▲ITエンジニアの地位が低い日本で、本当に必要な将来のキャリアビジョン。

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会は色々な側面があります。入り方次第で残酷なときもあれば、ときに歓迎されることもあります。日本を取り巻くITエンジニアは、社会的地位も低く、求められる専門性、知的労働の高さの割に、それに見合うほどの報酬は得られません。

ますますIT需要は増加するのは確実ですが、日本では急激にITエンジニアが不足しています。日本におけるITエンジニアの社会的地位の低さ、不遇の話は有名で、この背景から今後も日本では学生の進路希望からITエンジニアは避けられる状況です。

また、このITエンジニアが不足する状況は改善する見込みがありません。大きな目線で見れば「少子化により、そもそもの若い世代の母数減」さらに「理系志望の学生減」、「日本産業の停滞」などネガティブな要素に加えて、ネットを検索すれば、幸せになれる確率が低いのが簡単にわかるITエンジニア職で人生設計をしようと考える人は少ないことは明白です。

僕が言うのも何ですが、この日本において、ITエンジニアになることは、わざわざ火の海に身を投じる命知らずと思います。ただ、同時に、それでも僕はIT・プログラミングを学習する必要があると思います。

目次

それでもIT・プログラミングが必要な理由

ITエンジニアになっても、それまでに費やした学習コストに見合った対価が得られる可能性は低いです。もっと言えば、辛い思いをして得た専門性でさらに辛くなる状況が待っています。つまり、幸せになれる可能性が低いです。

それでも、ITはますますビジネス・社会の中核を担い、IT化されていない産業はどんどん取り残され、場合によっては消えてしまうこともあります。そのような将来で、必要なことは過酷な労働環境が待ち受けているとして、ITエンジニアの技術が求められます。将来的にITスキルが必要になるのは確実な状況下で、それを回避して他の職を目指すのもナンセンスな気がします(結局のところ、ITスキルが求められるため。)。



結局、一番は「格闘技」を習わせることです。

僕は、懸垂が20回以上できるくらいに体を鍛えています。変な人が絡んできたら即返り討ちにするためです。話しが飛びすぎて何を言ってるか分からないかもしれませんが、細かなITエンジニアの話に入る前に、実は日本社会で一番必要なスキルは「強靭なフィジカル」を持つことです。実のところこれが一番効果絶大です。ITエンジニアとして、フィジカルを鍛えましょう。

うちの子は大人しい。

僕の顔も暴力的には見えません。だからこそ「格闘技」を習うべきです。オススメは総合格闘技を習うことです。社会に出ると、陰湿な圧力をかけてくる大人は数多いです。そういう大人に対しては、強靭なフィジカルで舐められないようにするだけで、とやかく言われなくなります。本来の正攻法は、理論武装して対抗するこでしょうが、それを準備するのは面倒なので「強靭なフィジカル」で牽制するのが手取り早いです。

結局、強靭なフィジカルが抑止力になります。

特に、ITエンジニアの場合はずっと部屋にこもり性格も弱々しくなりがちで、それだけで変な人が絡んできます。なので、確実に相手を絞め落せるような身体スキルを持っておけば、それだけで安心・安全な社会生活を送れるようになります。それでは本題に入りましょう。

Kyou no mentai_01_2048x
Kyou no mentai_02_2048x
Kyou no mentai_03_2048x
Kyou no mentai_04_2048x
Kyou no mentai_05_2048x
previous arrow
next arrow

将来のITエンジニア像

そこで、勝手にですが、僕の経験も踏まえて、確実に生き残れるITエンジニア像を描きます。実のところ、社会的地位が低いのは日本だけです。

日本だけ見てIT職を避けているとそれこそガラパゴス人材まっしぐらです。

ただ、日本でITエンジニアとして生き残るのは、僕の経験上、かなり難易度が高いです。打開策としては、IT職になるのなら海外に行くなども取れますがそれも容易ではないです。そこで、かろうじて生存している僕を例に日本でも確実に生き残れるITエンジニアのキャリアパスを書きます。

専門性をITの他にもう一つ身につける(又は、ITをお金に直結させる。)。

これで、ほぼ完全にIT職の呪縛から脱却できます。どちらにしても、これは求められることですが。具体的に言うと、IT職が不遇なのは、IT人材がお金を生み出す活動に直結しないため、会社組織においてコスト削減対象とされやすい背景があります。

IT職は不利になりやすい

IT職と他の専門職が違う点は、IT職は+αでITの範疇外の他の業務領域の知識を求められることです。一方、他の専門職ではこのようなことが起こりません。医者なら医療をすればよく。弁護士は法律に基づき契約書を作成すれば良いのです。IT職は、ITだけやってもお金に直結しないため、何かしら別の業務領域に踏み込む必要があるのです。

僕の経験上、他の業務領域をカバーするITエンジニアになれば、IT職に縛られることもなくなります。例えば、僕は不動産をもう一つの専門領域として確立させて、IT職で縛られることは無いです。IT職で縛られるということは、意味のない下請け開発をやったり、資料作成などで忙殺させられるということです。この状況が続くと、自ずと疲弊して、次の一手が打てなくなります。要するに、システムエンジニア(SE)が、システム開発しか出来なくなる訳です。

SE、ITエンジニアのビジネススキルは培われないため皆無です。

SE職の人は、ほとんどの人が「自分は仕事が速くて優秀だ。」と考えています。悪い言い方をすれば、仕事ができるのではなく「雑用が速い。」だけです。「どうでもいい資料作成が速い。」だけです。「分単位」で管理されるのが好きなだけです。このような仕事の価値観は、SE職特有の価値観であり、そもそも分単位で仕事をする人は世の中でSEくらいです。その上で更に言えば、雑用が出来るだけで、ビジネスのことが一切わからないのです。要するに、請負的にシステム開発しかさせてもらえないので、いつまで経っても「お金に直結する能力」が培われないのです。

たとえば、SE・ITエンジニアが売り上げに直結する仕事をこなすことができるか?

無理です。

プログラミングの作法は知っていますが、ビジネスの作法は、不必要な分単位のホウレンソウ以外に全く知らないのです。

ビジネススキルが皆無なのです。分単位で管理されて、それが仕事だと勘違いしてるSEでは、発言も発想もトンチンカンなことばかりです。このようなことを回避する手立ては、もう一つ業務領域を確立することです。ちなみに、システム開発を通して眺める証券業務の理解でないです。



システム開発から離れて下さい。

僕はシステム開発とは別領域の不動産業を通して、案件を取って、契約書も作成して契約を成約させることも全て一人で完遂できるようになりました。ビジネスで重要な取引スキームの組み立ても出来ます。

SEは未だに旧来通りに延々とシステム開発しています。ただ、お金を稼ぎに行く際に、SE職のシステム開発の目線など糞の役に立たないのです。

お金に直結させる能力≠コンサル能力。

上で書いた内容をITコンサル職として曲解する方も出てきそうなので、あえて書きますが求められるスキルは「コンサルティング能力(他人の相談を解決する能力)」では無いです。悪い人はいませんが、ビジネスの現場はシビアです。基本原則として「自分の利益」のみを行動主体として人が動きます。お金に結びつかないことに興味を持ってくれる方はいないと思います。

そこでITコンサルタントとして接して「何が出来るのでしょうか。」また「何がしたいのでしょうか。」、先方が望むことは「ITでお金を稼がせてくれ。」ということです。

「お金を稼ぐ提案が出来るのでしょうか?」

お金を稼ぐ提案ができるのなら、自分で稼いだ方が良いと考える僕は、結局働いた労働を振り返ると何の痕跡もなく形として残らないSE職にしても、ITコンサルタントにしてもカテゴライズすふと「水商売」ではないでしょうか?

水商売を卑下してるように聞こえるかもしれませんが、キャバクラなど所謂本職の方が満足度も高く、SEの年収の何倍もの報酬を得ることができます。お金も社会的地位も上です。結局、ITコンサルといえど、ITシステムで業務を合理化したいなどの提案を受け、何でも屋さんとしてシステム開発となるのが関の山です。

Chairmore_1P_Sofa_MASALA_1100x
Chairmore_HangOut_BF_Directors_Chair_1100x
Chairmore_logo_900x
Chairmore_graf Plankton Table_550x_02
Charmore_GLAM_Working_Dining_Table_4096x
Chairmore_2P_Sofa_VINTO_4096x
previous arrow
next arrow

ITを離れて試行錯誤すること

今、ITエンジニアの中でもSE職についてる方は、全員その仕事を辞めた方が良いと思っています。最適解は全員退職です。理由は、繰り返しますが、何の積み上げや蓄積もなく、ただひたすらに分単位で管理されるシステム開発の繰り返しだからです。ふとした瞬間に、何も形に残らないような仕事を振り返って、自分の人生を絶望するよりも、そんなことになるなら最初から根絶しておいた方が良いと思うのは、僕だけでしょうか?

学歴・経歴がある方は、いったんその輝かしい学歴・経歴をスクラップにしてしまえば良いと思います。僕がそうしたように。ちなみに、この判断が遅れると、遅れるだけ致命傷になるので気をつけて下さい。また、次にやることは、キャリアの延長線上にない実務レベルの専門性をもう一つ身につける試行錯誤です。

専門領域は「医療」か「金融」が、オススメです。

参考として、現在の僕について話しをすると、本業(不動産)兼CTO兼ITエンジニアをやっています。CTOをしている会社では「医療」を主たる事業領域にしています。不動産業は金商法に基づいて仕事しており「金融」に関わっています。何の関係もない異業種ですが、ITスキルにより業務を、その領域にいる人と遜色なく遂行・判断できます。僕が案件の報酬交渉をすることがザラにあり、受託の可否も判断しています。

本来のITエンジニアの強み

ITエンジニアの強みは、ITスキルがあればあらゆる異業種で遜色なく動けることです。僕は、可能性があると思う事業領域のポートフォリオを組んでリスク分散しながら、実務レベルの経験値を獲得していってます。また、僕は「IT教育」に興味があるため、自ら「IT教育」関連の事業を起業したいとも考えています。

AI・ロボットの領域を敢えて避ける。

この理由は、キャリアの延長線上だからです。また、製造業では人が多くいるせいか、人材が軽視されやすく個人の能力が重要視されません。また、近い将来に衰退する産業です。AI・ロボットが流行であっても、例えば、トヨタであれば「車を作らない会社」を目指しています。これは製造業からの脱却であり、製造業に関与するのは間接的ですら人生が無駄になる可能性が大いにあります。理想としては、自分一人でも単独で価値を生み出せる職業です。何か独占業務がある資格ビジネスとITの専門性を兼ねると、他人に小言を言われないくらい盤石になります。

全員が好き勝手に活動する!
「Bizarre」ゲームストリーミングチーム!

Bizarreメンバー:bonmaru_kiroku_


「Bizarre」への参加・脱退は「Twitterのブロック解除なみ」に簡単です。
「Bizarre」よくあるご質問も読んで見て下さい。



コメント

コメントする

目次
閉じる