【2021年下期】CPU性能順位一覧!CPU市場に革命が起きた年!

このエントリーをはてなブックマークに追加



CPUの性能一覧を紹介します。

数多くあるCPUのスペックを勉強スるために、自分で手打ちで作成しましたが、

データ元はULが提供するCPUページからそのまま引用しています。

順位とスコアは、同じCPU製品を使うユーザーのベンチマークを元にULが集計した中央値です。数万ものベンチマークデータから順位づけされているので、信頼性がかなり高いです。

ちなみに、ULはベンチマークソフト「3DMark」「PCMark」を提供する会社です。

余談:「ULマーク認定」とは?

ULは「3DMark」よりも「ULマーク認定」で馴染みが深いと思います。

ULは米国企業で1894年にWilliamHenry Merrill Jrによって設立されました。先駆的な安全科学、規格作成、製品認証に基づいて、機械時代からデジタル時代に歩調を合わせるのを支援し、安全を促進するという使命に継続して取り組んでいます。

「ULマーク」を取得する理由は「安全であることの証明」です。米国では輸出品に対して「UL認定」が必須なので、日本で使う米国の電化製品には必ず「ULマーク」が記載されているはずです。

目次

【2021年】CPU性能順位一覧 ※デスクトップ

デスクトップのCPU性能順位一覧です。

上から順に高性能です。

今月発売されたIntel Core i9-12900Kは、最新データとして集計されていないためか、ランキングに反映されていません。ただ、処理性能だけ見れば「Intel Core i9-12900K」は最上位だろうと思います。

【2021年下期】CPU性能順位比較
AMD Ryzen 9 5950X 
14076
Intel Corei9-10900K
13768
Intel Corei9-10900KF
13593
Intel Corei9-10850K
13440
AMD Ryzen 9 5900X
13401
AMD Ryzen 9 3950X
13231
Intel Corei9-9960X
13076
Intel Corei9-11900K
12762
Intel Corei9-7980XE
12376
Intel Corei9-10900
12278
AMD Ryzen Threadripper 3960X
12248
AMD Ryzen 9 3900XT
12124
AMD Ryzen 9 3900X
12120
Intel Core i9-10980XE ExtremeEdition
12038
Intel Corei7-11700K
12020
Intel Corei9-11900KF
11854
Intel Corei9-10900F
11761
Intel Corei9-9900KS
11753

Intel Core i9-12900KFを含めて下記に上位CPUを比較して並べました。Intel CPUはやはりTDP(熱設計電力)が高いです。

Intelはプロセスの微細化が遅れているため、CPUの消費電力対性能のパフォーマンスが相変わらず悪いです。

TDP

コア/スレッド

定格クロック

プロセスルール

AMD Ryzen 9 5950X 

105W

16/32

3.4GHz

7nm

AMD Ryzen 9 3950X

105W

16/32

3.5GHz

7nm

Core i9 12900KF 

125W

16/24

3.2GHz

10nm

Core i9 11900KF

125W

8/16

3.5GHz

14nm

IntelのCPUは「クロックは出るがアツアツCPU」、AMD Ryzenは「アツアツまでならずクロックが出るCPU」と言ったところでしょうか。下記ノートPCのCPU欄で書いてますが、そんなIntelや、AMDのCPUすら凌ぐ可能性があるCPUが出てきます。

【2021年下期】CPU性能順位一覧 ※ノートPC

見慣れないCPU(Apple M1プロセッサ)が突如ランキング上位に顔を出しています。Apple M1プロセッサは「ARMベース」で設計されています。これまで「ARMベース」のCPUの特徴は「処理性能は劣るけど低電力」が売りのCPUでした。

