【無料】M1・M2 Mac「UTM」にChromeOS Flexをインストール!

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ChromeOS
ふる
ふる

こんにちは!「ふる(プロフィール詳細)」です。 

 

記事は信頼性ある内容を心がけています。

  • IT専門
  • 宅建士、行政書士資格保有
  • 体組成計"プロアスリート"認定

@na65125038

MOMOHUKU(ふる)
 

MOMOHUKU - にほんブログ村

この記事ではM1・M2 MacでChromeOS Flexを仮想化する方法を解説します。

M1・M2 Macでも目新しいOSであるChromeOS Flexを使いたいと思う人は意外と多いかもしれません。ただ、現状、M1・M2 MacでChromium OSを使うのは難しいというのが結論です。

結論

M1・M2 MacでChromeOS Flexを使うのは「数年待ちましょう」というのが結論です。

現状、M1・M2 MacでChromeOS Flexを使うにはエミュレートの都合上、処理が重すぎて使い物にならないからです。ちなみに僕のM1・M2 Mac環境では起動すらしませんでした。

まぁ、近いうちに改善されるかするので、参考までに方法論だけは記事にしておこうというわけです。何よりChromeOS、ChromeOS Flexについて理解も深まるので本記事を読んでおいて損はありません。

目次

M1・M2 MacでChromeOS Flexを使うなら「UTM」一択!

M1・M2 MacでChromeOS Flexを仮想化するならUTM
M1・M2 MacでChromeOS Flexを仮想化するならUTM

M1・M2 MacでWindows 11などを仮想化して使うなら「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」一択です。理由は、一番使いやすくて安定しているからです。

しかし、ChromeOS Flexには非対応です。なぜなら、ChromeOS Flexは、ARMプロセッサに非対応だからです。

なので、M1・M2 MacでChromeOS Flexを仮想化して使うには「Intelアーキテクチャをエミュレート」に対応する仮想化ソフトが必要です。

今の所、M1・M2 Macで対応する仮想化ソフトは3種類です。

仮想化ソフト

仮想化ソフトIntelアーキテクチャをエミュレート
Parallels®︎ Desktop 18 for Mac×
VMware Fusion×
UTM

そして、M1・M2 MacでIntelアーキテクチャをエミュレートできる仮想化ソフトは「UTM」のみです。

ということで、ChromeOS Flexを仮想化するため「UTM」を使います。

そもそも「ChromeOS」と「ChromeOS Flex」の違いは?

ChromeOS Flex と ChromeOS の違い

ChromeOS と ChromeOS Flex では、基盤となるテクノロジーおよび管理ツールが同じです。Windows、Mac、Linux デバイスに ChromeOS Flex をインストールすると、ChromeOS のほとんどの機能とメリットを利用できます。ただし、ChromeOS Flex には、Chromebook、Chromebox、Chromebase のみで利用できる ChromeOS とは大きく異なる点があります。

Google - ChromeOS Flex ヘルプ
https://support.google.com/chromeosflex/answer/11542901

ChromeOSは、グーグルが開発した Chromebook専用OS です。ChromeOS Flexは、WindowsPC、Macなどのパソコンに搭載することを目的としたOSです。

ただ、ややこしい話ですが ChromeOS Flex と ChromeOS は完全に異なるOSです。

ChromeOS Flex 変遷

ChromeOS

GoogleがChromebook専用OSとして開発

Chromium OS

Chrome OSのオープンソース版

CloudReady

Chromium OSをベースにNeverwareが開発したOS

ChromeOS Flex

Neverware買収後、CloudReadyをベースに開発されたOS

ChromeOS、ChromeOS Flexの開発変遷は完全に異なります。ChromeOS Flexの元を辿るとオープンソースのChromium OSです。

機能的な違い

ChromeOSChromeOS Flex
仮想環境Parallels Desktop for ChromeOSN/A
ハードウェアChromebookのみIntel・AMDプロセッサ

ChromeOS Flexは、ChromeOSのほとんど機能を利用できる上、Windows、Mac、Linuxで動作するOSということです。

ただし、ChromeOS Flex 利用する際は、上記が注意すべきです。

注意点

ChromeOS FlexでWindowsの仮想化は無理です。

ChromeOSでWindowsを仮想化する場合は、Parallels Desktop for ChromeOSで出来ます。一方、ChromeOS FlexでWindowsを仮想化する手段は今の所ありません。

ChromeOS FlexはARMに未対応です。

M1・M2 MacのようなARMベースのPCに、ChromeOS Flexを仮想化・インストールできないということです。ただし、M1・M2 MacでもIntelアーキテクチャをエミュレートできる「UTM」を使えば、ChromeOS Flexをインストールできます(まぁ動作はモッサリして使い物にならないのが現状ですが。)。

