Macを買ったら最初にやる「Homebrew(アン)インストール」

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
引用:Homebrew
引用:Homebrew
ふる
ふる

こんにちは!「ふる(プロフィール詳細)」です。

 

Twitterのフォロワーが10人しかいません!

どうかフォローください!

 

@na65125038

MOMOHUKU(ふる)

 

MOMOHUKU - にほんブログ村

 

Homebrewは macOS(またはLinux)向けパッケージマネージャーです。

Mac(M1・M2含む)を使っている人ならHomebrewを100%インストールするはずです。

この記事ではMac(M1・M2含む)にHomebrewを導入する(インストールする)方法を紹介します。

併せて、Homebrewのアンイストールのやり方も解説しています。

ちなみにこの記事では

「Mac(M1・M2含む)でエンジニアスキルを上達させるためのTips」を紹介しています。

Mac(M1・M2含む)を“買いたてホヤホヤの方”にはとても良い内容なので、ぜひ参考にしてみて下さい。

目次

① Homebrew のインストール

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

Homebrewのインストールは、macOSのターミナルで上記コマンドを打つだけです。

:
:
:
HEAD is now at 33de21ab57f vineyard: add 0.7.2 bottle.
Warning: /opt/homebrew/bin is not in your PATH.
Instructions on how to configure your shell for Homebrew
can be found in the 'Next steps' section below.
==> Installation successful!

==> Homebrew has enabled anonymous aggregate formulae and cask analytics.
Read the analytics documentation (and how to opt-out) here:
https://docs.brew.sh/Analytics
No analytics data has been sent yet (nor will any be during this install run).

==> Homebrew is run entirely by unpaid volunteers. Please consider donating:
https://github.com/Homebrew/brew#donations

==> Next steps:
- Run these two commands in your terminal to add Homebrew to your PATH:
    echo 'eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"' >> /Users/ユーザー名/.zprofile
    eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"
- Run brew help to get started
- Further documentation:
https://docs.brew.sh

Installation successful!が表示されたら、Homebrewのインストールは無事に完了です。

手前にあるWarning: /opt/homebrew/bin is not in your PATH.の表示は、まだbinのPATHが追加されていないという警告です。

なので、下記でbinを追加します。

② HomebrewのPATHを.zprofile に追加する

==> Next steps:
- Run these two commands in your terminal to add Homebrew to your PATH:
    echo 'eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"' >> /Users/ユーザー名/.zprofile
    eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"
- Run brew help to get started
- Further documentation:
    https://docs.brew.sh

インストールコマンドを実行するとechoevalのコマンドを実行して.zprofileにPATHを追加して下さい。と表示されます。

echoevalのコマンドは下記箇所です。

echo 'eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"' >> /Users/ユーザー名/.zprofile
eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"

ターミナルにそのままコピペしてEnterで.zprofileにPATHが追加されます。

ちなみに、パスの“ユーザー名”の箇所には、自分のマシン名の“ユーザー名”が表示されます。

③ Homebrewを確認するbrew -v

brew -v
Homebrew 3.4.11
Homebrew/homebrew-core (git revision c16f32d9702; last commit 2022-05-17)

Homebrewにパスが通ったかどうか念の為に確認しておきましょう。

コマンドは何でも構いませんbrew -vコマンドで確認してみます。

バージョンが出力されたら完了です。

④ Homebrew をbrew updatebrew upgradeで更新する。

Homebrew を導入した後は、パッケージマネージャーを更新しましょう。

使用するコマンドはbrew updatebrew upgradeです。

コマンドの違い

  • brew update:Homebrewのアップデート
  • brew upgrade:Homebrewのアップデートに加えて、Homebrewにインストールされているパッケージの更新も行います。

つまりbrew upgradeだけで良いということです。

念の為、混同しないようにbrew updatebrew upgradeの両方を載せています。

実行例brew update

% brew update
==> Homebrew is run entirely by unpaid volunteers. Please consider donating:
    https://github.com/Homebrew/brew#donations
Updated 1 tap (homebrew/core).

実行例brew upgrade

% brew upgrade          
Running `brew update --preinstall`...
==> Auto-updated Homebrew!
Updated 2 taps (homebrew/core and homebrew/cask).

