予算14万自作PC比較!ドスパラ ガレリア RM5R-R36 レビュー

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ふる
ふる

こんにちは!「ふる(プロフィール詳細)」です。 

 

記事は信頼性ある内容を心がけています。

  • IT専門
  • 宅建士、行政書士資格保有
  • 体組成計"プロアスリート"認定

@na65125038

MOMOHUKU(ふる)
 

MOMOHUKU - にほんブログ村

この記事ではBTOパソコン「ガレリア RM5R-R36」と同額で自作した際のスペックも比較をします。
ただ、結論を言えば、同額でも自作PCの方が「大幅にスペックアップ」します。

ドスパラのゲーミングPC「ガレリア RM5R-R36」は、14万円で格安ながら「ハイスペック」です。自作PCerの僕から見てもコストパフォーマンスは最強です。スペックを見る限り余裕でFPSゲーム「Apex」をプレイするのも余裕です。

記事中では「ガレリア RM5R-R36 14万円」をレビューしています。ちなみに、ドスパラのパソコンはカスタマイズが難しかったりするので、パソコンパーツに精通している自作PCerの僕がおすすめの「カスタマイズ」を紹介します。

パソコン購入で一番気になることは?

購入するパソコンのスペックの【価格が妥当かどうか】ではないでしょうか?

買うかどうかはさておき、購入を検討されているBTOと同額で自作した場合、そのパソコンのスペックをしりたくありませんか?この記事では、ほぼ同額での自作PCのパーツ構成を検討しています。

この記事では市販BTOのスペックをレビューしますが、単なるスペック解説記事に止めることなく同額で自作したらどれくらいスペックに差がつくかも検証していきます。

明らかにパソコンを自作の方がお得なので、ぜひこの記事を参考にしてみてくだい。

目次

ドスパラ、パソコン工房、マウスコンピューターなど主要BTOメーカーの特徴

マウスコンピューター、パソコン工房、ドスパラとBTOメーカーが様々ありますが、それぞれ価格・特徴があります。表にまとめるので参考にしてみてください。

ドスパラパソコン工房マウスコンピューター
価格安い比較的安い高い ※既に完成された構成のため
初期構成カスタマイズ前提安くてバランス良い構成比較的に高めのバランス良い構成
特徴カスタマイズ前提。特に排熱周りを強化しないと故障しやすいPC構成になり易い。初期構成で完成されている。カスタマイズは好みで。初心者向けに安心して使える構成。ただ「ハイスペックさ」を売りにするアンバランスさがあったりする。
ターゲット中上級者向け大半がコラボPCのため好みが分かれる。圧倒的に選び易くて初心者向け。

要は、PCのパーツ構成に詳しければ「ドスパラ」、詳しくないなら「マウスコンピューター」、好みでパソコン工房です。ちなみに、実際のところ、安くて初期構成からバランス良いBTOは「パソコン工房」だったりします。

「パソコン工房」で購入画面まで進めば分かりますが、パーツカスタムの選択肢が少ないのに気づきます。これは「初期構成で完成されいている」からです。ただ、パソコン工房は大半がコラボPC前提にしているので「誰この人?」「買う気失せる」となり易いです。

パソコンを知っている人間なら「ドスパラ」と「パソコン工房」で比較しながら買うのがオススメです。しかし、実のところBTOパソコンで一番売り上げが良いのは「マウスコンピューター」だと思います。

その理由は「パソコン選び」は「マウスコンピューター」のサイトが圧倒的に分かり易いからです。多少高くても「安心」を得たい初心者を上手くターゲットにしていると思います。

ドスパラのBTOパソコンは「カスタム前提」が多い。

さて、GALLERIA RM5R-R36のレビューに早々入るべきですが、念の為に言いますが「ドスパラのパソコン」は「故障しやすい」と言われたりしますが、それは間違いです。

上でも言いましたが、ドスパラのBTOの初期構成は最初から無理がある構成がザラです。

例えば、排熱です。マザボが溶けるだろうと言われるようなインテル爆熱CPUを「空冷」で合わてきます。

他には、電源です。ドスパラは自サイトに自作PCer向けに推奨電源容量を計算する「電源電卓シミュレーター」を公開しているのですが、面白いことに自サイトのBTOパソコンがこれで計算する推奨電力に満たない状態で初期構成にしていたりします。

電源容量不足はカスタマイズ前提価格なのでしょう。それを裏付けるように電源のカスタマイズの選択肢は「やたら多い」です。

Amazon 最新ランキング(プライムビデオ)

ドスパラPCがお得な時期

「今から買おう」と思っている方に「購入時期」の話をするのは、購入のモチベを下げる要因になりかねませんが。ドスパラPCがお得な時期は年末年始です。どちらかと言えば「年始」です。2022年の年始セールもかなり良い構成のゲーミングPCが販売されました。

ドスパラは、僕も「記事でオススメする」くらい「完璧」な初期構成BTOパソコンを数量限定で販売していました。

ただ「じゃあ年始まで待とう」と考えない方が良いです。数量限定なので買えない場合があるからです。今年の年始のドスパラの特別仕様のPCなら比較的ゆるかったので買おうと思えば買えましたが。それでも数時間で完売しました。

それくらい「年始セール」は考えている以上に激戦だからです。

Amazon 最新ランキング(フィギュア)

予算14万円の自作PCをスペック比較

引用:GALLERIA RM5R-R36

「GALLERIA RM5R-R36」の構成を精査していきましょう。冒頭でも書きましたが、ドスパラで一番売れているPCです。パッと構成を見ても、コストとスペックのバランスがこの上なく「かなり良い感じ」ですね。

まぁ、僕が選んだ自作パーツ構成の方がもっとコスパ良い組み合わせになるんですけどね。

GALLERIA RM5R-R36 初期構成

自作パーツ構成

OS

Windows10 Home

Windows10 Pro 0.3万

CPU

AMD Ryzen 5 3600 3.6GHz 6cr 12th

AMD Ryzen 5 3600(3.6GHzー4.2GHz、6コア12スレッド)

CPUクーラー

サイズ オリジナルCPUクーラー 虎徹 Mark II

サイズ 虎徹 MarkⅡ

グラボ

NVIDIA GeForce RTX 3060 12GB

メモリ

16GB(8GB×2)

SSD

M.2 SSD 500GB(NVMe)

HDD

無し

無し

マザボ

Z590 チップセット ( ATX / SATA 6Gbps 対応ポートx4 / M.2スロットx2 )

ケース

ガレリア専用 SKMケース MicroATX スタンダード(14cmリアx1)

電源

650W 80PLUS GOLD

金額(税込み)

14.5万

15.3万

僕が選んだパーツ構成は、ドスパラ構成に+8,000千円となりました。さて、+8,000円でどれくらいスペックアップしたと思いますか?

控えめに言っても「大幅スペックアップ」です。自画自賛ですが、かなり良くなってますね。

「GALLERIA RM5R-R36」で優れているパーツは「マザーボード」ですね。ATXのZ590チップセットのマザーボードなのでB550より上位です。チップセット周りの冷却性能が優れているのでパソコンの耐久性は上がります。

以下で、パーツごとに比較していきましょう。

CPUスペックは、自作PCは「大幅スペックアップ」!

GALLERIA RM5R-R36

自作パーツ

UL CPU 3D Markスコア AMD Ryzen5 3600
UL CPU 3D Markスコア
AMD Ryzen5 3600
UL CPU 3D Markスコア AMD Ryzen7 5700G
UL CPU 3D Markスコア
AMD Ryzen7 5700G

画像の通りAMD Ryzen7 5700GとAMD Ryzen5 3600のスペックにはこれだけ差があります。

どちらを買っても「損は無い」です。ただ、数千円でこれだけスペックに差があるなら「自作PCで良いじゃん」となっても良いでしょう。

ちなみに、スコアは3D MarkベンチのULが日々更新しているCPUスペックの一覧データです。しかも、何万台もあるユーザーPCからの取得・公開しているスペックデータです。

この一覧データから分かるのは

  • AMD Ryzen5 3600は97位です。⇒かなり優秀なCPU、だから「ガレリア RM5R-R36 14万円」の構成は良さそう。
  • ただ、AMD Ryzen7 5700Gで自作すれば「ほぼ同額」で「圧倒的に優秀なPC」が手に入ります。

3060グラボのスペックは「39位」!

