【2022年】Apexで有名なプロチームや選手を紹介!

  • URLをコピーしました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
ふる
ふる

こんにちは!「ふる(プロフィール詳細)」です。 

 

記事は信頼性ある内容を心がけています。

  • IT専門
  • 宅建士、行政書士資格保有
  • 体組成計"プロアスリート"認定

@na65125038

MOMOHUKU(ふる)
 

MOMOHUKU - にほんブログ村

FPSをはじめると初心者の方が最初に面食らうのは、プロチームの選手の話題です。不特定多数でオンラインでゲームをしていると、必ず誰かが話題として取り上げます。

「この前、Rasさんの動画でさー。」「釈迦さんって、、、だよね。」「この前、カジュアルでデトネと当たった。」とか。一日一回は話題に出ると言っても過言ではありません。初心者の方は、ゲームに専念したいところですが、Rasさんがどんな人なのか、気になって仕方がなくなります。

ただ、ゲーム中に「その人って誰?」など聞いている暇がありません。

この記事では、日本人のプレイヤーが一番多い「Apex」で特に活躍しているeスポーツチームについて紹介します。ぜひ、これから「Apex」を始めようとする方、すでに「Apex」はやっているけど、プロチームに詳しくない方は、事前にこの記事を読んで知識を蓄えると良いです。そのゲーム界隈で有名な選手のプレイ動画を見るのは、FPSゲームでは当た

目次

今や日本人に大人気のゲーム「Apex」とは?

「Apex」とは、正式名はエーペックスレジェンズ(Apex Legends)と言います。エレクトロニック・アーツ(EA)より2019年2月4日に開始した無料のバトルロイヤル型のFPSゲームです。

最初の頃は、PC向けゲーム(Origin、Steamで配信されています。)でしたが、現在はPlayStation4、Xbox One、GeForce NOW、Nintendo Switchなど各種コンシューマゲームでも配信されています。

「Apex」の特徴としては、クロスプレイにも対応していること。

クロスプレイというのは、簡単に言えばPCでもPS4でも、Nintendo Switchでも異なるデバイス間で一緒にプレイ出来るということです。自分がPCしか持っていなくて、友達がPS4しか持っていなくても、一緒に遊ぶことができるとうことです。

「Apex」は、疾走感、爽快感が得られるゲーム。

「Apex」の特徴は、ゲーム内の世界を実際に走ってるくらいの疾走感と、相手を打ち倒すこと得られる圧倒的な爽快感です。下でも紹介する海外のプロeスポーツチーム「TSM(Team SoloMid)」に所属しているAlbralelie(アルブラレリー)選手の動画を参考に見てみてください。画面酔いするくらいの疾走感があります。

「Apex」は、無料で世界中のプレイヤーと繋がれるゲーム。

「Apex」ゲームの最大の特徴は、基本無料で出来るゲームです。課金要素は、キャラのゲームプレイに影響のないスキンなどで、一切課金しなくても先行してプレイしている人に劣ることはありません。そして、無料プレイですべての内容を課金者と遜色なくプレイできるのです。一時期、ランク参加に課金必須になると噂されましたが、今のところは実装されていません。

「Apex」は、初心者の方でも意外と勝てるという実感が持てるゲームなのです。

FPSゲームでは、基本的により早く始めた人が初心者を狩る構造になりやすいゲームですが、このゲームでは3on3のチーム制が採用されており、初心者の方でも他の上手い人とチームを組むことで、相手に圧勝されることが起こらなくなります。

ディスるわけではありませんが、当時バトロワゲームの先駆けで圧倒的な人気を誇った「PUBG」というゲームがありましたが(現在もありますが、プレイ実行は激減しました。)、その人気の陰りにはゲーム進行の遅さが指摘されていました。時には、接敵せずにフィールドを移動し続けるゲーム内容に、「ランニングゲー」と言われるほど、ゲーム進行が遅いのが良くも悪くも「PUBG」でした。「Apex」は、本当にサクサクゲームが進行します。移動速度も、「PUBG」の比ではないくらい早く移動できるのです。

サイバーリンク PowerDVD



Wondershare

「Apex」をプレイする上で、プロチームを知る意義

「Apex」は「eスポーツ」です。「eスポーツ」ゲームとは、スポーツのように競い合えるゲームのことです。「Apex」などFPSゲームは競技性が高いゲームとして「eスポーツ」とされています。