一世代前のPC市場ではIntelやAMDと性能差があり、同じ土俵に立つことすらないCPUとして主に携帯端末や、装置機器などに搭載されてきました。

しかし、今回「ARMベース」のCPUが「ノートPC」市場についに顔を出しました。しかも、最上位で。

【2021年下期】CPU性能順位一覧 ※ノートPC
Apple M1 Pro
11174
Apple M1 Max
11132
Ryzen 9 5980HX
11053
Ryzen 9 5900HX
11024
Core i9 11980HK
11001
Ryzen 9 5900HS
10558
Ryzen 9 5980HS
10545
Core i9 11900H
10443
Ryzen 7 5800H
10312
Core i7 11800H
10144
AMD Ryzen 9 5900HX
9647
Intel Corei9-10980HK
9315
AMD Ryzen 7 5800H
9141
Intel Corei7-10870H
9042
Intel Core i7-10875H
8900
AMD Ryzen 9 5900HS
8777
AMD Ryzen 7 4800H
8743
AMD Ryzen 9 4900HS
8656
AMD Ryzen 7 5800HS
8540
Intel Corei9-9980HK
8506
Apple M1 Pro 8コア
8401
AMD Ryzen 9 4900H
8370
AMD Ryzen 7 4800HS
8335
Ryzen 5 5600H
8173
Ryzen 7 4800U
8070
Core i9 10980HK
7767
Ryzen 7 5700U
7695
Ryzen 5 5600U
7492
Core i5 11400H
7487
Core i9 10885H
7456
Core i7 10875H
7304
Ryzen 7 PRO 4750U
7288
Core i7 10870H
7208
Apple M1 (Rosetta 2)
7100
Ryzen 5 4600HS
6873
Intel Core i7-10750H
6777
Core i9 9880H
6604
Ryzen 7 4700U
6468
Ryzen 5 4600U
6434
Ryzen 5 4600H
6304
Ryzen 5 5500U
6226
Ryzen 5 PRO 4650U
6051

ノート(ラップトップ)用CPUの方は「Apple M1プロセッサ」に軍配が上がっています。

「ふーん」とランキングを見ているかもしれませんが「CPU業界に変革」が起きています。ランキング内に「ARMプロセッサ(Apple M1プロセッサ)」が出るとは誰も予想だにしなかったはずです。

これまでは「低熱、低処理能力」のARMプロセッサが、IntelやAMDのCPUと競り合う「低熱、高性能なCPU」として現れる時が来たからです。

TDP

コア/スレッド数

定格クロック

プロセスルール

Apple M1 Pro

30W

10/10

3.2GHz

5nm

Apple M1 Max

30W

10/10

3.2GHz

5nm

Ryzen 9 5980HX

45W

8/16

3.3GHz

7nm

Core i9 11980HK

45W

8/16

2.6GHz

10nm

おそらく、今回Appleは市場にインパクトを与えるために、かなり無理をしたと思います。Apple M1 Pro、Max処理性能を向上させるためにARMの低電力すら犠牲にしてでも性能最上位を取りに来ました。それでもTDP(熱設計電力)は他のCPU機種に対して優位です。

これが意味するのは「デスクトップPC市場」すらも凌駕できるという主張でしょう。「M1プロセッサ」は驚異でしかありません。

今後はARMプロセッサが、どんどん高熱なCPUと取って代わる時代になると思います。

Kyou no mentai_01_2048x
Kyou no mentai_02_2048x
Kyou no mentai_03_2048x
Kyou no mentai_04_2048x
Kyou no mentai_05_2048x
previous arrow
next arrow

直に「ARMベース」のCPUで自作PCが組める時代が来ます。

現在、ARMベースのCPUは個別に販売されておらず、個人がARMベースCPUを入手するのは不可能です。

ただ、近い将来、ARMベースのCPUが市場に出てくると思います。そして、それで自作PCが組める時代がきそうです。

  • 高性能
  • 低熱
  • 価格も手頃

と三拍子揃ったCPUになると思います。ただし、Appleが個別に販売する可能性はないと思うので、何かしらサードパーティが現れるんだろうと予測しています。

月間10万PVメディア「MOMOHUKU」を支えるツール3選

「MOMOHUKU」"月間10万PVメディア"にまで成長しました。

最近は"DX(デジタルトランスフォーメーション)"が流行りのせいか、、、「MOMOHUKUさんのWebサイトの運営ノウハウを知りたい。」とよく聞かれます。

誰もが知る東証一部の企業からも「コンサルしてほしい」と言われます。

表向きは丁重にお断りしていますが、ITコンサルなんか「ナンセンスなので絶対やらんわ」と内心では思っています。

僕がITコンサルに手を出した時は「よほど、この人はお金に困ってるんだな」と蔑んでみてもらって構いません。

後、ブログ運営に関する記事も書きません。

面倒臭いからです。

今の「DXの流れ」に一言いうなら?

