【doda(デューダ)評判】もはや「出会い系サイト」レベル!転職には絶対オススメできない!

このエントリーをはてなブックマークに追加



平均年収650万円を越えるタクシードライバーの求人情報

大量の求人情報が強みのdoda(デューダ)らしいですが、もはや【出会い系サイト】です。

僕の場合は、タクシー会社の求人情報が大量に送られてきて「タクシーの運ちゃん」が向いていると判断されたようです。

しかも、よく見ると年収650万円のスーパータクシードライバー求人です。皆さんなら応募しますか?

何を血迷ったのか、先日から、またdoda(デューダ)で転職活動をしていました。書類選考で一社だけ通過したので面接した次第です。

結論から言えば、面接は落ちて「doda(デューダ)が悪いのか」「相手会社が悪いのか」は分かりませんが、苦情を入れたくなるほどに、あまりにも酷い内容でした。最初から期待していなかったので、doda(デューダ)には申し入れしてませんが。

実際、先方の面接官が僕に「時間を無駄にして申し訳ありませんでした。」と言うほどの内容でした。感情的にならずに、文句も言いませんでしたが、doda(デューダ)の評判を確かめたい方には、自信を持って「doda(デューダ)はオススメできない」と言える内容でした。

自信を持って「時間の無駄」なのでdoda(デューダ)を使わないように。

下でも紹介しますが、僕がたまたま遭遇した問題ではないと思います。

リクナビ、パソナ等の転職サイトと異なり、doda(デューダ)は良くも悪くも【物量勝負】【数撃ちゃ当たる戦略】をゴリ押しで勧めてきます。これも大きな問題だと思います。

目次

doda(デューダ)の特徴は、①圧倒的な書類選考落ち、②通過しても呆れた面接

引用:doda(デューダ)応募画面

僕はdoda(デューダ)を通して誰もが知る大企業の求人に応募しました(時価総額ランキングの上位にものる会社です。)。後日、doda(デューダ)の担当者から書類選考の通過連絡がきました。

「ありえない」と率直にそう思いました。何をトチ狂ったのか、大企業が5ヶ月ブランクありの僕に書類通過の連絡です。

ちなみに、doda(デューダ)で書類選考が通ったのは、これが初でした。画像にもありますが、他の転職サイトでは落ちなかった書類選考でも、doda(デューダ)を通すと書類選考で落ちる確率が控えめに言っても100%近くなります。

doda(デューダ)からの面接案内メール

この担当の方は、よほど忙しいのか?

終始、僕とはメールのやりとりだけでした。まぁ、丁寧な方で、想定問答をきちんと教えてくれる方でした。

苛烈を極める質問に対して4日かけて回答を準備

教えてくれるのは有難いですね。ただ、この各々の質問に対して4日かけて回答を準備しました。いい加減この手の茶番はどうにかならないものかと思います。生産性を完全に見失っていると思いますね。画面に収まり切らないので下に全部書きます。