ゲームと言えど、「eスポーツ」選手のプレイは見る人を魅了します。

「eスポーツ」では収入を得てプロとして運営されているプロチームがあります。それらチームに所属する選手のゲームプレイは圧倒的な上手さを誇り、カリスマ的な人気のある選手もいるほどです。

プロチームや、選手を知る意義は、上手くなるためです。

FPSゲームをやっている人は、ほぼ間違いなくプロチームの選手の動画を日頃から見ています。これは、一緒にやっている友達と話を合わせたいという理由ではありません。プロ選手のプレイを参考にして、自分も上手くなりたいから見ているのです。実際に、プレイを見ているとあり得ないような角度をつけて相手からの攻撃を避けたりするテクニックを使ったりしていますが、出来るか出来ないかは置いておき、初心者でもこのようなテクニックを知っているのと知らないのとでは、ゲーム内容に大きな変化出てきたります。

このため、プロチームや、有名選手は知っておいて損がないのです。



Amazon 最新ランキング(ゲーム)

「Apex」で活躍する日本プロチーム、有名選手

内容

DeToNator(デトネーター)

DeToNator(デトネーター、略称:DTN)は、日本を本拠地としてeスポーツで活動するプロゲーミングチームです。2009年9月13日に設立されてから、2016年より海外にも拠点を構えています。台湾やフィリピン、韓国、タイといった海外のプロリーグにも参戦しています。

2009年9月13日にAlliance of Valiant Arms(AVA)のチームとして設立されたので最初です。AVAやPUBG、ARMS、フォートナイト、League of Legendsなどのタイトルで活動しています。また、Twitchにおける動画配信を主体とするストリーマーが在籍するのが特徴です。

DeToNator(デトネーター)有名選手:SHAKA(シャカ)さん

DeToNator(デトネーター)で、SHAKA(シャカ)さんが最も有名でしょう。「Apex」をやるなら、一番最初にSHAKA(シャカ)さんを抑えておくと良いと思います。SHAKA(シャカ)さんの特徴は、なんと言っても家にこもってゲームばかりやっているようには、見えない見た目のチャラさでしょう。

釈迦さんのは、主にライブストリーミング配信プラットフォームTwitchで配信活動をしています。 既婚者で子供がいるようです。 2018年4月1日からプロゲーミングチームDeToNatorのストリーマー部門に所属しています。それ以前は、DeToNatorのAVA部門、OW部門に所属していました。

家にこもってゲーム配信ばかりやっているように見えません。

家にこもってゲームをやったから、こんなイケメンになったのが、イケメンが家にこもってゲームをやったからこんなイケメンになったのか。その佇まいからは「卵が先か?鶏が先か?」くらい哲学的な謎が、湧き上がってくるのも魅力です。僕的な考察としては、SHAKA(シャカ)さんは家にこもってゲームをしたから、こんなイケメンになったんだと思います。みなさん、今すぐ「Apex」をやりましょう。

イケメンで、ゲームが上手く、そして、、、コミュニケーション能力がずば抜けて高いです。

「天は二物を与えないはず!?」ですが、SHAKA(シャカ)さんは地でいく例外です。SHAKA(シャカ)さんはゲームのコメンテーターとしてもよくメディアに出ていますが、とりあえず、この動画を見てください。この状況は本来あり得ないんです。

普通なら握手してぇ、はぁはぁ。舐め舐め。

となるところ、SHAKA(シャカ)選手は淡々としています。家にこもってゲームばかりやっている人間の受け答え、落ち着き方には見えないです。そこにいるのは、紳士のそれそのものです。家にこもってゲームばかりやっていれば、こんな紳士になれるのでしょうか。いや、「Apex」というゲームは実はSHAKA(シャカ)さんみたいなコミュニケーション能力も鍛えるゲームということなのでしょうか?

日本人は漏れなく全員、「Apex」をやるべきだと思います。

Crazy Racoon(クレイジーラクーン)

クレイジーラクーン(英語: Crazy Raccoon、略称:CR)は、日本で2018年4月6日に発足したプロゲーミングチームです。『ゲーマーをかっこよく魅せる』という目標のもと活動を行っています。

Crazy Racoon(クレイジーラクーン)有名選手:Ras(ラス)さん

Crazy Racoon(クレイジーラクーン)で、もっとも有名な選手はRasさんでしょう。Crazy Racoon(クレイジーラクーン)は、日本で設立されたチームですが、Rasさんは韓国人です。Crazy Racoon(クレイジーラクーン)に所属した経緯は勧誘のようです。当時のRasさんのApexでの成績が群を抜いた良かったからです。

