▲アプリ「ヤマト運輸」を活用しよう。再配達依頼を時短する方法。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今やAmazonでダンボールが届かない日が無いくらいネット通販は当たり前です。困るのが、仕事で日中不在にしていると入る不在票です。

これを毎回、再配達依頼するのが手間で、気を抜いて期間内に再発依頼しておかないと送り主に返品されるという悪循環になります。そんな僕と同じ経験をされている方にぜひ紹介したいのが「ヤマト運輸」アプリです。

目次

「ヤマト運輸」アプリなら5秒で再配達依頼。

「ヤマト運輸」アプリなので、当然依頼できるのはヤマト運輸の再配達のみです。使い方は簡単で、アプリを起動して、不在伝票のQRコードを読み取って依頼します。配達番号を手入力する手間もなく、たまりに溜まった配達伝票も、このアプリを使えば一瞬で片付きます。

Chairmore_1P_Sofa_MASALA_1100x
Chairmore_HangOut_BF_Directors_Chair_1100x
Chairmore_logo_900x
Chairmore_graf Plankton Table_550x_02
Charmore_GLAM_Working_Dining_Table_4096x
Chairmore_2P_Sofa_VINTO_4096x
previous arrow
next arrow

「クロネコメンバーズ」に登録しておきましょう。

「クロネコメンバーメンバーズ」はこちらから登録できます。費用は一切掛からず、登録しておくだけでヤマト運輸を通して、自分で配達される荷物が一覧で表示されます。配達状況についても確認できます。これが良い点は、もはや不在票がなくても再配達の依頼を出せることです。

他にも便利な「クロネコメンバーズ」サービス

荷物を受け取る以外にも「クロネコメンバーズ」サービスには便利なサービスがあります。例えば、メルカリなどで商品を売って荷物を送りたいときに「集荷」依頼も、この「ヤマト運輸」アプリで簡単に行えます。

佐川急便も同じく「佐川急便公式アプリ」

ヤマト運輸だけIT化が進んでいるのかと思っていましたが、調べてみると佐川急便も同様のサービスがありました(日本郵便は、下で紹介します。)。僕のイメージだと佐川急便は大口顧客(法人)向けで、個人へのサービスな手薄な印象がありましたが、そうでもないようです。

また、佐川急便も会員サービスがあり、こちらの「スマートクラブ」から登録できます。アプリの評価は低いものの、再発依頼ができるので時短にはなります。

Chairmore_1P_Sofa_MASALA_1100x
Chairmore_HangOut_BF_Directors_Chair_1100x
Chairmore_logo_900x
Chairmore_graf Plankton Table_550x_02
Charmore_GLAM_Working_Dining_Table_4096x
Chairmore_2P_Sofa_VINTO_4096x
previous arrow
next arrow

日本郵便は「LINE」で再配達。

他の2社と毛色が異なり日本郵便は「LINE」で再配達できるようです。また、LINEから転居届出も出来るようなのでかなり便利です。

また、日本郵便の会員サービスがあり、そこで取得する「ゆうびんID」でネット上の色んなサービスが便利になります。日本郵便の会員サービスは、こちらから登録できます。

無料なので使わないと損

実は、僕はこの記事を書くまで日本郵便のサービスについて知りませんでした。日本郵便の使い勝手は悪いな、と思いながら、電話でずっと再配達依頼してきました。次回からは「ゆうびんID」を使って時短していこうと思います。ぜひ、皆さんも記載したサービスを使って時短してみて下さい。



月間10万PVメディア「MOMOHUKU」を支えるツール3選

「MOMOHUKU」"月間10万PVメディア"にまで成長しました。

最近は"DX(デジタルトランスフォーメーション)"が流行りのせいか、、、「MOMOHUKUさんのWebサイトの運営ノウハウを知りたい。」とよく聞かれます。

誰もが知る東証一部の企業からも「コンサルしてほしい」と言われます。

表向きは丁重にお断りしていますが、ITコンサルなんか「ナンセンスなので絶対やらんわ」と内心では思っています。

僕がITコンサルに手を出した時は「よほど、この人はお金に困ってるんだな」と蔑んでみてもらって構いません。

後、ブログ運営に関する記事も書きません。

面倒臭いからです。

今の「DXの流れ」に一言いうなら?