興味ない。勝手にやってろ。

代わりに、このスペースでWebサイトで絶対に活用すべきツールを紹介します。

ここで紹介するツールがなければ、MOMOHUKUは「月間10万PV」にはならなかったと断言します。

ブログ運営に関する記事

貴重な情報を入れて「ブログ運営」に関する記事を過去に書きましたが、どれもアクセスが伸びませんでした。

ブログ運営に関する記事は巷に溢れ過ぎていて読み手からは全部同じ内容に見えるんだと思います。

かなり良い記事でしたが「全て非公開」にしました。

二度と公開しません。

とは言え、WPのエラー対策の記事などは上げています。

ツール①:WordPressテーマ「SWELL」なら「コンテンツ作り」に専念できる。

SWELLを使えば「コンテンツ作り」「3倍」は速くなります。

SWELLを最初から導入しましょう。

僕は「Webサイト運営が軌道に乗ったら」と考えて、100記事くらい書いたのちにSWELLを導入しましたが「最初から導入しておけばよかった」と後悔しました。

余談:Webサイトは「コンテンツファースト」

僕はWebサイトを「コンテンツファースト」で運営しています。

ちなみに「ITの専門知識をできるだけ使わない」ように心がけています。

非ITの人でも「学習コストなく運営できる仕組み」になるからです。

ITの専門知識を使うと"コスト"が発生する

  • コーディングすると"保守"が発生する。
  • 非IT系が一切触れなくなる。
  • 学習コストも発生する。

まぁ、こういう配慮をすると「舐め腐ってくる」のが非IT系ですが。

長い目で見れば「コーディング排除」は組織にとって確実に使い易いシステムになります。

まぁ「舐め腐ってくる非IT系」をきちんとシバき倒して下さい。

ツール②:レンタルサーバー「ConoHa WING」なら5分でWebサイトを構築できる。

「MOMOHUKU」は、レンタルサーバーに「ConoHa WING」を利用しています。

これから自分のオウンドメディアを立ち上げる方は「ConoHa WING」の利用をオススメします。

理由は「ConoHa WING」なら5分でサイトが立ち上がるからです。

余談:ITはシンプルさ、手軽さが正義

「コンテンツファースト」を心がけていると書きました。

同様にITは「シンプルさ、手軽さ」が正義です。

技術を軽視するわけでなく「ITにこだわると面倒臭く」なるだけだからです。

例えば

「WordPressを高速化してくれ」とITエンジニアに相談してみてください。

WordPressをGatsby.jsで静的サイト化すれば爆速化します!なんて言うITエンジニアが絶対にいます。

そのITエンジニアは続けてこう言います。

サイトは爆速化されますが「非IT系」はWebサイトに触れなくなります。

うちは「エンジニアしかいない」から良いんです。

こういう会社は「先祖帰り」したいだけです。

「自分たちにしか出来ない仕事」を増やしたいだけですね。

何より前提である「サイトが爆速化」されると言うのも絶対に達成されません。

僕のサイト「MOMOHUKU」と「Gatsby.jsを一生懸命に導入したWebサイト」でPageSpeed Insights(速度評価を比較)してみれば分かります。

ツール③:WordPressのプラグインは、とりあえず「UpdraftPlus」を入れる。

僕が尽く救われてきたプラグインを一つ上げるなら「UpdraftPlus」です。

「UpdraftPlus」だけで確実に幸せになれます。

しかも、無料です。

本当に申し訳ないことに「無料」で必要十分の機能です。

そろそろ、感謝だけの気持ちで「有料」を購入しようかと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる