのGMレンズをカートに入れていた時でした。GMレンズは、Sonyのミラーレス一眼レンズで最高級レンズです。金額は、一本でゲーミングPCが買えます。普通にカートに入れて買おうとしている自分に引きました。

今回の買い物では、カメラ本体46万(ただし、5年保証付)、レンズ8万、周辺機器8万、アクセサリー2万と合計65万円ほど使いました。本記事では膨大な選択肢の中から、僕が買った周辺機器を紹介します。

目次

SDカード

SDカードは、「キングストン SDXCカード 256GB 最大300MB/s UHS-II V90 永久保証 ¥27,930」を買いました。沢山ありすぎて完全に沼りそうになりますが、静止画のみ撮影か、動画も撮影か、用途が明確なので簡単に絞り込めました。

SONY α7S IIIを買ってる時点で僕は動画用途です。さらに、動画録画の想定は、4K30p~60pです。この録画が可能なSDカードの規格は、「SDXCカード」「UHS-II V60か、V90」になります。用途としては、どちらの規格でも良さそうですが、UHS-II V90規格の中では手頃な値段のキングストンのSDXCカードを選びました。容量は256GBで4Kを約5時間ほど録画できます。

余談ですが、4K 120Pを撮影したい場合の選択肢はただ一つでCFexpressカードを購入することです。ただし、値段は43,900円(SONY CFexpress Type B SDカード 256GB)で恐ろしく高いです。

除湿庫

カメラ本体、レンズは、湿気・ほこりに弱いです。部屋で野ざらし保管は厳禁です。僕は保管用に除湿庫「東洋リビング オートクリーンドライ 防湿庫 39L ブラック ED-41CAT(B) ¥28,964」を買いました。

保証に入っているとは言え高額な物なので、可能な限りキレイに使えるように配慮しておきます。場合によっては数年後に売ってしまうかもしれません。その時に、状態が良い方が高く売れます。

外部マイク「ソニー XLRアダプターキット XLR-K3M」

動画撮影用途なので、外部マイクも買いました。マイクも種類が多すぎて沼るのが目に見えていたので、マイクについては、純正品に間違いはないので深く考えずに「ソニー XLRアダプターキット XLR-K3M ¥59,800」を買いました。価格は今見ると高いです。感覚が麻痺していたかも知れないです。使用感については、間違いないです。価格面さえクリアすれば、メーカーとしてのソニーは、音響機器、映像機器を買って損することはないです。

フルサイズ一眼レフ用の三脚

フルサイズ一眼レフカメラを固定する三脚は、つけるレンズの大きさにより不安定になりやすいため、パイプの太さ、耐荷重を見て専用の三脚を選ぶようにします。今の所、望遠レンズをつける予定はありませんが、望遠レンズをつけることも考慮します。カメラ全般に言えることですが、Manfrotto(マンフロット)の三脚を買うと間違いないです。

Manfrotto(マンフロット)三脚

SLIK プロ 330 MKIII

フルサイズ一眼レフカメラを固定する三脚なので、頑丈さと安定性を重視して「SLIK プロ 330 MKIII」を購入しました。

Manfrotto バリアブルフリクションアーム 244(カメラブラケット付き)

フルサイズ一眼レフをあらゆる角度で動かして撮影したいときがあるため「Manfrotto バリアブルフリクションアーム 244(カメラブラケット付き)」を買いました。そもそも、室内で三脚を利用すると設置場所を取ってしまうので、支柱に接続して使えるアームタイプは、省スペースでも利用できるので便利です。

さすがManfrotto(マンフロット)の製品だけあり、アームは極太で頑丈さは間違いないです。先端に雲台を接続するのも良し、配信用マイクスタンドとしてマイクを接続する良し、自由度が高いです。

僕はピアノ練習の配信時は、SONY α7S IIIをWebカメラ用途で使っています。「Manfrotto バリアブルフリクションアーム 244(カメラブラケット付き)」をデスク周りの支柱に接続するだけで、省スペースでフルサイズ一眼レフ SONY α7S IIIを自由に動かすことが出来ます。

フルサイズ一眼レフをはじめて買いましたが

こんなにお金が掛かるとは思いませんでした。いや、僕の用途が動画用途であるというのが大きいのかもしれませんが、SDカードで3万円もするとは思いませんでした。ただ、これだけお金を掛けて揃えるには訳があります。

綺麗な写真を撮りたい。そして、それをブログに載せたい。

4K動画を撮って、Youtubeにアップしたい。

など、かなりの意気込みです。SONY α7S IIIは、5年間保証にも入っているので、宝のもち腐れにならないように壊すくらいの勢いで使っていきたいです。



【記事PR】M1・M2 MacをゲーミングPC化する!Apexでゲーム配信しよう!

M1・M2 MacでもGeForce NOWならApexが起動する!
M1・M2 MacでもGeForce NOWならApexが起動する!

M1・M2 Macでゲーム配信しないのは「勿体ない」です。

M1・M2 Macは思っている以上に何でもできるハイスペックマシンだからです。

しかし、ほとんどのFPSゲームには、必ず「WindowsゲーミングPC」が必要になります。

ただ、これからはM1・M2 Macでゲームするのが普通です。

なぜなら、今後、ゲーミングPCは「クラウドGPUの時代」だからです。

GeForce NOWには無料のフリープランがあるので、とりあえず、試しにM1・M2 MacをWindowsゲーミングPC化できます。

今後、ますます「ゲーム配信」が活発になります。

GeForce NOWを使えば、母艦(M1・M2 Mac)のスペックなんか関係ないからです。

GeForce NOWなら「高額で巨大グラボ」が無くても、Windowsゲームが出来るわけです。

M1・M2 Macで「ゲーム配信」をするのをオススメします。

Amazon 最新ランキング(プライムビデオ)

Amazon 最新ランキング(フィギュア)

すべて無料の素材サイト「PixJam」

京都らしいお店
京都の画像を追加中

MOMOHUKUを見てくれてる人は、何かを作ることが好きな"クリエイター"の人たちが多いです。

そして、僕も何かを生み出すのが好きな"クリエイター"です。

"クリエイター"にとって、便利なのが「素材サイト」です。

「PixJam」は、商用利用も含めてすべて"無料"で使える「素材サイト」です。

「PixJam」はすべて無料で使える素材サイト!

  • ゆっくり実況で使う
  • イラスト制作に使う風景
  • 絵の練習用など

"無料"と断言できるのは「PixJam」を作ったのは「僕」だからです。

「PixJam」にある素材は、個人でも意識しないで気ままに利用できるように「かなり自由度の高い無料素材サイト」として利用規約をアレンジしています。

例えば、事業における販売(2次利用)も可能とするよう規約を工夫しています。

眺めてるだけでもアイデアに繋がるようなサイト構成にしています。

ぜひ、活用してみてください。

余談:今は頑張って素材を追加中!

「PixJam」は、僕が撮影した田舎の風景画像を追加していってます。

画像、動画、イラストの素材サイトと言いながら、まだ暫くの間は動画やイラストに手が出そうにありません。

コメント

コメントする

目次