興味ない。勝手にやってろ。

代わりに、このスペースでWebサイトで絶対に活用すべきツールを紹介します。

ここで紹介するツールがなければ、MOMOHUKUは「月間10万PV」にはならなかったと断言します。

ブログ運営に関する記事

貴重な情報を入れて「ブログ運営」に関する記事を過去に書きましたが、どれもアクセスが伸びませんでした。

ブログ運営に関する記事は巷に溢れ過ぎていて読み手からは全部同じ内容に見えるんだと思います。

かなり良い記事でしたが「全て非公開」にしました。

二度と公開しません。

とは言え、WPのエラー対策の記事などは上げています。

ツール①:WordPressテーマ「SWELL」なら「コンテンツ作り」に専念できる。

SWELLを使えば「コンテンツ作り」「3倍」は速くなります。

SWELLを最初から導入しましょう。

僕は「Webサイト運営が軌道に乗ったら」と考えて、100記事くらい書いたのちにSWELLを導入しましたが「最初から導入しておけばよかった」と後悔しました。

余談:Webサイトは「コンテンツファースト」

僕はWebサイトを「コンテンツファースト」で運営しています。

ちなみに「ITの専門知識をできるだけ使わない」ように心がけています。

非ITの人でも「学習コストなく運営できる仕組み」になるからです。

ITの専門知識を使うと"コスト"が発生する

  • コーディングすると"保守"が発生する。
  • 非IT系が一切触れなくなる。
  • 学習コストも発生する。

まぁ、こういう配慮をすると「舐め腐ってくる」のが非IT系ですが。

長い目で見れば「コーディング排除」は組織にとって確実に使い易いシステムになります。

まぁ「舐め腐ってくる非IT系」をきちんとシバき倒して下さい。

ツール②:レンタルサーバー「ConoHa WING」なら5分でWebサイトを構築できる。

「MOMOHUKU」は、レンタルサーバーに「ConoHa WING」を利用しています。

これから自分のオウンドメディアを立ち上げる方は「ConoHa WING」の利用をオススメします。

理由は「ConoHa WING」なら5分でサイトが立ち上がるからです。

余談:ITはシンプルさ、手軽さが正義

「コンテンツファースト」を心がけていると書きました。

同様にITは「シンプルさ、手軽さ」が正義です。

技術を軽視するわけでなく「ITにこだわると面倒臭く」なるだけだからです。

例えば

「WordPressを高速化してくれ」とITエンジニアに相談してみてください。

WordPressをGatsby.jsで静的サイト化すれば爆速化します!なんて言うITエンジニアが絶対にいます。

そのITエンジニアは続けてこう言います。

サイトは爆速化されますが「非IT系」はWebサイトに触れなくなります。

うちは「エンジニアしかいない」から良いんです。

こういう会社は「先祖帰り」したいだけです。

「自分たちにしか出来ない仕事」を増やしたいだけですね。

何より前提である「サイトが爆速化」されると言うのも絶対に達成されません。

僕のサイト「MOMOHUKU」と「Gatsby.jsを一生懸命に導入したWebサイト」でPageSpeed Insights(速度評価を比較)してみれば分かります。

ツール③:WordPressのプラグインは、とりあえず「UpdraftPlus」を入れる。

僕が尽く救われてきたプラグインを一つ上げるなら「UpdraftPlus」です。

「UpdraftPlus」だけで確実に幸せになれます。

しかも、無料です。

本当に申し訳ないことに「無料」で必要十分の機能です。

そろそろ、感謝だけの気持ちで「有料」を購入しようかと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる