肌に優しい自然派石鹸でニキビ予防「ねば塾 白雪の詩」

このエントリーをはてなブックマークに追加

数年来、洗顔、ボディソープに「ねば塾 白雪の詩」(石鹸)を使ってます。

目次

見出し

「ねば塾 白雪の詩」の見た目は(機械作業はあると思いますが)シンプルな石鹸で不器用にそのまま切り出したような印象を受けます。それが、どこか温もりを感じさせます。ラベルは障害者の方が手で貼っているようです。石鹸を製造している「ねば塾」は、1978年より創業43年になります。創業当初は、障がい者福祉施設の方2名と代表の3名で始められた有限会社ねば塾です。「障害者」が「共に働く場所」として「ねば塾」は設立経緯に特徴があります。

「ねば塾 白雪の詩」は、かなり大きめサイズの石鹸です。市販の石鹸が1個85~100グラムに対して、「ねば塾 白雪の詩」は180グラムです。約1.5~2.0倍ほどの容量で、価格が2個200円ほどです。評判もかなり高いので、一度使ってみて合うかどうか確かめるのも良いと思います。

「ねば塾 白雪の詩」の成分は、パーム油、パーム核油の脂肪酸を中和法で焚いた無添加のシンプルなせっけんです。泡立ちがいいのが特長です。法律上、化粧石鹸でなく台所石鹸という扱いになりますが、ボディソープ、洗顔などスキンケアにも使えます。余談ですが、化粧石鹸にするには、認可工場で製造するなど、薬事法による複数の規定をクリアしなければならないようです。工場で製造しないことが、コスト削減に繋がり低価格を実現したとも言われています。

僕は「ねば塾 白雪の詩」を泡立てネットと一緒に使用しています。泡立てネットを使えば簡単に泡立てることができて、キメの細かいとても気持ちの良い泡で洗顔出来ます。

全員が好き勝手に活動する!
「Bizarre」ゲームストリーミングチーム!

Bizarreメンバー:bonmaru_kiroku_


「Bizarre」への参加・脱退は「Twitterのブロック解除なみ」に簡単です。
「Bizarre」よくあるご質問も読んで見て下さい。

コメント

コメントする

目次
閉じる