【Parallels】M1・M2 MacでopenSUSE(Linux)仮想環境を使う!

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ふる
ふる

こんにちは!「ふる(プロフィール詳細)」です。

 

Twitterのフォロワーが10人しかいません!

どうかフォローください!

 

@na65125038

MOMOHUKU(ふる)

 

MOMOHUKU - にほんブログ村

 

この記事では「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」を使って、M1・M2 MacにopenSUSE仮想環境を構築していきます。

そもそもM1・M2 MacをメインPCとして開発で使っているのに、わざわざLinux(リナックス)を使う必要ないんじゃないか?と考える方は多いかもしれません。

僕の考えですが、M1・M2 MacなどメインPC上での開発はオススメしません。

メインPCで開発はダメ

  • 環境が汚れる。
  • 安易にスクラップ&ビルドできない。
  • 開発を再現しづらい。

開発は、いつ何時でも簡単に「スクラップ」できるようにしておくのがオススメです。

それと同時にいつもの開発環境を即ビルドできるようにしておくべきです。

だからこそ、仮想環境を構築したくなるわけです。

思いついたら、Linux(リナックス)の仮想環境で開発できるのが理想です。

Linux(リナックス)と聞くと、OSインストールは今でもインストールメディアを自分で用意して、とそんな作業をイメージします。ラズパイなど基盤へのOSインストールが今だにそんな感じです。

時間・手間が掛かって仕方ありません。

時間・手間を掛けずLinux環境を構築するなら「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」がオススメです。

ものの数分でスクラップ&ビルド可能なLinux(リナックス)の仮想環境が手に入るからです。

ちなみに「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」を使えば、Linux(リナックス)に限らず、Windows、Macなど仮想環境を数分で構築できるようになります。

本記事では「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」を使って「Ubuntu 22.04 LTS ARM64」を環境する方法を紹介します。

目次

M1・M2 MacでLinux(リナックス)を使うなら「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」ならクリック数回でMac(M1・M2含む)上にWindowsを構築できる!
「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」ならクリック数回でMac(M1・M2含む)上にWindowsを構築できる!

結論から言いますと、M1・M2 MacでLinux(リナックス)を使うなら「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」をオススメします。

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」なら、M1・M2 MacでWindows11の仮想環境も使えるからです。

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」をオススメする理由

  • Linux(リナックス)仮想環境が一瞬で構築できる。
  • Windows仮想環境も一瞬で構築できる。
  • M1・M2 Macの仮想環境ソフトは「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」のみ。

え、Boot Campは?

と思った方、M1・M2 Macに「Boot Camp」は対応していません。

※そもそも「Boot Camp」は仮想環境ソフトではないので使い勝手も悪いです。

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」はすぐダウンロードして使える。※14日間無料トライアル

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」は、アカウント無しですぐダウンロードして使えます(※14日間無料トライアル)。

そして、「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」一本で構築できる仮想環境もLinux(リナックス)に限られません。

すべてのOSで仮想環境を構築できる!

  • Windows
  • Mac
  • Linux(リナックス)

M1・M2 MacでWindowsを使うシーンは多いです。

特に動画編集でWindowsのみに対応している「ゆっくりムービーメーカー4」を使う場合に重宝します。

「ゆっくりムービーメーカー4」は無料で使える動画編集ソフトでありながら、Adobe Premiere Pro並みに高機能です。

M1・M2 Macを持っているなら、ぜひ「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」を試してみて下さい。

Linuxの起動について「デュアルブート」と「仮想環境」の違い

Linux(リナックス)は仮想化して使うのが前提です。

Linux(リナックス)をUSBなどに入れてインストールするのは“正直ダルい”からです。

ビルドをスクラップしても一瞬で焼き回しできるように仮想化して使います。

Linux(リナックス)のインストールのやり方は、デュアルブートか、仮想化の2通りあります。

デュアルブート仮想化
利点なし・フォルダのようにOSが起動する。
・OSインストールも一瞬で完了する。

欠点
 
インストールに手間が掛かる。なし

主なソフト
 
Boot CampParallels®︎ Desktop 18 for Mac

ひと昔前ならデュアルブートでLinux(リナックス)を構築していた人もいるでしょう。

Macなら「Boot Camp」でWindowsをインストールしていた方もいるかも知れません。

Windowsを起動させるために、わざわざ再起動しませんでしたか?

めちゃくちゃ面倒じゃありませんか。

はっきり言いますが、デュアルブートよりもOS仮想化の方が圧倒的に楽なので今すぐ切り替えた方が良いです。

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」でサーバー用途のLinuxなら「openSUSE」がオススメ。

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」に構築した「openSUSE」仮想環境
「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」に構築した「openSUSE」仮想環境

いきなり本格稼働でサーバーを建てる人はいないと思います。

Linux(リナックス)は、結局スクラップ&ビルドで実験できれば事足ります。

Ubuntuなんかはデスクトップ用途で腐るほど使っていると思うので、サーバー用途でopenSUSEを試すのはアリだと思います。

Ubuntu

openSUSE

パッケージ管理

  • deb形式
  • dpkg、aptコマンドを使う
  • rpm形式
  • rpm、yum、YaST2、Zypperコマンドを使う

デスクトップ環境

  • GNOME
  • KDE
  • GNOME
  • Xfce

Ubuntu、openSUSEの違いはパッケージ管理システムです。

パッケージを管理するコマンドに違いがありますが、これに関しては“慣れる”だけです。

openSUSEには、rpm、yumの他にYaST2・Zypperコマンドが用意されています。

openSUSEのパッケージ管理

  • YaST2は、GUI・CUI上でソフトウエア管理するツール
  • Zypperは、コマンドライン上でパッケージ管理するツール

“ふーんそんなもんか”という程度の理解で構いません。

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」の仮想環境でopenSUSEを使っていく中で慣れていけば良いでしょう。

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」で、M1・M2 MacにopenSUSE仮想環境をインストール!

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」に構築した「openSUSE」仮想環境
「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」に構築した「openSUSE」仮想環境

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」なら数分でLinux(リナックス)環境を構築できます。

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」でUbuntu 22.04 LTS ARM64をインストールするには、インストールアシスタントを起動してクリックするだけです。

Linux(リナックス)のディストリビューション(配布物)が色々選択できます。

今回はUbuntu 22.04 LTS ARM64をインストールするので「Ubuntu Linux」を選択しましょう。

何ら問題なく「ダウンロード」を押します。

Ubuntu 22.04 LTS ARM64のダウンロードがはじまります。

しかし、ものの数分でダウンロードが完了します。

ダウンロードが完了すると、Ubuntu 22.04 LTS ARM64のブートローダーが起動します。

さて、Ubuntu 22.04 LTS ARM64がもう起動です。

ここまでの作業はクリック一回、所要時間は2分ほどです。

パスワードを入力してログインを完了させれば、Ubuntu 22.04 LTS ARM64が起動します。

え、こんだけ?

今までUSBなどのインストールメディアを使って、一時間かけてLinux(リナックス)環境を構築していた努力はなんだったんだろ?

って思いませんか?

ラズパイなど基盤へのOSインストールは今でもインストールメディアを自分で用意して、とそんな感じですが。

Linux(リナックス)のOSインストールほど「やった感」があるのに、成果にならない「無駄な時間はないな」と実感します。

Ubuntu 22.04 LTS ARM64インストール後の設定

勝手に表示されますが、Rootコマンドをsudosuか選択します。

僕は普通にsudoを選択しました。

Parallels Tools Installation Agent が起動してインストールされます。

暫く待つと再起動が促されるので再起動しましょう。

M1・M2 Mac でITスキル向上「とりあえず、マイクラ鯖を立てよう」!

マインクラフト統合版サーバーに「nyandaisensei」でログイン!
マインクラフト統合版サーバーに「nyandaisensei」でログイン!

M1・M2 Mac でマイクラ鯖を構築すれば簡単にITスキルが向上します。マイクラ鯖を構築するだけでネットワークどころか会社で使える実用技術を芋づる式で獲得できます。

しかも、"Parallels"の仮想環境で作業するので"買いたてホヤホヤ"の新品Macの環境を一切汚しません。

M1・M2 Macを使う人はWindows仮想環境を構築するはずなので、どちらにしろ"Parallels"を必ず使うと思います。

Parallelsでマイクラ鯖

  • Ubuntu 22.04 LTS ARM64のLinux仮想環境
  • Linuxコマンド
  • Git
  • 仮想環境のネットワーク知識
  • 仮想環境はDockerにも応用

仮想環境なので何度でもスクラップできるのがメリットです。

特に、エンジニアの方にオススメです。

M1・M2 Macでの開発はParallels仮想環境でやりましょう!メインPCで開発するのは環境汚染です!

模範回答

Amazon最新ランキング(コミック)

【記事PR】M1・M2 MacをゲーミングPC化する!Apexでゲーム配信しよう!

M1・M2 MacでもGeForce NOWならApexが起動する!
M1・M2 MacでもGeForce NOWならApexが起動する!

M1・M2 Macでゲーム配信しないのは「勿体ない」です。

M1・M2 Macは思っている以上に何でもできるハイスペックマシンだからです。

しかし、ほとんどのFPSゲームには、必ず「WindowsゲーミングPC」が必要になります。

ただ、これからはM1・M2 Macでゲームするのが普通です。

なぜなら、今後、ゲーミングPCは「クラウドGPUの時代」だからです。

GeForce NOWには無料のフリープランがあるので、とりあえず、試しにM1・M2 MacをWindowsゲーミングPC化できます。

今後、ますます「ゲーム配信」が活発になります。

GeForce NOWを使えば、母艦(M1・M2 Mac)のスペックなんか関係ないからです。

GeForce NOWなら「高額で巨大グラボ」が無くても、Windowsゲームが出来るわけです。

M1・M2 Macで「ゲーム配信」をするのをオススメします。

Amazon 最新ランキング(フィギュア)

すべて無料の素材サイト「PixJam」

京都らしいお店
京都の画像を追加中

MOMOHUKUを見てくれてる人は、何かを作ることが好きな"クリエイター"の人たちが多いです。

そして、僕も何かを生み出すのが好きな"クリエイター"です。

"クリエイター"にとって、便利なのが「素材サイト」です。

「PixJam」は、商用利用も含めてすべて"無料"で使える「素材サイト」です。

「PixJam」はすべて無料で使える素材サイト!

  • ゆっくり実況で使う
  • イラスト制作に使う風景
  • 絵の練習用など

"無料"と断言できるのは「PixJam」を作ったのは「僕」だからです。

「PixJam」にある素材は、個人でも意識しないで気ままに利用できるように「かなり自由度の高い無料素材サイト」として利用規約をアレンジしています。

例えば、事業における販売(2次利用)も可能とするよう規約を工夫しています。

眺めてるだけでもアイデアに繋がるようなサイト構成にしています。

ぜひ、活用してみてください。

余談:今は頑張って素材を追加中!

「PixJam」は、僕が撮影した田舎の風景画像を追加していってます。

画像、動画、イラストの素材サイトと言いながら、まだ暫くの間は動画やイラストに手が出そうにありません。



5%OFF特別クーポンコード:2GAME5

コメント

コメントする

目次