HDDとSSD(M.2、2.5インチ)の使い分け、併用(両方搭載)のやり方!

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事では、M.2 SSD、SATA2.5インチSSD、HDDのどれが一番に耐久性・寿命が優れるか、とても分かりやすく回答してみせます。

先ずM.2 SSD、SATA2.5インチSSD、HDDの耐久性・寿命の結論はこれです。

耐久性・寿命の結論

「2.5インチSSD ≧ M.2 SSD > HDD」

やっぱりSSDの方が優れているじゃん。

確かにその通りですが、SSDが優れていると示す根拠ってありましたか?

無いはずです。

だって、シンプルにSSDとHDDを比較できる指標はないからです。なので、他の記事では"HDDに対してなんとなくSSDの方が優れている"としか書かれていません。

ただ、この記事では、自信をもって「2.5インチSSD ≧ M.2 SSD > HDD」と、こう言えるわけです。まぁ簡単な理屈です。ちなみに、速度を加味すれば「2.5インチSSD ≧ M.2 SSD > HDD」です。

目次

SSD(M.2、2.5インチ)とHDDの使い分け

HDDとSSDの使い分けはとてもシンプルです。簡潔に言えば、SSDがメインでHDDはあくまでサブです。

SSDのデータ転送量はHDDディスクの2倍以上、M.2 SSDに関して言えばHDDの約10倍以上で高速化されます。なので、SSDはWindowsなどのOS、アプリの保存ディスクとして使いましょう。

ポイントは、SSD(M.2)を必ず搭載しましょう。HDDは用途次第です。HDDを使う機会は、使用頻度が低い長期保存用データが向いています。

使い分けの基本構成

HDDとSSDの使い分け

使い分け
M.2 SSD

Samsung 980 PRO

2.5インチSSD

Samsung 870 QVO
・Windows、macOSなど起動ディスク
・Premire Proなどアプリを保存、起動
HDD

Western Digital 8TB WD Gold
・画像、動画データ保存
・その他、使用頻度が低いデータ

例えば、動画編集のデータは大容量になりがちなのでHDDが向いています。ちなみに、HDDをいくら買おうがSSDにコスト負けすることはないので、HDDを買うなら現状HDDで最高の信頼性を誇る「Western Digital 8TB WD Gold」をお勧めします。

僕は動画編集のデータ保存用に「Western Digital 8TB WD Gold」を使っています。

①ゲーミングPCでの使い分け

目安容量使い分け
M.2 SSD

Samsung 980 PRO

2.5インチSSD

Samsung 870 QVO
1〜2TBApex、VALORANTなどのゲーム起動ディスク

HDD
不要N/A

②動画録画・編集での使い分け

目安容量使い分け
M.2 SSD

Samsung 980 PRO


2.5インチSSD

Samsung 870 QVO
1〜2TBOS、アプリ起動ディスク

HDD

Western Digital 8TB WD Gold
4TB以上動画編集データ

③テレビ録画での使い分け

下記どちらかを選択すると良いです。

目安容量使い分け

2.5インチSSD

Samsung 870 QVO
4TB以上テレビ映像データ保存

HDD

Western Digital 8TB WD Gold
8TB以上テレビ映像データ保存

テレビ映像の保存用には、4TB以上で2.5インチSSD or HDDのどちらか一方を選べば良いでしょう。

ちなみに、M.2 SSDは容量2TBが大体上限なのでお勧めしません。まぁ耐久性の面からも、SSDを選ぶなら2.5インチが無難です。

テレビ映像データの保存目安は、1時間あたり約7.5GBで4TBなら約520本録画できます。なので、映像を削除せずに使用することも踏まえるなら、SSD、HDDの容量は4TB以上が最適です。

容量1TB
1024GB
2TB
2048GB
4TB
4096GB
5TB
5120GB
8TB
8192GB
10TB
10240GB
実容量943.6GB1887.2GB3774.4GB4718GB7548.8GB9436GB
HD動画時間85時間20分170時間40分340時間20分426時間40分680時間40分853時間20分
1h動画数85本170本340本426本680本853本
地デジ時間約130時間約260時間約520時間約650時間約1040時間約1300時間
1h動画数130本260本520本650本1040本1300本
フルHD動画時間42時間40分84時間20分168時間40分213時間20分337時間20分426時間40分
1h動画数42本84本168本213本337本426本
4K動画時間29時間52分59時間44分119時間28分149時間20分238時間56分298時間40分
1h動画数29本59本119本149本238本298本
※地デジの解像度(1,440×1,080ピクセル)が、FHDの解像度(1,920×1,080ピクセル)よりも低い。
※地デジ1時間の録画には約7.5GBの容量が必要になる。

サーバー用途での使い分け

目安容量使い分け

M.2 SSD/2.5インチSSD
不要N/A

HDD

Western Digital 8TB WD Gold
4TB以上N/A

本記事に純粋にサーバー用途で構成を組もうとする方がどれほどいるかは分かりませんが。

SSDを不要としている点は、決してSSDサーバー構成にメリットがないわけではありません。大抵のサーバーは低スペックからで大丈夫です。

M.2 SSD(NVMe SSD)と2.5インチSSDの違いは「交換・増設」

M.2 SSDは、PCパーツでもずば抜けて「交換・増設」しづらい部品です。爆速だけど、交換しづらいから「M.2 SSDじゃなくて2.5インチSSDで良いじゃん」と言えるほどに面倒臭いパーツです。

M.2 SSDの増設については、大抵巨大グラボの下にM.2スロット(挿し込み口)があって、下手すればグラボだけでなくCPUすら外さないと「交換・増設」できないからです。

ちなみにBTOパソコンは初期構成は、今や必ず「M.2 SSD固定」です。

例えば、BTOパソコンのストレージを「交換・増設」したくなったら?

たかがストレージ増設ごときで、BTOメーカーに手数料を数万円(あるいは修理保証への加入前提)払うことになります。M.2 SSDになると、本来ならSATA一本で増設できる、たかがSSDごときに尋常じゃない手間が掛かります。

まぁ、故障前に自分で2.5インチSSDに交換するということも可能ですが。

結局は、SSDにしても、HDDにしても、いつか壊れる「消耗品」でしかありません。なので、SSD・HDDは気軽に「交換・増設」できた方が良いです。

もろもろ踏まえると、僕はやはりPCを数年レベルで使うなら、結局は自作した方が圧倒的にコスパが良いと断言しておきたいです(まぁPCを自作できる時点で、PCの構成を熟知しているので自分で修理もできるからです。)。

HDDとSSD(M.2、2.5インチ)の併用(両方搭載)のやり方!

【記事PR】M1・M2 MacでWindowsを使うなら「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」14日間無料トライアル!

クリック数回でMac(M1・M2含む)上にWindows環境が構築できる!
クリック数回でMac(M1・M2含む)上にWindows環境が構築できる!
Parallels®︎ Desktop 18 for Mac 14日間無料トライアル!

Apple純正のWindows仮想環境ソフト「Boot Camp」は、M1・M2 Macでは動作しません。※Intel搭載のMacでのみ動作します。

M1・M2 Macで「Windows」を使うなら、対応するソフトは「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」のみです。

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」は、アカウント登録せずに無料トライアル版(14日間無料)をダウンロードできます。

今すぐ試すことが出来るようになっています。

アカウントを作成しないで14日間無料トライアルできるので、ぜひ試してみてください。

Parallels®︎ Desktop 17 for Macの使い方!

Amazon 最新ランキング(フィギュア)

すべて無料の素材サイト「PixJam」

京都らしいお店
京都の画像を追加中

MOMOHUKUを見てくれてる人は、何かを作ることが好きな"クリエイター"の人たちが多いです。

そして、僕も何かを生み出すのが好きな"クリエイター"です。

"クリエイター"にとって、便利なのが「素材サイト」です。

「PixJam」は、商用利用も含めてすべて"無料"で使える「素材サイト」です。

「PixJam」はすべて無料で使える素材サイト!

  • ゆっくり実況で使う
  • イラスト制作に使う風景
  • 絵の練習用など

"無料"と断言できるのは「PixJam」を作ったのは「僕」だからです。

「PixJam」にある素材は、個人でも意識しないで気ままに利用できるように「かなり自由度の高い無料素材サイト」として利用規約をアレンジしています。

例えば、事業における販売(2次利用)も可能とするよう規約を工夫しています。

眺めてるだけでもアイデアに繋がるようなサイト構成にしています。

ぜひ、活用してみてください。

余談:今は頑張って素材を追加中!

「PixJam」は、僕が撮影した田舎の風景画像を追加していってます。

画像、動画、イラストの素材サイトと言いながら、まだ暫くの間は動画やイラストに手が出そうにありません。

Amazon 最新ランキング(フィギュア)

コメント

コメントする

目次