NVIDIA GeForce RTX 3060 12GBGALLERIA RM5R-R36 自作パーツともに同じ

UL GPU 3D Markスコア NVIDIA GeForce RTX 3060 12GB
UL GPU 3D Markスコア
NVIDIA GeForce RTX 3060 12GB

3060グラボは「オーバースペック」にならず丁度良いスペックです。FHDなら平均144fpsでゲームを快適に出来ます。困るのは4KのFPSゲームと重たい動画エンコードで時間が伸びるくらいです。

それ以外で困ることは「無い」と言えます。ちなみに、4Kで144fpsでFPSゲームをしたいと思う人はいないと思います。まず、画質が綺麗とは言え画面が大きくなり過ぎます。

それ以前にわざわざクソ高い4Kハイリフレッシュレートのゲーミングモニターを新調する人は少ないでしょうし。

GALLERIA RM5R-R36」のゲーミング性能

Apex LegendsフルHD(中設定)

フルHD(最高設定)
4K(WQHD)(最高設定)
フォートナイトフルHD(中設定)
フルHD(最高設定)
4K(WQHD)(最高設定)
Escape from TarkovフルHD(中設定)
フルHD(最高設定)
4K(WQHD)(最高設定)
VALORANTフルHD(中設定)
フルHD(最高設定)
4K(WQHD)(最高設定)
Dead by DaylightフルHD(最高設定)
4K(WQHD)(最高設定)
平均60fps以下:✕ 平均60〜144fps:▲ 平均144〜244fps:○ 平均244fps以上:◎

完全に話が逸れるかも知れませんが、「ゲーミングPC」で問題になり易いのは「モニター性能」です。3060グラボのPCでFHDのゲームで性能不足になることは「無い」と断言しておきます。

ゲーミングモニターは、FHD240Hz、応答速度1ms以下!のハイリフレッシュレートにしてください。

解像度はFHDで大丈夫です。それだけで「世界」が変わるので。

FHD240Hz、応答速度1ms以下!でも安い!

Amazon 最新ランキング(ゲーム)



「GALLERIA RM5R-R36 14万円」カスタマイズポイント

編集中

TSUKUMOネットショップ

【記事PR】M1・M2 MacでWindowsを使うなら「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」14日間無料トライアル!

クリック数回でMac(M1・M2含む)上にWindows環境が構築できる!
クリック数回でMac(M1・M2含む)上にWindows環境が構築できる!
Parallels®︎ Desktop 18 for Mac 14日間無料トライアル!

Apple純正のWindows仮想環境ソフト「Boot Camp」は、M1・M2 Macでは動作しません。※Intel搭載のMacでのみ動作します。

M1・M2 Macで「Windows」を使うなら、対応するソフトは「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」のみです。

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」は、アカウント登録せずに無料トライアル版(14日間無料)をダウンロードできます。

今すぐ試すことが出来るようになっています。

アカウントを作成しないで14日間無料トライアルできるので、ぜひ試してみてください。

Parallels®︎ Desktop 17 for Macの使い方!

Wondershare

Amazon 最新ランキング(フィギュア)

「Bizarre」ゲームストリーミングチーム!

Bizarreメンバー:明楽十愛

「Bizarre」への参加・脱退は「Twitterのブロック解除」なみに簡単です。
「Bizarre」よくあるご質問も読んで見て下さい。

Amazon 最新ランキング(フィギュア)

コメント

コメントする

目次