TFT液晶(IPS・ADSパネル、VA、TN)のメリット・デメリット!

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ふる
ふる

こんにちは!「ふる(プロフィール詳細)」です。 

 

記事は信頼性ある内容を心がけています。

  • IT専門
  • 宅建士、行政書士資格保有
  • 体組成計"プロアスリート"認定

@na65125038

MOMOHUKU(ふる)
 

MOMOHUKU - にほんブログ村

TFT液晶ってなんだ?

現在、世の中に出回る液晶ディスプレイです。手に取るモニター・ディスプレイはすべてTFT液晶で駆動していると言っても過言ではありません。

厳密に言えば、TFT液晶とは、Thin Film Transistor Liquid Crystal Display(薄膜トランジスタ液晶)の略で、薄膜トランジスタをスイッチング素子として使用する液晶ディスプレイの表示素子のことです。

また、TFT液晶は、IPS、ADS、VA、TNといった液晶パネルの駆動方式で分けられます。

目次

IPS・ADSパネル、VAパネル、TNパネルはすべてTFT液晶

Innocn WR40-PRO 40インチ ADSパネル (僕が購入したADSパネルモニター)
Innocn WR40-PRO 40インチ ADSパネル
(僕が購入したADSパネルモニター)

液晶ディスプレイと言えば「TFT(LCD)液晶」です。

そんなTFT液晶(液晶ディスプレイ)は、さらに液晶パネルの駆動方式で分類されます。それが「IPS・ADSパネル、VAパネル、TNパネル」といった液晶パネルです。

各液晶パネルの駆動方式の特徴が下記です。

IPS、ADSパネルVAパネルTNパネル
視野角
色ずれ
透過率
コントラスト
応答速度
オススメ用途FPSゲーム含む全用途
色鮮やかな映像、動きが少ないゲーム
FPSなど動きが速いゲーム

結論から言えば、IPS・ADSパネルがもっとも優秀な液晶パネルとされています。IPS・ADSパネルは、視野角が広くてくっきりした映像が見れるの特徴です。

そのため「目が疲れないパネル」にIPS・ADSパネルがおすすめされます。さて、その他の液晶パネルについて、メリット・デメリットを下記で詳しく解説していきます。

Amazon 最新ランキング(プライムビデオ)

IPS・ADSパネル、VAパネル、TNパネルのメリット・デメリット

IPS(IN Plane Switching)方式は、液晶分子を水平方向に駆動させる方式です。高い透過率、広い視野角、高コントラスト比、低消費電力のパネルになります。高価なパネルになります。

ADS(Advanced super Dimension Switch)方式も、IPSパネルと同じ水平方向に駆動させる方式です。IPSパネルと特徴は同じになりますが、IPSパネルよりも安価なパネルになります。

メリット
デメリット
  • 駆動方式は水平方向への駆動のため、映像に崩れがなく、広視野角で見れる。
  • 見る角度による色ずれ、コントラストの変化が少ない。
  • 他の方式に比べて映像が一番綺麗。
  • FPSゲーム含む全ての用途向き。
  • ADSパネルは安価になる。
  • 黒色画面で光漏れが発生しやすい。
  • 暗さでコントラストが低くなる。
  • 応答速度が遅い。
    しかし、オーバードライブ機能により高速化が可能。
  • IPSパネルは高価になる。

Amazon 最新ランキング(ゲーム)

Amazon 最新ランキング(ゲーム)

IPSパネルとADSパネルに違いはない?
主要製品を比較

試しにADSパネル、IPSパネルで製品をピックアップして性能を比較してみます。長々とスペックを記載していきますが、まぁ結論は「性能差はありません」です。

両方とも価格は4万円です。

ただ、本来、ADSパネルであるIODATA GigaCrysta ゲーミングモニター LDGC241UDBの方が1万円以上安くなるはずなので、どこで価格差を埋めているか注意しましょう。

ADSパネルIPSパネル

IODATA GigaCrysta ゲーミングモニター LDGC241UDB

Acer Nitro VG252QXbmiipx
価格¥44,746¥44,713
パネルTFT液晶:ADSパネルIPSパネル
サイズ23.8型ワイド24.5型 ワイド
表面処理非光沢非光沢
解像度FHD
(1920×1080)
FHD
(1920×1080)
画素ピッチ(mm)0.2745 (H) x 0.2745(V) 0.283 (H) x 0.280 (V)
表示面積(mm)527.04 (H) x 296.46(V) 544 (H) x303 (V)
最大表示色1677万色(10億7374万色)約1670万色
High Dynamic Rangen/aDisplayHDR 400
視野角上下:178°、左右:178°水平178° / 垂直178°
最大輝度(標準値)350cd/㎡400cd/㎡
コントラスト比(標準値)1000:1
CREX2設定時:12,800:1
通常:1000:1
最大:100,000,000:1 (ACM)
応答速度5ms[GTG](設定時:0.9ms[GTG])1ms (GTG) / 0.5ms (GTG, Min.)
G-Sync、FreeSyncAMD FreeSync™ PremiumG-SYNC Compatible
水平走査周波数(kHz)HDMI1、HDMI2:15.0 ~ 270.5HDMI:31-255kHz
DisplayPort:31.0 ~ 270.5DisplayPort:255kHz
垂直走査周波数(Hz)HDMI1、HDMI2:23.0 ~ 240.0HDMI:56-240Hz
DisplayPort:60 ~ 240DisplayPort:50-240Hz
リフレッシュレート(Hz)240Hz240Hz
映像入力端子HDMI×2 HDMI×2
DisplayPort×1DisplayPort v1.2×1
USBポートUSB Type-B:USB 3.2 Gen 1n/a
USB Type-A:USB 3.2 Gen 1 ×1n/a
音声入力n/an/a
スピーカー2W+2W(ステレオ)2W+2W ステレオスピーカー
ヘッドフォン端子ステレオミニジャックφ3.5mmあり
音声出力ステレオミニジャックφ3.5mmn/a
ブルーライト軽減n/aBluelightShield
その他n/aフリッカーレス、ゼロフレーム
定格電圧AC100V 50/60Hz(電源内蔵)内蔵 (100-240V、50/60Hz)
消費電力最大55W最大42W
通常19.4W通常38W
年間消費電力61.4kWhn/a
外形寸法(mm)スタンド含む540(W)×231(D)×396~492(H)約557.8 (W)x 240.1(D)x 419.5(H)
スタンド除く
540(W)×50(D)×325(H)
質量スタンド含む約6.6kgスタンドあり: 約3.6kg
スタンド除く約4.1kgスタンドなし: 約3.12kg
チルト角上:20° 下:3°上20° / 下5°
スイベル角左:65° 右:65°なし
高さ調整110mmなし
ピポット右:90°なし
VESAマウント
(100mm×100mm)

(100mm×100mm)
使用温度動作時:0℃~40℃0℃~40℃
収納時:-20℃~60℃
使用湿度20%~80%(結露なきこと)20%~80%(結露なきこと)
保証期間3年間※パネル、バックライトを含む。3年 ※パネル・バックライトユニットは1年

ADSパネルが4万円に設定されている理由は「保証期間」の厚さです。

ADSパネル「IODATA GigaCrysta ゲーミングモニター LDGC241UDB」は、パネル、バックライト含めて3年という保証期間に設定されています(パネル、バックライトは1年であるのが普通です。)。

まぁ保証を厚くして+1.4万上乗せしても、この商品だと本来の価格は3万くらいなので、お得感はいまいちですね。僕だったらIPSパネルのAcer Nitro VG252QXbmiipxを買います。

Acer Nitro VG252QXbmiipx

  • 解像度:FHD、サイズ:24.5インチ、パネル:IPS、応答速度:0.5ms GTG、リフレッシュレート:240Hz、その他:DisplayHDR 400 G-SYNC Compatible フリッカーレス、製品保証:3年間 パネル、バックライトユニットは1年間。
  • 製品概要:https://acerjapan.com/monitor/nitro/vg2/VG252QXbmiipx

(動画)ADSパネル「Innocn WR40-PRO 40インチ2K」実機レビュー

ADSパネルのモニターは確実に安いです。

上の動画は、僕が購入したADSパネル製品「Innocn WR40-PRO 40インチ2K」です。

「Innocn WR40-PRO 40インチ2K」は40インチ2Kのスペックでありながら6万円で買えるモニターです。

商品欄にはIPSパネルと記載されていたので、同じ性能とは言えADSパネルと知って後日返品しました。※新興メーカーなので記載の違いには敏感になったからです。

Amazon最新ランキング(コミック)

【記事PR】M1・M2 MacでWindowsを使うなら「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」14日間無料トライアル!

クリック数回でMac(M1・M2含む)上にWindows環境が構築できる!
クリック数回でMac(M1・M2含む)上にWindows環境が構築できる!
Parallels®︎ Desktop 18 for Mac 14日間無料トライアル!

Apple純正のWindows仮想環境ソフト「Boot Camp」は、M1・M2 Macでは動作しません。※Intel搭載のMacでのみ動作します。

M1・M2 Macで「Windows」を使うなら、対応するソフトは「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」のみです。

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」は、アカウント登録せずに無料トライアル版(14日間無料)をダウンロードできます。

今すぐ試すことが出来るようになっています。

アカウントを作成しないで14日間無料トライアルできるので、ぜひ試してみてください。

Parallels®︎ Desktop 17 for Macの使い方!

「Bizarre」ゲームストリーミングチーム!

Bizarreメンバー:リンドウ

「Bizarre」への参加・脱退は「Twitterのブロック解除」なみに簡単です。
「Bizarre」よくあるご質問も読んで見て下さい。



5%OFF特別クーポンコード:2GAME5



コメント

コメントする

目次