まぁ今後、ChromeOS FlexでもARM対応されますし、ChromeOS Flex上でWindowsを仮想化できるようになるのは確実なので待つことにしましょう。

「UTM」にChromeOS Flexをインストールする流れ

文章

  • ① ChromeOS Flexのイメージをダウンロード
  • ②「UTM」に仮想マシン(箱)を作成する
  • ③ 仮想マシン(箱)をセットアップ
  • ④「UTM」にChromeOS Flexをインストール
  • ⑤ ChromeOS Flexを起動

① ChromeOS Flexのイメージをダウンロード

先ず、Googleが開発するChromium OS のイメージが配布される「Chromium data, all in one place.(Webページ)」にアクセスします。

左の欄にある「Serving Builds」を開きます。

文章

ChromeOS Flex イメージは下記からDL

②「UTM」に仮想マシン(箱)を作成する

M1・M2 Mac 仮想化ソフト「UTM」

「UTM」にChromeOS Flex をインストールするまでに、仮想マシン(箱)を作成してセットアップする必要があります。先ずは「UTM」を起動します。

「Create a New Virtual Machine」を押します。

「Emulate」を選びます。UTM最大の特徴がこれです。ChromeOS Flexは、Intel・AMDアーキテクチャで動作するので、M1・M2 MacのようなARMプロセッサ上でもUTMを使ってIntel・AMDアーキテクチャをエミュレートするわけです。

ChromeOS FlexはWindowsでもLinuxでもないので「Other」を選びます。

変更前

👇

変更後

「Skip ISO boot」にチェックをつけて「Continue」を押します。

一応、安定動作を考慮してCPUコア数を4にしておきます。ちなみに、デバイスの最小要件は下記です。

デバイスの最小要件

  • アーキテクチャ: Intel または AMD x86 の 64 ビット互換デバイス
  • RAM: 4 GB
  • 内部ストレージ: 16 GB
  • USB ドライブからの起動をサポート
  • BIOS: すべての管理者権限 - 問題が発生した場合、管理者は ChromeOS Flex USB インストーラから起動して BIOS で設定する必要があります。
  • プロセッサとグラフィック: 2010 年より前に製造されたコンポーネントは、動作が不安定になる可能性があります。
    注: Intel GMA 500、600、3600、3650 のグラフィック ハードウェアは、ChromeOS Flex のパフォーマンス基準を満たしていません。
ChromeOS Flex インストールガイド

ストレージは最小要件16GB以上なら何でも構いません。

ホストとの共有フォルダの設定です。特に設定していません。

「Save」を押して仮想マシン(箱)が作成されます。

③ 仮想マシンをセットアップ

「Edit」から仮想マシンの設定を開きます。

Systemから「Force Multicore」にチェックをつけます。

QEMU設定(変更前)

👇

QEMU設定(変更後)

QEMUから、①「UEFI Boot」「RNG Device」のチェックを外して、②「Use local time for base clock」にチェックをつけます。

Displya設定(変更前)

👇

Displya設定(変更後)

Displayから、①Emulated Display Card:virtio-vga ⇒ virtio-ramfb-gl(GPU Supported)に変更して、②Retina Modeにチェックをつけます。

New Driveから「Import」を押します。

OSドライブを選んで「Move Up」でOSドライブの読み込み順序を上げます。

OSドライブが一番上になったのを確認して「Save」を押します。

④「UTM」にChromeOS Flexをインストール

作成した仮想マシンを起動してChromeOS Flexをインストールします。

OSドライブが読み込まれます。

Intel CPUをエミュレートしているので、OS読み込みに時間が掛かります。

言語を変更します。

日本語を選びましょう。

キーボードも日本語にしておきます。

日本語に変更したら「OK」を押します。

「始める」を押します。

「ChromeOS Flex をインストール」を選んで「次へ」を押します。

「ChromeOS Flex をインストール」を押します。

「インストール」を押します。

暫く待ちます。

しばらくすると「インストールが完了しました」と表示されます。それでは、ChromeOS Flex を起動してみましょう。

⑤ ChromeOS Flexを起動する

ChromeOS Flexを起動する前にOSドライブを削除しておきます。

「Delete Drive」でドライブが削除されます。

OSドライブが削除されるので確認しておきましょう。

ChromeOS Flexを起動してみましょう。※ただ、僕の環境では起動しませんでした。

やはりOS起動はかなりモッサリします。

「次へ」を押します。

僕のM1・M2 Mac環境では、これ以上は進みませんでした。ちなみに、時間をおいて最初から試してみても結果は同じでした。

まとめ:起動しませんでしたが、直にChromeOS Flexは使える

正直に言えば、普通にChromeOS Flexを一度使ってみたいと思って試行錯誤してみました。ただ、M1・M2 MacでChromeOS Flexは起動しませんでしたし、起動しても重すぎて使い物にならなかったと思います。