Ras(ラス)さんの成績はキルレートが、通算で8.06という異常値でした。

キルレートは、一試合あたりのキル数のことで、キルレート1.0というのは、平均すると一試合あたり一人必ずキルするということです。キルレート2.0を超えると一般的にうまい人と呼ばれるプレイヤーになります。しかし、Rasさんはこの値を大幅に超えているのです。正直言って、人間じゃないと思います。

Amazon 最新ランキング(フィギュア)

TSUKUMOネットショップ

「Apex」で活躍する海外プロチーム、有名選手

内容

TSM(Team SoloMid)

DeToNator(デトネーター、略称:DTN)は、日本を本拠地としてeスポーツで活動するプロゲーミングチームです。2009年9月13日に設立されてから、2016年より海外にも拠点を構えています。台湾やフィリピン、韓国、タイといった海外のプロリーグにも参戦しています。

TSM(Team SoloMid)有名選手:Albralelie(アルブラレリー)さん

日本で最も有名なTSM(Team SoloMid)の選手は、「世界一のパスファインダー使い」と言われるAlbralelie(アルブラレリー)選手でしょう。冒頭でも動画で紹介しましたが、Albralelie(アルブラレリー)選手の強さは、人間技とは思えないキャラコンでしょう。

この動画を見た後で実際に「Apex」をすると、まず間違いなく「あれ?別のゲームやってるんじゃないか?」と感じます。それくらいキャラの動かし方、相手への詰め寄る判断の速さ、正確に相手を撃ち抜くエイム力、すべてにおいて次元が違うことが分かります。

当時、僕はAlbralelie(アルブラレリー)選手を丁度パスファインダーのグラップリングがナーフされる前のシーズン4?かくらいで知ったのですが衝撃的でした。パスファインダーのキャラコンは次元が違すぎて、本気で「Apex」を辞めようかと考えたくらいでした。

TSM(Team SoloMid)有名選手:ImperialHal(インペリアルハル)さん

内容

Amazon 最新ランキング(プライムビデオ)

Amazon 最新ランキング(プライムビデオ)

【記事PR】M1・M2 MacでWindowsを使うなら「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」14日間無料トライアル!

クリック数回でMac(M1・M2含む)上にWindows環境が構築できる!
クリック数回でMac(M1・M2含む)上にWindows環境が構築できる!
Parallels®︎ Desktop 18 for Mac 14日間無料トライアル!

Apple純正のWindows仮想環境ソフト「Boot Camp」は、M1・M2 Macでは動作しません。※Intel搭載のMacでのみ動作します。

M1・M2 Macで「Windows」を使うなら、対応するソフトは「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」のみです。

「Parallels®︎ Desktop 18 for Mac」は、アカウント登録せずに無料トライアル版(14日間無料)をダウンロードできます。

今すぐ試すことが出来るようになっています。

アカウントを作成しないで14日間無料トライアルできるので、ぜひ試してみてください。

Parallels®︎ Desktop 17 for Macの使い方!

Wondershare

Amazon 最新ランキング(プライムビデオ)

すべて無料の素材サイト「PixJam」

京都らしいお店
京都の画像を追加中

MOMOHUKUを見てくれてる人は、何かを作ることが好きな"クリエイター"の人たちが多いです。

そして、僕も何かを生み出すのが好きな"クリエイター"です。

"クリエイター"にとって、便利なのが「素材サイト」です。

「PixJam」は、商用利用も含めてすべて"無料"で使える「素材サイト」です。

「PixJam」はすべて無料で使える素材サイト!

  • ゆっくり実況で使う
  • イラスト制作に使う風景
  • 絵の練習用など

"無料"と断言できるのは「PixJam」を作ったのは「僕」だからです。

「PixJam」にある素材は、個人でも意識しないで気ままに利用できるように「かなり自由度の高い無料素材サイト」として利用規約をアレンジしています。

例えば、事業における販売(2次利用)も可能とするよう規約を工夫しています。

眺めてるだけでもアイデアに繋がるようなサイト構成にしています。

ぜひ、活用してみてください。

余談:今は頑張って素材を追加中!

「PixJam」は、僕が撮影した田舎の風景画像を追加していってます。

画像、動画、イラストの素材サイトと言いながら、まだ暫くの間は動画やイラストに手が出そうにありません。

コメント

コメントする

目次