外付けSSD・HDDと内蔵型の違いを比較、メリット・デメリット!

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Buffalo 外付けNVMe SSD 1TB 転送速度2,000MB/s SSD-PHE1.0U3-BA
※価格コム¥21,674
ふる
ふる

こんにちは!「ふる(プロフィール詳細)」です。 

 

記事は信頼性ある内容を心がけています。

  • IT専門
  • 宅建士、行政書士資格保有
  • 体組成計"プロアスリート"認定

@na65125038

MOMOHUKU(ふる)
 

MOMOHUKU - にほんブログ村

早速、結論ですが外付けSSD・HDDをオススメしません。外付けは、内蔵型に価格・性能面で確実に劣るからです。

外付けSSD・HDDのコスパって、実はかなり悪いんです。

100歩譲って外付けSSD・HDDには「外でも持ち運べる」とメリットがありますが、いや、まぁGoogleドライブでえーやんと。

外付けSSD

  • 内蔵SSD・HDDに比べて明らかに高い
  • 内蔵SSD・HDDに比べて性能も悪い
  • 持ち運びはクラウド上のドライブの方が圧倒的に便利
  • データ管理も不便

外付けSSD・HDDの口コミを見ると必ず速度が速いというコメントを見ますが、同価格帯の内蔵SSD・HDDに対して速度含む性能はおろか価格は絶対的に劣ります。

まぁ当たり前なんですが。

この記事では外付けSSD・HDDと内蔵型SSDの違いを比較、メリット・デメリットをまとめて紹介します。

※以降、本記事では外付けHDDを含めて「外付けSSD」に記載を統一します。理由は外付けHDD(厳密には磁気ディスク)と言えど、結局は「外付けSSD」を検討するからです。

目次

外付けM.2 SSDと内蔵型M.2 SSDの違いを比較

外付けM.2 SSD

Buffalo 外付けNVMe SSD SSD-PHE1.0U3-BA
内蔵M.2 SSD

Samsung 980 PRO
価格約1〜2万円約1〜2万円
容量1TB、500GB2TB、1TB、500GB、250GB
内蔵・外付け外付け内蔵
インターフェースUSB 3.2(Gen2x2)PCIe Gen 4.0 x4(NVMe)
USB Type-C
読込速度約2,000MB/s7,000MB/s
書込速度5,100MB/s
NAND TypeN/ASamsung V-NAND TLC
TBWN/A2TB
1,200TBW
1TB
600TBW
500GB
300TBW
250GB
150TBW
MTBFN/A150万時間
年間故障率N/AN/A
製品保証1年5年
動作温度N/A0〜70℃
騒音(シーク時)約0dBA約0dBA
重量約100g約9.0 g
引用:Buffalo 外付けNVMe SSD SSD-PHE1.0U3-BA 製品概要
引用:Samsung 980 PRO 製品概要

上記は外付けM.2 SSDと内蔵型M.2 SSDで性能を比べた表です。

まぁ、明らかに壊れやすくて高いのが「外付けM.2 SSD」です。それでも持ち運び用途で「Buffalo 外付けNVMe SSD SSD-PHE1.0U3-BA」を買おうとする方がいるかもしれません。

容量に対して価格は大して変わらないですが、M.2 SSDであったとしても外付けになるだけで明らかに性能は3段階くらい落ちます。製品保証は外付けSSDの「Buffalo 外付けNVMe SSD SSD-PHE1.0U3-BA」が1年ということから耐久性もかなり落ちます。

ちなみに「Buffalo 外付けNVMe SSD SSD-PHE1.0U3-BA」は外付けSSDの中でもハイエンドなので、外付けM.2 SSDの製品の中では品質は高いはずです。

まぁ僕だったら「Googleドライブ」で代用します。

価格も内蔵SSDの方が圧倒的コスパが良い

外付け2.5インチSSDと内蔵型2.5インチSSDの違いを比較

外付け2.5インチSSD

Samsung 980 PRO
内蔵2.5インチSSD

Samsung 870 QVO
容量2TB、1TB、500GB、250GB8TB、4TB、2TB、1TB
内蔵・外付け内蔵2.5インチ内蔵
インターフェースPCIe Gen 4.0 x4(NVMe)SATAⅢ 6Gb/s
RPMN/AN/A
読込速度7,000MB/s560MB/s
書込速度5,100MB/s530MB/s
NAND TypeSamsung V-NAND TLCSamsung V-NAND QLC
TBW2TB
1,200TBW
8TB
2,880TBW
1TB
600TBW
4TB
1,440TBW
500GB
300TBW
2TB
720TBW
250GB
150TBW
1TB
360TBW
年間ワークロードN/AN/A
MTBF150万時間150万時間
年間故障率N/AN/A
製品保証5年3年
動作温度0〜70℃0〜70℃
非動作時の温度N/AN/A
騒音(シーク時)約0dBA約0dBA
重量約9.0 g46.0〜57.0g
引用:Samsung 870 QVO 製品概要

内蔵2.5インチSSDの方が安い

M1・M2 Mac でITスキル向上「とりあえず、マイクラ鯖を立てよう」!

マインクラフト統合版サーバーに「nyandaisensei」でログイン!
マインクラフト統合版サーバーに「nyandaisensei」でログイン!

M1・M2 Mac でマイクラ鯖を構築すれば簡単にITスキルが向上します。マイクラ鯖を構築するだけでネットワークどころか会社で使える実用技術を芋づる式で獲得できます。

しかも、"Parallels"の仮想環境で作業するので"買いたてホヤホヤ"の新品Macの環境を一切汚しません。

M1・M2 Macを使う人はWindows仮想環境を構築するはずなので、どちらにしろ"Parallels"を必ず使うと思います。

Parallelsでマイクラ鯖

  • Ubuntu 22.04 LTS ARM64のLinux仮想環境
  • Linuxコマンド
  • Git
  • 仮想環境のネットワーク知識
  • 仮想環境はDockerにも応用

仮想環境なので何度でもスクラップできるのがメリットです。

特に、エンジニアの方にオススメです。

M1・M2 Macでの開発はParallels仮想環境でやりましょう!メインPCで開発するのは環境汚染です!

模範回答

すべて無料の素材サイト「PixJam」

京都らしいお店
京都の画像を追加中

MOMOHUKUを見てくれてる人は、何かを作ることが好きな"クリエイター"の人たちが多いです。

そして、僕も何かを生み出すのが好きな"クリエイター"です。

"クリエイター"にとって、便利なのが「素材サイト」です。

「PixJam」は、商用利用も含めてすべて"無料"で使える「素材サイト」です。

「PixJam」はすべて無料で使える素材サイト!

  • ゆっくり実況で使う
  • イラスト制作に使う風景
  • 絵の練習用など

"無料"と断言できるのは「PixJam」を作ったのは「僕」だからです。

「PixJam」にある素材は、個人でも意識しないで気ままに利用できるように「かなり自由度の高い無料素材サイト」として利用規約をアレンジしています。

例えば、事業における販売(2次利用)も可能とするよう規約を工夫しています。

眺めてるだけでもアイデアに繋がるようなサイト構成にしています。

ぜひ、活用してみてください。

余談:今は頑張って素材を追加中!

「PixJam」は、僕が撮影した田舎の風景画像を追加していってます。

画像、動画、イラストの素材サイトと言いながら、まだ暫くの間は動画やイラストに手が出そうにありません。

コメント

コメントする

目次