==> New Formulae
adamstark-audiofile                      mariadb@10.7
astro                                    markdown-toc
:
:
:
==> Upgrading git
  2.36.1 -> 2.37.2 

:
:
:

You may also need to force rebuild `zcompdump`:

  rm -f ~/.zcompdump; compinit

Additionally, if you receive "zsh compinit: insecure directories" warnings when attempting
to load these completions, you may need to run this:

  chmod -R go-w '/opt/homebrew/share/zsh'
==> git

The Tcl/Tk GUIs (e.g. gitk, git-gui) are now in the `git-gui` formula.
Subversion interoperability (git-svn) is now in the `git-svn` formula.

zsh completions and functions have been installed to:
  /opt/homebrew/share/zsh/site-functions

brew upgradeを実行すると、一行目にRunning brew update --preinstall…が表示されてbrew updateされているのが分かります。

その後、==> New Formulaeが表示されてHomebrewにインストールされているパッケージの更新が始まります。

⑤ Homebrew をアンインストールする

M1・M2 Mac でITスキル向上「とりあえず、マイクラ鯖を立てよう」!

マインクラフト統合版サーバーに「nyandaisensei」でログイン!
マインクラフト統合版サーバーに「nyandaisensei」でログイン!

M1・M2 Mac でマイクラ鯖を構築すれば簡単にITスキルが向上します。マイクラ鯖を構築するだけでネットワークどころか会社で使える実用技術を芋づる式で獲得できます。

しかも、“Parallels”の仮想環境で作業するので“買いたてホヤホヤ”の新品Macの環境を一切汚しません。

M1・M2 Macを使う人はWindows仮想環境を構築するはずなので、どちらにしろ“Parallels”を必ず使うと思います。

Parallelsでマイクラ鯖

  • Ubuntu 22.04 LTS ARM64のLinux仮想環境
  • Linuxコマンド
  • Git
  • 仮想環境のネットワーク知識
  • 仮想環境はDockerにも応用

仮想環境なので何度でもスクラップできるのがメリットです。

特に、エンジニアの方にオススメです。

M1・M2 Macでの開発はParallels仮想環境でやりましょう!メインPCで開発するのは環境汚染です!

模範回答

M1・M2 Macでの開発は、Parallels仮想環境上で開発がオススメ!

メインPC上での開発はオススメできません。

M1・M2 Macを使ってるエンジニアの方は、Parallelsの仮想環境上で開発しましょう。

メインPCで開発はダメ

  • PC環境が汚れる。
  • 安易にスクラップ&ビルドできない。
  • 開発しづらい。

Parallelsなら仮想環境を数分で構築できます。

開発はLinux(リナックス)環境が理想です。

開発はスクラップ&ビルドが基本だからです。

Linux(リナックス)と聞くと、、、OSメディアを自分で焼いて、、、とそんな作業をイメージします。

ラズパイなど基盤へのOSインストールが今だにそんな感じです。

時間・手間が掛かってやってられませんね。

時間・手間を掛けずLinux環境を構築できる「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」がオススメです。

数分でスクラップ&ビルドで開発環境をM1・M2 Mac上に一瞬で構築しましょう。

Wondershare

【記事PR】M1・M2 MacでWindowsを使うなら「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」14日間無料トライアル!

クリック数回でMac(M1・M2含む)上にWindows環境が構築できる!
クリック数回でMac(M1・M2含む)上にWindows環境が構築できる!
Parallels®︎ Desktop 18 for Mac 14日間無料トライアル!

Apple純正のWindows仮想環境ソフト「Boot Camp」は、M1・M2 Macでは動作しません。※Intel搭載のMacでのみ動作します。

M1・M2 Macで「Windows」を使うなら、対応するソフトは「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」のみです。

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」は、アカウント登録せずに無料トライアル版(14日間無料)をダウンロードできます。

今すぐ試すことが出来るようになっています。

アカウントを作成しないで14日間無料トライアルできるので、ぜひ試してみてください。

Parallels®︎ Desktop 17 for Macの使い方!



「Bizarre」ゲームストリーミングチーム!

Bizarreメンバー:くれいぱいぷ

「Bizarre」への参加・脱退は「Twitterのブロック解除」なみに簡単です。
「Bizarre」よくあるご質問も読んで見て下さい。



コメント

コメントする

目次