吐きそうになるというか「気が狂ってます」よね。

  1. 自己紹介をお願いします。(名前、現職)
  2. 前職、もしくは現職で成果を上げたエピソードを簡潔に教えてほしい(前職・現職1つずつ挙げても可)
  3. 上げた成果に対すて、具体的に説明してほしい(プロジェクトの目的・目標設定や課題抽出のプロセスを深堀)
  4. 今回の募集職種において、どんな経験やスキルが活かせると考えているか?
  5. 今の会社で感じていること(転職をも至ったきかっかけ)と同様のことが起きたときに、どう対処するか?
  6. どんなことを意識して働きたいか?軸としたものがあるか?
  7. 今後のキャリアとして、どんな部署に行きたいか?
  8. 今までのキャリアで、印象に残った仕事、特に困難だったことどう乗り越えたか?
  9. スタッフや派遣さんと働く上で意識していること気を付けていることは?
  10. 転勤は大丈夫か?
  11. 家は賃貸か、持ち家か?
  12. 扶養家族は何人で誰?
  13. 入社時期についてはいつ?
  14. 2社経験をしていることでの強みは?
  15. 2社経験をして今回転職ということで、軸は何か?
  16. 営業職に変更することによる自信はあるのか
  17. 今までの経歴からどのような経緯で(この会社)のこのポジションにたどり着いたのか
  18. チームメンバーとの衝突について
  19. 一番ストレスがかかった仕事、解消方法について
  20. 何かスポーツをやっていたのか
  21. 入社試験を受ける前の(この会社)のイメージと、入社後1ヶ月/3ヶ月/1年~3年で期間を分けた時の自身の目標をそれぞれ教えてほしい。
  22. リーダーシップを発揮する上で大切なことは何か?
  23. ご自身で強みと感じていることと、弱みと感じていることは何か?(適性検査結果との整合性を取っている可能性があり)
  24. なぜ(この会社)か
  25. 長所を表す成功エピソード
  26. 短所での失敗エピソード
  27. 仕事をする上でのモットー、大切にしていること
  28. 現職でのチーム構成
  29. 上司と部下が違う方向を向いているときの対処法は
  30. 現場社員の方向性を上位レベルに上げるための方法は
  31. リーダーシップに必要なことは何か
  32. 後輩社員の育成に必要なことは何か
  33. (この会社)の印象、現職の印象
  34. 転勤できるか
  35. 泥臭い仕事もあるができるか
  36. 転職に至った理由は何か
  37. 健康に問題ないか

まぁ、この約40くらいの質問に4日間かけて、回答づけして丸暗記と話せるように練習して、面接に臨みました。この4日間で「知能指数が50は落ちた」と思うくらい馬鹿になったと思いました。そうして、臨んだ面接官の第一声にびっくりしました。

「えーっと4月退職の予定でしたよね?」

「いやいや、去年の8月に退職済みですが。」

最初から期待はしていませんでしたが、瞬時に「こりゃダメだ」となりました。

念の為に「私の方から出した書面(履歴書・職務経歴書)に不備がありましたか?」と聞いてみると「ありません」と。

「じゃあ、この食い違いは何なんだ」と。

「あんたら、まさか履歴書ひとつ見ずに、応募者を面接に呼んでいるんか?」と。

僕の考えでは

この会社の見落としでもあり、doda(デューダ)の採用フローの不備です。想像ですが、doda(デューダ)からの書類の応募はかなり雑です。会社側で精査できていないと思います。

ちなみに、案件には「相手会社に一声掛ける」紹介エージェントがつくにも関わらず、このミスなので「doda(デューダ)は、使うだけ時間の無駄だ。」「ダメだな。」となりました。

余談:doda(デューダ)都市伝説

疑い出すとキリがないですが、doda(デューダ)の求人情報は豊富ですが、明らかに正確に管理されていません。そして、リクルートやパソナに比べて、内容が曖昧な大企業求人を入口で出してきます。

この手口、何かに似てると思いませんか?

お祭りとかで高価な商品を表に出して客を寄せる手口です。客寄せパンダ(大企業の求人情報)です。転職もビジネスなので【課金ゲー】と同じく「ログインしてないユーザー」には敢えてレアガチャを引かせてログインを維持させるみたいなこともやってそうですね。

連続して「書類選考落ち」が続くと利用者が減るので、一定確率で書類選考を通して「大企業」で惜しいところまで行かせても落とす。

完全に深読みですけど、ブラックだろうとホワイトだろうと関係なく最後は手頃のよい会社を受けさせて紹介料をもらう。そんなビジネスでしょう。

I_AM_NOT_5s asymmetry desigh tops BLK 689_2048x
I_AM_NOT_side aki gather one piece yellow_856_2048x
previous arrow
next arrow