そもそも、Chromium OSが、Intel・AMD系列のCPUにしか対応していないのが根本的な問題です。ただ、今後はARM系のプロセッサが主流になってきます。このため、ARMに対応するChromeOS Flexがリリースされるのは時間の問題だと思います。

まぁ一先ずM1・M2 MacでChromeOS Flexを使うのは「数年待ちましょう」というのが、この記事の結論になります。

M1・M2 Macキー配置でもWindows IME日本語切り替えを快適にする!

M1・M2 Macキー配置でもWindows IME日本語切り替えを快適にする!
M1・M2 Macキー配置でもWindows IME日本語切り替えを快適にする!
M1・M2 Macキー配置でもWindows IME日本語切り替えを快適にする!
M1・M2 Macキー配置でもWindows IME日本語切り替えを快適にする!

M1・M2 Macでも「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」を使えば"数回クリック"でWindows11が起動します。そうすれば、M1・M2 Macでも「ゆっくりムービーメーカー4」が、なんなく使えるようになります。

しかしM1・M2 Macで「ゆっくりムービーメーカー4」を使うと"何よりも困ること一つだけあります"。

日本語(字幕)入力です。

Mac(M1・M2含む)でWindowsを使うと「英数・かな」キーが反応しません。そんなMac(M1・M2含む)で英数・かなキーを有効にするには下の記事を見てもらえれば"ものの数分"で完了します。

英数・かなキーを有効にするだけで「ゆっくりムービーメーカー4」の字幕入力は格段にしやすくなります。



M1・M2 Mac でITスキル向上「とりあえず、マイクラ鯖を立てよう」!

マインクラフト統合版サーバーに「nyandaisensei」でログイン!
マインクラフト統合版サーバーに「nyandaisensei」でログイン!

M1・M2 Mac でマイクラ鯖を構築すれば簡単にITスキルが向上します。マイクラ鯖を構築するだけでネットワークどころか会社で使える実用技術を芋づる式で獲得できます。

しかも、"Parallels"の仮想環境で作業するので"買いたてホヤホヤ"の新品Macの環境を一切汚しません。

M1・M2 Macを使う人はWindows仮想環境を構築するはずなので、どちらにしろ"Parallels"を必ず使うと思います。

Parallelsでマイクラ鯖

  • Ubuntu 22.04 LTS ARM64のLinux仮想環境
  • Linuxコマンド
  • Git
  • 仮想環境のネットワーク知識
  • 仮想環境はDockerにも応用

仮想環境なので何度でもスクラップできるのがメリットです。

特に、エンジニアの方にオススメです。

M1・M2 Macでの開発はParallels仮想環境でやりましょう!メインPCで開発するのは環境汚染です!

模範回答

Amazon最新ランキング(コミック)

【記事PR】M1・M2 MacをゲーミングPC化する!Apexでゲーム配信しよう!

M1・M2 MacでもGeForce NOWならApexが起動する!
M1・M2 MacでもGeForce NOWならApexが起動する!

M1・M2 Macでゲーム配信しないのは「勿体ない」です。

M1・M2 Macは思っている以上に何でもできるハイスペックマシンだからです。

しかし、ほとんどのFPSゲームには、必ず「WindowsゲーミングPC」が必要になります。

ただ、これからはM1・M2 Macでゲームするのが普通です。

なぜなら、今後、ゲーミングPCは「クラウドGPUの時代」だからです。

GeForce NOWには無料のフリープランがあるので、とりあえず、試しにM1・M2 MacをWindowsゲーミングPC化できます。

今後、ますます「ゲーム配信」が活発になります。

GeForce NOWを使えば、母艦(M1・M2 Mac)のスペックなんか関係ないからです。

GeForce NOWなら「高額で巨大グラボ」が無くても、Windowsゲームが出来るわけです。

M1・M2 Macで「ゲーム配信」をするのをオススメします。

Amazon 最新ランキング(フィギュア)

「Bizarre」ゲームストリーミングチーム!

Bizarreメンバー:明楽十愛

「Bizarre」への参加・脱退は「Twitterのブロック解除」なみに簡単です。
「Bizarre」よくあるご質問も読んで見て下さい。

Amazon 最新ランキング(ゲーム)

コメント

コメントする

目次