M.2 SSD、SSD、HDDの耐久性・寿命、どっちが優れるか結論!

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事では、M.2 SSD、SATA2.5インチSSD、HDDのどれが一番に耐久性・寿命が優れるか、とても分かりやすく回答してみせます。

先ずM.2 SSD、SATA2.5インチSSD、HDDの耐久性・寿命の結論はこれです。

耐久性・寿命の結論

「2.5インチSSD ≧ M.2 SSD > HDD」

やっぱりSSDの方が優れているじゃん。

確かにその通りですが、SSDが優れていると示す根拠ってありましたか?

無いはずです。

だって、シンプルにSSDとHDDを比較できる指標はないからです。なので、他の記事では"HDDに対してなんとなくSSDの方が優れている"としか書かれていません。

ただ、この記事では、自信をもって「2.5インチSSD ≧ M.2 SSD > HDD」と、こう言えるわけです。まぁ簡単な理屈です。ちなみに、速度を加味すれば「2.5インチSSD ≧ M.2 SSD > HDD」です。

目次

「M.2 SSD ・2.5インチSSD」と「HDD」を比較する指標はない?

はい、SSDとHDDを比較する指標はありません。言わば、犬と猫の寿命を比較するようなものです。

多くの記事では、M.2 SSDとSATA2.5インチSSDは比較できています。それは、M.2 SSD、SATA2.5インチSSDにはTBW(Tera Bytes Written:書き込み可能総量)という指標があるからです。

HDDの性能指標にはTBWが「無い」ので、実際にHDDとSSDを比較できません。

「指標」

M.2 SSD2.5インチSSDHDD
耐久性に関する指標TBWTBWMTBF
年間ワークロード
製品保証(年数)

さて、種別の異なる者同士を比較するにはどうするか?

無いなら「指標」を作れば良いわけです。



Amazon 最新ランキング(プライムビデオ)

M.2 SSD、2.5インチSSD、HDDのスペック

※容量によってTBW、ワークロードが変化するため容量2TBで比較しています。

M.2 SSD2.5インチSSDHDD

Samsung 980 PRO 2TB

Samsung 870 QVO 2TB

Western Digital 2TB WD Gold
耐久性に関する指標1,200TBW
※2TB
720TBW
※2TB
MTBF:200万時間
年間ワークロード:最大550TB/年
製品保証:5年
引用:Samsung 980 PRO 製品概要
引用:Samsung 870 QVO 製品概要
引用:WD Gold 製品概要

TBWで書き込み残量を計算したところで、残念ながら「まだ数十年分、書き込める。」だから「SSDは耐久性あるんです。」という議論しかできません。HDDと何も比較しないままです。

さて、じゃあHDDと比較します。

「WD Gold」というこの世で一番の最高スペックのHDDです。8TBで約3.4万円でコスパ最強です。MTBFは200万時間なので、半永久的に壊れないHDDです(そんな訳がない。)。

つまり、MTBFは比較に使いません。

HDDの製品保証が5年なので、SSD含めて全製品5年あたり、1年あたり、1日あたりのTBW・ワークロードを出してみましょう。

Amazon 最新ランキング(フィギュア)

1日あたりのTBW・ワークロードを比較する。

※容量によってTBW、ワークロードが変化するため容量2TBで比較しています。

M.2 SSD2.5インチSSDHDD

Samsung 980 PRO 2TB


Samsung 870 QVO 2TB

Western Digital 8TB WD Gold
5年あたり1,200TBWN/Aワークロード
最大900TB
3年あたり720TBW720TBWワークロード
最大540TB
1年あたり240TBW240TBWワークロード
最大180TB/年※1
1日あたり約0.67TBW約0.67TBWワークロード
約0.5TB
引用:Samsung 980 PRO 製品概要
引用:Samsung 870 QVO 製品概要 ※本来の製品保証は3年
引用:WD Gold 製品概要
※1 WD Gold 2TBに年間ワークロードの記載はなく「WD Purple 2TB」の年間ワークロードを利用

HDDが一番優れているじゃんと思うかもしれませんが、違います。ここでもう一度言いますが、SSDは「TBW≒書き込み総量」で、HDDは「ワークロード≒読み書き総量」です。

HDDは「データを読む」だけで消耗する訳です。

ということで、明らかに2.5インチSSDが耐久性、寿命で優れていると分かるわけです。

問題は、M.2 SSDとHDDの優劣ですが、普通に利用していればデータを書き込むよりも読み込む方が多いと想像がつきます。なので、M.2 SSD≒HDDとしていいますが、やはりM.2 SSDの方が耐久性・寿命は上のはずです。

いかがでしょうか?シンプルで簡単だと思いませんか。

ちなみに磁気ディスク「WD Gold」の1.5TBは、容量100GBの4K映像を「15回読み込む程度」でいっぱいになります。HDDの"読み書きで1.5TB"は意外と簡単に到達するかもしれません。※4K/60fps 2時間の動画で約86GBです。



Amazon 最新ランキング(フィギュア)

M.2 SSD/SSDを長く使う方法は「データを書き込まない」


870 QVO

870 EVO

970 EVO Plus

980

980 PRO
容量8TB、4TB、2TB、1TB4TB、2TB、1TB、500GB、250GB2TB、1TB、500GB、250GB1TB、500GB、250GB2TB、1TB、500GB、250GB
内蔵・外付け内蔵内蔵内蔵内蔵内蔵
インターフェースSATAⅢ 6Gb/sSATAⅢ 6Gb/sPCIe Gen 3.0 x4(NVMe)PCIe Gen 3.0 x4(NVMe)PCIe Gen 4.0 x4(NVMe)
読込速度560MB/s560MB/s3,500MB/s3,500MB/s7,000MB/s
書込速度530MB/s530MB/s3,300MB/s3,000MB/s5,100MB/s
NAND TypeSamsung V-NAND QLCSamsung V-NAND QLCSamsung V-NAND TLCSamsung V-NAND TLCSamsung V-NAND TLC
TBW2,8802,4001,2006001,200

Amazon最新ランキング(コミック)

【記事PR】M1・M2 MacをゲーミングPC化する!Apexでゲーム配信しよう!

M1・M2 MacでもGeForce NOWならApexが起動する!
M1・M2 MacでもGeForce NOWならApexが起動する!

M1・M2 Macでゲーム配信しないのは「勿体ない」です。

M1・M2 Macは思っている以上に何でもできるハイスペックマシンだからです。

しかし、ほとんどのFPSゲームには、必ず「WindowsゲーミングPC」が必要になります。

ただ、これからはM1・M2 Macでゲームするのが普通です。

なぜなら、今後、ゲーミングPCは「クラウドGPUの時代」だからです。

GeForce NOWには無料のフリープランがあるので、とりあえず、試しにM1・M2 MacをWindowsゲーミングPC化できます。

今後、ますます「ゲーム配信」が活発になります。

GeForce NOWを使えば、母艦(M1・M2 Mac)のスペックなんか関係ないからです。

GeForce NOWなら「高額で巨大グラボ」が無くても、Windowsゲームが出来るわけです。

M1・M2 Macで「ゲーム配信」をするのをオススメします。

「Bizarre」ゲームストリーミングチーム!

Bizarreメンバー:くれいぱいぷ

「Bizarre」への参加・脱退は「Twitterのブロック解除」なみに簡単です。
「Bizarre」よくあるご質問も読んで見て下さい。

Amazon 最新ランキング(プライムビデオ)

コメント

コメントする

目次