リクナビ、パソナ等の転職サイトと比べて、doda(デューダ)が異なる点

求人情報の展開が完全に自動化されており、良くも悪くも手当たりしだいに求人情報を送ってくることです。また、リクナビ、パソナでの転職と比べると分かりますが、明らかに書類選考落ちしやすくなります。

求人情報がきちんと当てはめずに、機械的に求人を送るからだと思います。

専任のエージェントがつく「doda(デューダ)エージェント」も使いましたが、「求人に手当たり次第に応募していきましょう。」になります。確かに、こちらも無職のために、次の会社を決めなければならない【兵糧攻め状態】なので、四の五の言わずに「手当たり次第に応募」になるのは多少仕方ないですが。

ただ、冷静に考えると、いやいや「それで次の会社決めても、結局いいこと無くないか?」「どうせ辞めるだけ」と考えてしまい、僕はdoda(デューダ)での転職に疑問を感じました。

doda(デューダ)のエージェントと他のエージェント

doda(デューダ)

リクルート

パソナ

面談

志望動機など聞かれる。本音で話せる。

会社よりの面談形式である。

志望動機など聞かれる。かなり会社よりの面談形式である。

エージェント親身さ

親身だが、求人のゴリ推し感がある。

親身

かなり親身

求人案内

良くも悪くも量が多い。

doda(デューダ)の3割ほど。

doda(デューダ)の1割ほど。

取り組み方

手当たり次第

エージェントと選びながら取捨選択

1社ピンポイント

doda(デューダ)は、確かに親身なのですが【ゴリ推し】してきます。具体的には、「ピックアップされた求人には全部応募してください。」です。僕が嫌だったのは、「いや、総当たり」も良いのだけれども、上同士が繋がっていたりする業界なので下手に応募したくない気持ちがありました。何か直接的な問題があるわけではないですが。

また、取引先の会社もあったりして「直接相談した方がいいか」「あーどうしよう」と足取りが重くなりました。

それでも、エージェントから要求されるのは「全部に応募」なのです。中には、よほど「困らん限りここは受けない」という明らかブラック企業も含まれてました。資格も持っているので、手当たり次第に受ければ【採用される業界】なので、doda(デューダ)の手当たり次第に受ける考えには疑問がありました。

余談:転職エージェントでオススメは【パソナ】

僕が3社で勧めるなら、圧倒的にパソナです。エージェントの質が、かなり高いです。結果として落ちましたが、現場のエージェントと上司のエージェント2名で、かなり手厚く面接対策を受けました。志望動機、話す内容、ポイントなど事細かにご指導いただきました。

指導いただいて、全力臨んだわけですが、それでも落ちてしまい【諦め】ました。それが、ちょうど去年10月です。後、パソナは、求人情報が【かなり会社の生の声に近い】です。このため、人材としてハマり易い印象を受けました。

doda(デューダ)の評判を見ると「採用情報の豊富さ」がメリットだが。

絶対にdoda(デューダ)での転職活動はオススメしませんが、一度doda(デューダ)に登録して試してみるのがてっとり早いです。

求人情報の量だけは、明らかに他社より圧倒的に多いですから。

一切の【感情】がなく、ただ淡々とAIに基づいて【自動配信】される膨大な求人情報です。「これまでの経験を踏まえてピックアップした求人」らしいですが、求人内容も曖昧な上に、送信されてくる量も馬鹿げています。

年収650万円を越えるタクシードライバーの求人情報

冒頭でも載せましたが「年収650万円を越えるタクシードライバーの求人情報」がありますからね。国民全員がタクシードライバーになれば幸せになれそうですね。

どうでしょう?これでもdoda(デューダ)を使いたいと思いますか?

全員が好き勝手に活動する!
「Bizarre」ゲームストリーミングチーム!

Bizarreメンバー:bonmaru_kiroku_


「Bizarre」への参加・脱退は「Twitterのブロック解除なみ」に簡単です。
「Bizarre」よくあるご質問も読んで見て下さい。

コメント

コメントする

目次
閉じる